Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

山、笑う。

まさに、春の明るさに山が笑う感じがします。
 
IMG_5892

東京から兄が来るというので
ダンナに運転してもらって実家に行きました。
地震の後片付けです。

FullSizeRender

もともと本が多い家なのですが、
これじゃあ泥棒が入っても分からないかもね。 
 
IMG_5899

母が使っていた電子ピアノも倒れていました。
椅子を飛び越して。

FullSizeRender

神棚が…。

思っていたよりも地震の影響が大きかったです。
兄が監視カメラを取り付けました。

そのほか除草やゴミ出しなどしました。
(私はほんの少し)
お墓が倒れていなかったのが何よりで。

IMG_5887

さて。
作曲も大詰めです。
来週はブログを休みます。
みなさまどうぞお元気で。

最後に、娘にもらった
若桃のコンポートを自慢しちゃいます。
桃なんですよ、桃✨
ご多分に漏れず親バカというもんでして。
おそまつ。

FullSizeRender








 


 

音楽に閉じ込めたいもの。

春爛漫。

先々週は桜の花が満開だったのですが、
先週はさくらんぼの花が満開でした。
 
IMG_5828

さくらんぼの花はモコモコ咲きます。
近所のさくらんぼ畑にはキジの夫婦が巣を作っていて
けーんけーん!と盛んに鳴いているのが聞こえて来ます。 

IMG_5830

ちょっと前に人がサルに襲われた話も聞きました。
彼らはよく人里に来ていますね。
クマも冬眠から目覚めたようです。

一昨日の晩から雪が降り、昨日朝はこんな感じ。
春は三寒四温とは言うものの、極端過ぎない??

FullSizeRender

午前中はずっと屋根から
雪解け水が滴り落ちる音が。

普段の散歩道も緑が増して来ました。
キジバトの呑気な声も。

IMG_5845

この、季節ごとの鮮やかな印象。
悩み、惑い、泥むとき、いつでもそこにあって
そっと心を癒してくれる自然のいのちたち。

これを音楽に捉えたくて。
矯めつ眇めつ。

 
 

花便り

いろいろ忙しくしているうちに、
季節は春に移り変わっていました。

桜の季節。
 
IMG_5767

真ん中の花は白いのですが、左上のはピンク色が濃いです。
どうしてなんでしょう??

IMG_5797

モンテディオ山形のホームは
まだちょっとだけ雪が残っています。
(サポーターの皆さん、雪かきお疲れ様でした)

IMG_5765

山形市野草園では
ミズバショウが咲き出しました。

IMG_5786

ザセンソウも。

IMG_5785

サンシュユも。

IMG_5787

コブシに似たタムシバも。 

IMG_5789

まっすぐ伸びる杉の木たち。
(鼻がムズムズしてきそうですが)

IMG_5779

世界はこんなに美しいのに。
人間のなんと醜いこと。

今週末の山形交響楽団定期演奏会のプログラム/シベリウス作曲「フィンランディア」のスコアを読んでいるうちにだんだん泣けてきました。この曲が作曲されたのは1899年、フィンランドが帝政ロシアの圧政に苦しんでいた頃。100年前と何にも変わってない。なーーーんにも変わっていないのですよ。

二度に渡る世界大戦の、多大な犠牲は一体なんだったの。


演奏会そのものは素晴らしかったです。山形交響楽団は今年50周年を迎えますが、第300回という記念すべき回でシーズンが幕を開けました。創立名誉指揮者:村川千秋さんの「フィンランディア」「カレリア組曲」、常任指揮者:阪哲朗さんの指揮で「ばらの騎士」、いつまでも高揚感の残る演奏会でした。皆様お疲れ様でした。

まだまだ作曲中です。集中します。

 



 

開校式、行って参りました。

本日4月11日に挙行された
福島県立相馬総合高校の開校式に出席して参りました。

IMG_5751

日差しが降り注ぎ、桜も満開近く。
誠に佳き日でございました。

IMG_5746

開校式での福島県知事、相馬市長、新地町長の
それぞれのお言葉を噛みしめました。
地域のために。みんなのために。自分のために。

今回の私の仕事は校歌制作です。
昨年3月から考え始めて叩き台を作り、
相馬高校理数科時代の友人である郡山高等学校の加勢かおり先生と相談し、
大勢の先生方のご意見を聞きながら10月までかかってまとめました。
本日、ようやくお披露目です。 

IMG_5750

以下の動画で校章や制服とともに、
校歌のメロディと伴奏だけお聴きいただけます。 


 
今夜の福島テレビニュースから。
開校式の様子と、歌の一部をお聴きいただけます。



この度は、関係者の皆様方に大変お世話になりました。特に音楽担当の今野貴文先生、大森香奈先生、一番最初の段階から大変お世話になりました。いろいろ無理を言って申し訳ありませんでした。お二人のご意見がとても有り難かったです。

災害続きの故郷・相馬のために、何か出来ることはないかとずっと思っていましたが、少しはお役に立てたのかしら、などと思っています。

どうか若者たちに明るい未来がありますように。
開校おめでとうございました!


<校歌の楽譜データを公開いたします> https://xgf.nu/tgaA 

歌入りの演奏データが届いたらホームページにアップロードしますが、それまでの間の仮置き場としてギガファイル便にアップしました。よろしければご覧ください。30日間有効です。

・サンプル音源と楽譜をまとめてダウンロードするなら.zip(一番上)
・楽譜だけならscore.pdf
・サンプル音源だけなら.wav 
スクリーンショット 2022-04-11 22.47.27
 
 

おかげさまで

4月2日の「木島由美子作品展 Vol.3」が無事に開催され(←もの凄く大事)、無事に終了いたしました(←これもとても大事)。

コロナ禍の中の厳しい規制もあって、どのくらい宣伝したものかだいぶ迷いましたが、結果的に音楽を聴いていただきたい方々にしっかりお届けできた演奏会になったと思います。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

学校や会社など、ひとつの団体でない作曲者や演奏者が多数集まっての演奏会でしたから、顔を知らない人も多く、それぞれ不安も大きかったのではないでしょうか。でも舞台監督・平野礼子(あやこ)が二人の高校生(池田くんと会田くん)とともにサッサと仕切ってくれたので、なんとか最後までやり遂げることが出来ました。受付業務では澁谷さんとNPO法人 Mプロジェクトの皆様が、チケット記名や検温や消毒などの面倒をしっかりみてくださったので、何の心配もなく業務に集中することが出来ました。

本当に、演奏会は裏方さん頼みです。心から信頼する方々が力を合わせてくださったこと、本当にありがたいです。

さて、では演奏会の模様をプログラム順にご紹介いたします。我が家のダンナが移動しながらスマホで撮っていますので、少々粗くて見辛いかもしれません。あらかじめご了承ください。

image_xlarge

Openning「本日は。」 
アンサンブルbelleの皆様

image_xlarge-13

拙作「ええと」
菊地りょう子作品「二十億光年の孤独」
アンサンブルbelle、Pf.工藤恭子さん 

image_xlarge-12

佐藤未羽作品「ヴァイオリンとピアノのための変奏曲」
Vn.平澤海里さん、Pf.小林路子さん


image_xlarge-11

佐藤夕姫作品「Merry Go Round」
「子守唄」「サーカス」
夕姫さんご自身の演奏です。

image_xlarge-9

石黒雅貴作品「トレイン」
Drums.成澤翔馬さん、Pf.長岡茉紘さん

image_xlarge-7

我妻英作品「Harmoniphobia」
Vn.平澤海里さん、Cl.川上一道さん

image_xlarge-6

後半は全て拙作です。
1曲め、Es Clarinet二重奏
「舞曲〜ちっちゃいClarinetのために」
Es Clarinet 佐藤明さん、佐藤陽子さん

image_xlarge-5

「さくら」
Pf. solo 小林路子さん

image_xlarge-4

トリは「Lumiere」
Bs Tb.高橋智広さん、Pf.長岡茉紘さん

image_xlarge-2

Closing 「これをもちまして。」 

IMG_5717



五線紙に描いた二次元の音符(=夢や希望や迷いや妄想と言ったもの)が、演奏者の皆様が持つ音楽というフィルターを通して立体的に立ち上がり、ぬくみを持って返ってくるこの喜び、この醍醐味。こんなに心震える瞬間はありません。

演奏者の皆様、本番までのご準備と心のこもった演奏をありがとうございました。学生たちも大変お世話になりました。数々のご指導や音楽的なご提案が、彼らにとって贅沢かつ得難い、とても良い勉強と経験になったのではないかと思います。ありがとうございました。

いま、とてもとても幸せです。本当は客席でめそめそ泣きながら皆様の演奏を隅々まで一音も逃さず聴いていたかったのですが。MCとなればそうもいかず。次の作品展までに分身の術をマスターして、ひとりはマイクでしゃべり、ひとりは聴いていよう。そうしよう。


最後に、演奏会の舞台を支えてくれた平野礼子と、
中央公民館の佐藤さんの後ろ姿を。
お二人の漫才が忙しい中の癒しでした笑
ありがとーーーーーー!

image_xlarge-14


プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: