Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

いいものを。

🌛昨日夜、「東 本間 上運天トリオ」を聴きに行きました。
Saxophone×Tuba×Saxophoneというアンサンブルです。曲によっては Britone Saxphone×2+Tubaという編成なので、超重量級の音…ではありません。低音楽器は高音も美しく響かせることができますから、低音楽器が3本あれば、それぞれにいろいろな役割を受け持って楽しくアンサンブルすることができるんですね〜。3人それぞれに自由自在に操る音の楽しさに時を忘れました。

IMG_3062

数年前に、Tuba担当の本間さんからこのトリオのCDを頂いて聴かせてもらったことがあり、ぜひとも生の演奏をお聞きしたいと思っていましたので、念願が叶って嬉しかったですよ!
youtubeでトリオの演奏を見つけましたのでよかったらどうぞ〜!

 

🌛先日、父との数ヶ月に渡るゴタゴタにやっと決着がつきました。どういうことかというと、つまり一人暮らし→施設に入ってもらったということなのですが、私の中で思うことがいろいろあり、考え込むことの多い日々でもありました。

「女は素直でいろ」「女は愚痴や文句を言うな」「早くしろ」「ぐずぐずするな」「下手」「ばか」…小さいときから言葉の暴力を雨あられと受けて来たのだと言うことをハッキリ意識しました。どうして今頃?と、不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。言葉の暴力は呪いとなって子どもを〈小さい檻〉に閉じ込めます。その自分を見ないふりをしてきました、何十年も。常に親の前で「いい子」になろうとしていました。本当の「ぐずで下手でバカな私」は親に愛されないと思っていましたから。非常に無気力な子どもでした。夜、布団にくるまると「このまま死んでしまわないかな」といつも思っていたっけ。特に「女はこうあるべき」という非常に重い足かせをつけられると、もうそのように歩くことしか考えられませんでした。

今この年齢になって、やっとコトの全体をはっきり理解できたように思います。そう、あれは言葉の暴力だった。「いい子」と褒めて欲しかった親は、もうすでに人の話も理解できないし、自律した生活さえもできません。こうして欲しかった、などと主張してみても無駄です。誰かにとって「いい子」である必要は全く無いのです。私は私のままで構わないのです。

私の中に、つい最近まで「いい子」でありたいがために必死に仕事をしてきた面があります。もうそういうのは止めよう。何が良くて何をしたいのか、自分の中で決めよう。心から物事を楽しもう。楽しんで音楽しよう。

昨日の楽しげなお三方のアンサンブルを聴いていて、強く強く思いました。

🌛ところで、某学校で昨年度の指導者賞をいただきました(後期授業の担当なので今の時期の表彰です)。非常に手間のかかるアンサンブルの授業を担当していますが、楽しく授業を受けにきてくれる学生の皆さんと、先生方の多大なるご理解とご協力のおかげで毎年なんとか最後まで辿り着けております。事務の方々にも毎度ご面倒をおかけしております。応援してくれる家族のみんなもありがとう。皆様に心から感謝します。
FullSizeRender

学生や生徒の前で「いい子」であろうとするのは馬鹿げています。失敗もつまづきもカッコ悪いのも全部わたし。指導の仕事では、いいものを求めてわかりやすく伝える、そのことに集中したいと思っています。



たまにズラズラと雑談を

🍐健康診断がありました。
けんっこうしんっっだんっっがありましたっっっっ

いつもは仙台の短大で受診するのですが、今年は諸事情により山形です。
さきほどバリウムを飲んだので必然的にこれからトイレ通いです。この、バリウムを飲む方法ってどうにかなんないんでしょうかね。大人数をさばくのには簡単なんでしょうけど、受診する私の方はおなかにあんまり自信がないせいもあって、毎回おっかなびっくりです。

ずっと以前に仙台でバリウムを飲む検診を受けたときは、帰り道の関山峠への国道48号線で、適当なコンビニを見つけられずパニックになったこともありました。結局数キロ戻ってコンビニのトイレを使ったのでしたが。国道286号線笹谷峠も危険です。川崎町のコンビニがオアシスです。「かっこう〜」と鳴くカラスがいるところです。シュールです。

今日の夕方には、また仙台に出かける予定。高校生たちのコンサートです。がんばった結果を聴きに行かなくては。でも大丈夫なんだろうか??…一抹の不安が💧(←トイレの件

🍐ところで、この生徒たちが通う学校には自動販売機がたくさんあります。飲み物やアイスだけでなく、食べ物のものも何台かあります。パンやサラダや(おにぎりも…たぶん…売り切れてた)、クッキーやプリンなどのスイーツもあるのですが、先日豆腐が売られているのを見つけました。豆腐…??お店で売られているお豆腐あのままです。お醤油かなにか味をつけるものを持ってるってこと?自分のロッカーとかに入れておくわけ?それともそのまま??

🍐今日の山形はぎりっと暑いです。最近涼しかったのでハッと我にかえるほどの暑さです。でも夜に虫の声を聞いたりすると確かに秋が感じられ、次の満月はお月見ねぇなどと風流がったりしています。
そして、近所の果樹園ではラ・フランスが大きくなりはじめています。

IMG_3055

これらを採り入れるのが10月、しばらく追熟させて11月ごろに出荷です。楽しみです♪

🍐とっても美味しそうな写真をふんだんに使ったラ・フランスのページを見つけました。食べ頃の見極め方、美味しい食べ方が載っていますよ〜
ラ・フランスの美味しいお召し上がり方/川口観光果樹園


 

だめだこりゃ、

相変わらず引きこもりの日々。 
ですが、たまには外へ。

季節が移っていますね。
ナナカマドが色づき始めていました。

FullSizeRender

朝晩が冷えてきたからでしょうか?

作品の推敲もまだ途中なのですが、その他にこまごまとした用事(こまごまとした作曲も含む)を手当たり次第ちぎっては投げちぎっては投げ…ではなくて片っ端から片付けていますが、なかなか終わりません。行きたいコンサートに行ってちゃんと聴けたのはこちらが最後。8月25日山形市民会館の東儀秀樹×古澤巌×COBA(↓撮影タイムです)。

IMG_3045

お三方の凄さにエネルギーをもらい、古澤さんの素晴らしさに開眼した日…がなんだかとても遠くのような…。
山形交響楽団の定期演奏会はチケットが残り少なくなった時点で諦めてしまいました。
お芝居なら観に行けそう…と思って山形市民会館でのお芝居「カラクリヌード」に行きました。ものすごい熱量のセリフと全力の芝居で元気をもらったことはもらったんですが、私にはなんだかうすーい幕の向こうの出来事のようで。申し訳ありません、ロクな感想が書けません。

だめだこりゃ、の日々。

 

眠気覚ましに

楽譜推敲中です。まだまだ先は長いのですが、とりあえず半分まで来たので今夜は一休みです。

私の意識の中は、朝から晩まで寝ても覚めてもこの推敲中の曲のことばかり。完全に<あっちの世界にいってる状態>です。もっと言うと<あっちの世界に逝ってる状態>かもしれません。まぁ、いつものことだから大騒ぎすることでもないのですが。

今回の<あっちに逝ってる状態>の中でいつもと違うことと言えば、ちょっとね、クスリをね、つかってみたんですよ。ウソ。無水カフェインを服用してみました。つまり眠気覚ましの錠剤です。


IMG_3050

私は普段からコーヒーを何杯も飲みますし、薬剤に頼るのは今まで少し抵抗があったんですが、親しい友人二人からそれぞれ違うシチュエーションで「効くよぉ〜♪」と聞かされたので、試してみることにしました。どちらも心から信頼する、しかも数々の演奏会でバリバリ活躍中✨の友人お二人ですから、余計に好奇心がうずいてしまうではないですか。ということで一番ぼんやりする午後の時間帯に使ってみました。

あー、意識がハッキリしますね。<あっちに逝ってる状態>でぼんやり考え事をする(つまり妄想にふける)のもオツなのですが、それは音楽を創ってる状態だから良いのであって、楽譜を書くときにはあまり適当とは言えません。楽譜の隅々まで書き落としや書き間違いがないように気を配るには、ハッキリするのがとてもいいんです。 私には。

一部のミュージシャンの中には、ヤバイ状態で曲を作りたいためにヤバイ薬を使いたくなる方もいらっしゃるみたいですが…私はいつもヤバいのでそこから抜け出すために薬を使いたいのです笑 

いやいや、これはそんなヤバイ薬でなくて単なるカフェインです。だからコーヒーやお茶などカフェインを含む飲料と一緒に飲まないようにみたいなことが書いてあります。えっ。コーヒー飲めないの?ノンカフェインコーヒーを買ってこなくちゃなんない? というか、そんなにしょっちゅう使わなければいいのよね。

なぜかというと…モノを創るのに必要なヒラメキには睡眠が必要ですから。どんなにカフェインでごまかしたとしても、睡眠不足ではヒラメキません。私にとってベストなのは、音楽を作りながら合間にちょこちょこ仮眠を挟むこと。客観的に見たらしょっちゅう寝てるかも。

朝寝して 夜寝するまで 昼寝して 時々起きて 居眠りをする

おそまつ。 
 

 

リハ、ゲネ、本番。作曲者はリハが大事。

夏休み…でしたが夏休みませんでした。プライベートを詳しく書いてもつまんないので、焦点を絞りましょうか。

私が副代表をつとめさせていただいております「ヤングコンポーザーコンサート in 東北」の大きなイベントがありました。
17日(土)はヤマハ仙台店6階でのリハーサル、18日(日)が太白区・楽楽楽ホールでの本番でした。今年度の演奏はチェロを吉岡知広さん、ピアノを田中絢子さんにお願いしました。お二人の音と音楽を間近で聴けるこの幸せと言ったら。二日間痺れっぱなし。ぷるぷる。

リハーサルは作曲者と演奏者が音楽について直接やりとりをする、新作には非常に大事な時間です。作曲者にとってはこれが本番と言っても過言ではありません。自分が書いた楽譜に書き漏らしはないか、出てきた音が自分のイメージと合っているか、上手く行っていない場合はどうしたら効果的か。バランスは?音色は?

IMG_3024

このほかに年若い作曲者たちからは、チェロの演奏や楽譜の書き方についての質問がたくさんありました。テノール記号を使ったひとが何人もいましたし、チェロの曲を書くのは初めてのひとばかりでしたから、特にボウイングの書き方は気になったようですね。特殊奏法についてはハラハラした場面もありましたが、吉岡さんが大変スムーズに音にしてくださいました。どの音も聴き逃すまいと真剣に聴き入る様子が、どの作曲者も大変印象的でした。

選出者の皆さんにはリハーサル→ゲネプロ→本番と経験してもらいましたが、いかがだったでしょうか。プロが仕事をする現場を体験してもらいましたが、どれくらいの準備と熱量で音楽に向き合うのかを感じていただけたら、企画運営する側としても嬉しいです。

吉岡さんのチェロ、田中さんのピアノ、お二人とも本当に素晴らしかったです。若者たちがそれぞれの段階で真剣に書いた音楽に、真摯に真正面から向き合ってくださいました。お二人からいただいたお言葉の数々が、彼らを育てる栄養の一つになることでしょう。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

それともう一つご報告です。おかげさまで「ヤングコンポーザーコンサートin 東北」は第7回ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞を受賞いたしました。これも盛んに伸びようとする若者の皆さんと、真摯に向き合ってくださる演奏家の皆様方、ご支援くださる方々、聴きにきてくださる方々のおかげです。心から感謝申し上げます。これからも実行委員9人は、地域のため、若い世代のため、音楽のために活動を続けて参ります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_3032


さて、ついでにちょっと舞台裏もご報告しましょうか。長くなりますが。

楽屋で演奏家のお二人やスタッフの皆さんにちょっとつまんでいただけるようなお菓子を買おうと思いまして。でも仙台市内のいいお店を知らないのですよ。facebookで皆さんに伺ったところ、数軒ご紹介いただきまして(みなさんありがとうです〜!)。そのうちのひとつ、カズノリイケダ・アンディヴィデュエル 南町通店へ行くことに。ヤマハから近いんですもん。

IMG_3021

店内で飲食もできるようです。真夏でなければ、長時間のコンサートでなければ買いたくなるような、宝石のようなケーキがずらりならんでいました。いや〜今度ゆっくり来ようっと。

IMG_3029

マカロンラスク、美味しくてかわいいの♡この他に赤や黄色やチョコレート色、とりどりのきれいなお菓子が揃ってました。真夏じゃなければクリームを挟んだマカロンを買うんだけどな〜

あっ、もちろんこのほかにも何種類かのお菓子(甘いのとしょっぱいのと)を買いましたよ。残ったものは誰かさんのおなかにおさまっちゃったなんて口が裂けても言えませんが笑

それから、コンビニで飲み物などを買った際に領収書を書いてもらおうと何気なく頼んだら、レジのお姉さんがなんと日本人ではなかったんですね。お姉さんがペンで書き始めてから気づきました。宛名が「ヤングコンポーザーコンサート実行委員会」と、すごく長いから紙面に小さな文字で書かなくてはならないのですが、お姉さんが一生懸命に、とても一生懸命に書いてくださいました。ありがとうございます💧大事に使います💧(って、ふつーに領収書なだけなんだけど)


プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: