Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

バセットホルントリオでございますよ

土曜日、某所にてバセットホルントリオの合わせがありました。トリオの名前は「 Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」と言い、ふざけているようにも見えますが、濃ゆいメンバーによる、立派な演奏経歴を持つ団体なのです。→(うにの五線ノートから…:日本クラリネットフェスティバルin山形
このときのブログのなかで9年前の私が「あたしが書くっ!」などと言っていますが、このあと、本当に書いてしまったのが拙作「かぷかぷかぷりす」なのです。このお三方がありがたいことにしっかり練習してくださって、今回の合わせ練習にお呼ばれとなり、拙作を初めて聴かせていただきました。

IMG_2327

左から「あん」さん、「たん」さん、「ぽん」さん。三人揃って「あんぽんたん」。ちゃんと名前の意味はあるのですが省きます(ケチ)。バセットホルンはアルトクラリネットとはまず音色が違います。平たく言えば「ふつうのクラリネットの、音域が下の方まで出る楽器」という感じです。リードも「ふつうのクラリネット」と同じです。

拙作「かぷかぷかぷりす」は、なんだかんだ言いながら小規模なシンフォニーくらいの内容に仕立てました。1楽章はソナタ形式、緩徐楽章とスケルツォ楽章を入れて、最終楽章はマーチにしてあります。形式はきっちり整えておきながら、音がネジが外れて壊れているんですよ。今更ながら自分のしわざにびっくりです。 何やってんだおい、と自分ツッコミを入れつつ楽しく聴かせていただきました。ヘンな仕掛けをいくつかしましたが…ちゃんと音になるんですねぇ。ありがとう。

練習の前後には今後の演奏会の企画を。「企画」の「企」は訓読みをすると「たくらむ」と読みますね。ふふふ。ソロも含めて楽しそうな。ピアノを練習しないとなりません。ご迷惑にならないよう頑張ります。
IMG_2324


IMG_2325あの…このお三方は基本的にとても真面目な方々だとしっかり理解しているのですけど、あくまでも「基本的」なので…。

どんなふうに基本的にかというと…メンバーのお一人あんさんからいただいたのがこのハリセン。しっかり山形新聞で作ってあります。合わせにハリセン?何をしろと?爆笑。
 

初レッスンでした

某学校からの七重奏の委嘱作品。先日みなさまのところにお邪魔して、初めて聴かせていただきました。つまり初レッスンでした。

お披露目前ですし学校のことですから、練習の様子などについては詳しくは書かないことにします。

今回の曲の内容は平和でも融和でも癒しでもありません。大人になる途中に誰もが経験する、「あの」ぐちゃぐちゃな日々、外界とも内界とも闘い続けてヘトヘトになる時期の心象風景を題材にしてみました。私にとってはずーーっとずーーっと以前に乗り越えてきたことなので、心のなかを掻き回して題材を集めるのは全く平気なのですが…この曲に命を吹き込む若者たちがもしも真正面から向き合うとすればかなりしんどいかもしれません。心(と楽器)が壊れないことを祈ります。

とは言え、具体的でないのが音楽のいいところ。どんなに吠えようが暴れようが誰かを傷つけるようなことはありませんから、各人が各人の思うところを存分に音のエネルギーに換えていってください。

この学校…二曲とも私の作品なんですよ…いいのかな………

同じようなことはいつも自分の家族にも思っていてですね……私が作った食事で生きているんだよね…大丈夫なのかな…………

IMG_2315

山形交響楽団 第273回定期演奏会!

IMG_2313山形交響楽団 第273回定期演奏会
2018年 11月17日-18日
山形テルサホール 
<プログラム>
ハイドン作曲『天地創造』

指揮:鈴木秀美
ガブリエル&エヴァ:中江早希(Sop.)
ウリエル:中嶋克彦(Ten.)
ラファエル&アダム:氷見健一郎(Bs.)
チェンバロ:上尾直毅
合唱:アマデウス・コア

=================

昨年の鈴木秀美さん指揮の新日本フィルを聞き逃したということもあり、生で聴いたことがなかったこの曲。昨年に今年度の定期の曲目が発表されてからずっと楽しみにしていました。

マニアックな話をしますよ。(和声学を修めた方には初歩レベルですが)
和声学で「連続8度はダメ」「外声・跳躍の並達はやっちゃダメ」「Ⅱ→Ⅳの進行はダメ」と言われ(←本に。師匠にではなく。)、自分のレッスンでも「ダメ」と言い続けているのにこの曲ではバシバシ出てきます。けど、なんの違和感もありません。歌詞を強調したい、物事を言い切りたいところに使っているように思います。例えば1b.アリアと合唱の33小節目「第1の日は生じた」とか。しかしこの場面では Vn.が三度上の音を鳴らしていますから、連続8度の硬さがあからさまには響きません。歌詞を強調しつつ上手に隠されている感じ。うまーーい。12b.二重唱と合唱の330小節〜「大地も天もあなたを崇拝しています」も、繰り返し部分として強調されていますね。独特のワクワク感が出ます。

IMG_2314冒頭の混沌を表す音楽や、小鳥や動物を表す音楽。のどかさを感じるファゴットとフルートの2オクターブ離れたメロディ。ラファエルが「塵」と歌うと細かく砕けるオーケストラ。ハイドンのセンスがいっぱい詰まっています。

ポリフォニー、ホモフォニーともに十分発達し、楽器も改良を重ね、強力なスポンサーもちゃんといた18世紀末にはこんな音楽が生まれていたのですね。誰もが納得する素晴らしい芸術品です。

今だったらどうかしら。スポンサーが難点かもね。だいたいこんな規模の曲を使うようなイベントだったらオーケストラを使わないだろうし。オリンピックの開会式とか。これからもオーケストラは古い曲をやっていくしかないんでしょうか?演奏家の皆さんも、関わるスタッフの皆さんも現代を生きているのに、オーケストラはどうしてなかなか「今」を歌うことができないんでしょうか。日本人はもともと古いものをとても大事にする民族だから、これはこれで良いのでしょうけど。

「『光あれ!』すると光が現れた」の後の舞台照明が明るくなる演出もブラボーでしたし、コントラファゴットの存在感にびっくりしました。チェンバロとチェロの通奏低音が聴けて満足です。上尾さん、小川さん、ブラボーでした。金管セクションの皆様のピリオド楽器によるアンサンブルを有り難く拝聴しました。合唱を潰さずしかもクリアな響き、素晴らしかったです。それと、ホール照明が薄く点いていて、手元にある歌詞(と楽譜)を読めるのがありがたかったです。

指揮の秀美さん、ソリストの皆さん、合唱のアマデウス・コア、オーケストラの皆さんの音楽を堪能しました。ありがとうございました。おつかれさまでした!



ヤギさんじゃないので食べずに読みました、お手紙。

秋が深まってきましたね。散歩するのも楽しい季節です。

FullSizeRender

このひろーいひろーーーーい公園、落葉樹がたくさん=落ち葉がたくさん=ひたすら大きな袋に落ち葉を詰める方々=果てしないなぁ…ご苦労さまです…などと思いました。公園の入り口付近では、掃除機の逆…つまり吸い込むのでなく、吹き飛ばす装置でもって道路の落ち葉を片付けている人を見かけました。あんな機械があるんですねぇ。あ。ブロワーっていうんですね、バキュームの反対。手でひたすら片付けることしか知らなかった。

途中にはみごとな紅葉が。 FullSizeRender

春生まれの緑の葉が迎えた
壮大な終焉。

すごいなぁ。

さて、先日友人からお手紙が届きました。このLINEやメールばかりの日々に突然届いた、可愛い便箋に手書きされたお手紙です。びっくりするやら嬉しいやら。

ちょうどヤングコンポーザーコンサートの定例会議のため仙台に行ったのですが、そのときに時間をかけてお返事を書くための便箋を選びました。

友人のことを思いながら便箋を選ぶ…なんて素敵な時間なんでしょうか。考えてみると、読書や手紙など、手間と時間を掛けることが私にとって一番贅沢なことのように思います。言い換えれば手間を時間を掛ける心の余裕があるのが贅沢というか。もう少し考えると、人に会うことも、料理することも、全てそうなんですよね。メールや電話やコンビニに頼ることなく省略しないで生きる、とでも言えばいいでしょうか。

IMG_2312


省略しないで生きるのが贅沢なのであれば、普段それらを省略して何しているかというと…生業ナリワイですよ。そりゃみなさんと同じ、特別なことでなく。ただ、やることが多過ぎて省略しないと物事が廻らないんです。いやいや、違うな、そんなカッコいい話ではないよ。集中してしまうといろんなことが吹っ飛んでしまって結果的に省略してしまうというのが本当(恥💧)。それでも仲良くしてくれる友人のみなさんありがとです。これからもよろしくです。



 



 

最近のお気に入りは

就職した息子が諸事情により必要なくなったというので、彼がまだまだ愛着を感じている様子を無視して、ほぼ強奪に近い形で私のものにしたiPad mini。なぜそんなに欲しかったかというと、これで電子書籍が思う存分読めるからです。

紙の本の手触りというか手応え読み応えが良くて、ずっとブックカバーをかけた本を持ち歩き、電車の中でも待合室でも隙間時間でも読んでいました…が、重たくて大きなハードカバーの単行本を持ち歩くわけにいきません。単行本となって発表された作品は一定の期間を過ぎないと一回り小さいサイズの文庫本にはならないし、好きな作家の作品をすぐ読みたいときは単行本に限る!…けど、やっぱり大きくて重い。仙台への通勤時間は仕事のための本やCDを持ち歩くし、場所によっては楽器も持ち歩くので単行本など無理無理。でもでもでも読みたいもんは読みたい。

Amazonの電子書籍リーダー(つまり電子書籍をダウンロードして読む機器)=Kindleを買おうかと何度かクリックしかけたけど、いやいや待て待て、買うならiPadだと思っていたの。iPadならメールも読みだせるしインターネットを繋いで調べ物などなど他のこともできるじゃないですか。
すでに手元にあるiPhoneに電子書籍をダウンロードして読めば一番手軽で荷物も増えないんですけどね。でも私には画面が小さくて電車で読むと酔っちゃうんですよ。弱。

そんなわけでiPad、それも荷物の邪魔にならないminiがずっと欲しかったのですが…まぁ昨今の経済事情が許さず我慢していたところに、この息子のiPad mini✨ 必要なくなったのなら、強奪しないわけにいかないじゃないですか✨ 

明治・大正・昭和の文豪の作品なら無料で手に入りますし(他にも無料で手に入るものはたくさんありますが、まぁ、無料なのでソレナリのものも多々…)、単行本もじゃんじゃん買える……けど……やっぱお高いので……食費を削りそうになるけど……いやいや学生じゃないんだしトシもトシだからぶっ倒れていられないし……

と、危ういところで踏み留まっております笑
読書三昧。想像力を思う存分羽ばたかせることのできる贅沢なひとときです。あ、家にいるときはもちろん紙の本を読んでおりますよ。同時並行です。

IMG_2250


 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: