Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

あんぽんたんの皆さまと

春ですね。春なのに今日は雪です。昼になって陽が差して来ましたが風が冷たいです。皆さま風邪など引いていらしゃいませんか。あったかくして過ごしましょうね。

ところで、先週はバセットホルントリオ「Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」の皆さまと2回の本番をご一緒しました。
まずは先週火曜日の「東北の作曲家 2019 in 仙台」の様子をご報告しましょう。仙台市宮城野区文化センター・パトナホールでのリハーサルはこんな感じです。 
 
IMG_2572

あっ、念のために申し上げておきますが、バセットホルンて「ホルン」じゃないです。低い音も出るクラリネットです。
 
このホール、天井がたかーーーくて、ほそながーーーいんですよ。響きもとても上品です。このホールで愉快な三人のために書いた「かぷかぷかぷりす」の初お目見えとなりました。
 
一人で練習していると「ほんとうにこれでいいの?」と不安になってきて、どうしても三人で合わせて確かめてみないとならない気持ちになってしまうけど、合わせたら合わせたで吹き出してしまう(談:トリオ・ディ・アンポンタン)という、全くもってヘンな曲です。うっかり油断して間違えると、美しい和音になってしまうという数々のトラップを仕掛けました。不安定さは美しさのすぐ隣にあり、不安定さは笑いと同義である。という私なりの哲学です笑笑笑。
 
本当は15分以上かかる曲なので、二箇所ほどカットして10分ほどに。作品発表なのになんでカットするの?という声もありましたが、自分ひとりのコンサートでは無いのでして。

そして2回目の本番は、昨日の山形市七日町「瑳蔵」での『バセットホルンとクラリネットの演奏会』です。 リハーサルの様子はこちら。蔵の中の響きは、木でできた楽器たちと相性が良いように思いました❤︎

IMG_2585

本番の様子はスタッフを引き受けてくださった大澤さんに撮っていただいた写真を載せますねー♪ 飲み物付きでしたのでテーブルが出ていますが、有難いことにみっちり満席でした。アンサンブルあり、ソロあり、ハイドンやモーツァルトから現代まで、内容も長さもたっぷりで濃いプログラム。

「かぷかぷかぷりす」はノーカット完全版、正真正銘の『初演』です。

IMG_2587

終演後です。おつかれさまでしたー!

IMG_2588

今回、前半のプログラムでピアノ伴奏を仰せつかり、きちんとつとめられてホッとしました。聴きにきてくれたTちゃんには「きききききじま先生、いいいいいいいつ練習してるんですかっっっ」と聞かれるくらいにはタイトなスケジュールでしたが、手応えがありました。嬉しいです。

あんぽんたんの皆さま、拙作を演奏してくださってありがとうございました。ピアノでもお世話になりました。本番はほんとうに楽しかったです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

それぞれの演奏会と言わず、すべての演奏会において、聴いてくださるお客様あっての音楽です(この点は特に仙台のコンサートで声を大にして申し上げたい)。月並みなご挨拶になってしまいますが、貴重なお時間を割いてホールにお運びいただき、誠にありがとうございました。微力ながら今後の音楽の振興と発展に尽力してまいりますので、時に厳しく、時に暖かくお見守り下さいますようお願い申し上げます。 

 

コーヒーでなく紅茶を飲みたくなるのは

3月アタマの頃からじんましんに悩まされ続けています。お医者さんで注射してもらったり飲み薬を足してもらったりしてようやく峠を越えたところ。昨日の演奏会でやっと2時間じっと座ることができました。情けなや。それにこのかさぶたじゃ温泉は行けないな〜〜涙

なんとなくコーヒーでなく紅茶が飲みたくなるのは決まって身体がしんどいとき。久しぶりにこのセットを出してきました。

この紅茶ポット、デパートで一目惚れして買ったもの。プレスじゃないんですよ、中央に茶葉を入れるタイプのポットなのです。

砂時計は2分計。子どもたちが小さかった頃、砂時計を何度もひっくり返すのが楽しかったようなので、一回でなく二回ひっくり返して紅茶が出来上がるくらいのを買い求めました。
なんか懐かしいなぁ。十数年前のおはなし。

IMG_2554

8年前、震災の直前もひどいじんましんに悩まされたことがあったので、もしや今回も何かあるのでは…などと思ったりしましたが、今のところ大丈夫そうですね。

 
 

おともは猫さん

先日、父の快気祝いを配るため実家の近所を巡りました。

父へのお見舞いを届けに実家や病院に来てくださったのはおじちゃん達が多かったので、何人かのかたには既にご挨拶申し上げていたのですが、おばちゃん達にお会いしたのは…数十年ぶり??
「あらぁ〜ゆみこちゃん、しばらくだったこと〜」 と、声を掛けてくださる各家のおばちゃんやおばあちゃんたちとそれぞれ長話をしました。

小さいころ、近所のお姉ちゃんや友だちと遊んでいると、声をかけてくれるのはその家のお母さんやおばあちゃんでした(もちろんお父さんたちも声をかけてくれました…ほとんどが農家でしたから)。家に上がってお水を飲ませてもらったりトイレを借りたり時々おやつをもらったり。雨の降る日は家のなかでかくれんぼしたっけ(今思えばすごく迷惑な話で💦)。そんなでしたから、数十年分の話は積もりに積もっていて、各家の子たちの消息を聞くだけで朝の時間が終わっちゃいました。

思い起こせば、私にバイエル上巻を教えてくれたのは実家の近所のMちゃんという4つ歳上のお姉ちゃんでした。この家での婚礼の様子や、近所の春のお神楽や夏の盆踊りなど、遠い記憶の深いところにある音を紡ぎ出したのが 、拙作Piccolo Sonata「瑠璃」です。心象風景としてだいぶファンタジーのフィルターをかけましたが笑

実家周辺は実に田舎らしい田舎なので(笑)、それぞれの家がとても大きくて犬や猫がたくさんいます。その中の猫の一匹が、私についてきました。が、決して目を合わせようとしません。 撫でようとすると逃げてしまいます。でもしばらくするとまたついてきます。寂しいのかな。

心の奥底の父とのごちゃごちゃを片付けるべく自分とも闘う日々ですが、 なんとなくこの猫さんに親しみを感じて愛しくなってしまいました。元気でね。また来るからね。

b9a907e6-s

 
ちなみに、実家周辺には数十年前は牛も馬も豚もいました(震災前までは牛がいましたね)。その中でピアノやエレクトーンのある家が何軒かあったのは、今思えばだいぶシュールですね〜。

 

ワクワクの春です

曲が揃ってもいないうちからお知らせするのが常でして😅😅
鶴 英里子さんが作る演劇ユニット「弐十壱鶴堂」が、この春旗揚げ公演を行います。


県立山形弐十壱高校 定時制 
〜救えない奴らが学校を救う!?〜
2019年4月6日(土)13:30 開場/14:00 開演
中央公民館(アズ七日町6F)

入場料:一般 2,000円 / 高校生以下 1,000円

チケット・お問い合せ:
 090-2363-3628/21kkakudo@gmail.com(弐十壱鶴堂)

ホームページはこちら。

TIRASI


魅力的なキャラクターが勢ぞろいの定時制高校「弐十壱高校」のお話です。元気を注入しに、日頃の憂さを忘れに、花粉症もなんのその、新年度の不安も吹き飛ばしに、ゲラゲラ笑いにいらしてくださーい♪♪♪

ええと、私は何に関わっているかというと…コントをやるんじゃなくてですね、劇中歌の編曲と音楽なんです。脚本:原田和真さんが書かれた歌詞に、演出:鶴 英里子さんが曲をつけたものを私がピアノ譜にしました。

鶴さんとは2001年のミュージカルのときに知り合いました。彼女が役者として、私が作曲者として。いろいろぐしゃぐしゃした本番でしたが、あれを乗り越えたキャスト・スタッフは今でも仲良しなのですけど、そのうちのお一人です。で、彼女はミュージカルをやるくらいですから、役者のほかピアノも歌もダンスもするんです。2013年の拙作「 VS・バーサス〜電車にて〜」では「若い女」として初演していただきましたし、2016年の天童市の「未来は託す〜吉田大八と天童」では、演出をつとめられました。

今回の「弐十壱鶴堂」旗揚げ公演で声を掛けていただいたのがとっても嬉しくてワクワクしています。るん♪ 新しいソフトも入れたしー。

「弐十壱鶴堂」には、山形市児童劇団でスタッフとしてしょっちゅう顔を合わせている面々も含まれています。稽古を覗きに行ったら「あれ?」みたいな感じ笑 

笑いがてんこ盛りの舞台をお楽しみに!!

なんとか2月を乗り切れそうな。

2月もそろそろおしまいですね。

実家の母親に引き続き父親の面倒も見なくてはならなかったこの冬、2月初旬でいちおうのケリが着いたのですが(一部まだやってますが)、今度は娘の引っ越しと卒業というイベントがやってきました。諸事情により、今月いっぱいで部屋を空け渡さなくてはなりません。

4年前、息子が仙台から引っ越すときにちょうど娘が仙台の大学に入学するというタイミングでしたので、その時は息子の家電や自転車などは娘(つまり妹)に渡せば済んだのですが、今度はそうは行きません。後輩にあげる、売る、廃棄する、山形の家で使うなどなど、いちいち全部の行き先を決めなくてはなりません。今回は大きなクルマをレンタルせず、夫婦二人のクルマで山形〜仙台を往復することにしました。すでに2台×2往復。本や書類も多いけど娘は服や雑貨が多い!母親としてはあの後どうなったかな…などと心配しています。明日で完全退去のはず。卒業式まであとひと月、なんとか生き延びるのだ、娘よ。

先日、引っ越しその2のとき、近所のカフェで家族でひとやすみしました。ここに来ることももうないかな…でもそんなことも無いかもしれない。

IMG_2537

8年前に息子が仙台の大学に入学した時は、家族や私にとってまだまだ遠い存在だった”仙台”という街が、8年後には「いつもの街」「仕事する街」に変化しています。子どもたち二人とも東京に行きますから、これからまたいろいろと変化していくんでしょう。


ところで、先だっての日曜日は山形市民会館第ホールにて山形市児童劇団第44回公演が行われました。

IMG_2533

今年度は夏の合宿以降はほとんど稽古に出られなかったのが残念です。どの班の演目でもきらきら輝く子どもたちが舞台いっぱいに演技していました。合宿のころからすれば随分成長しましたね。大きな舞台の経験が未来への大事な栄養になることでしょう。「文化」が持つ、大事な役割を果たせたかと思います。
保護者の方々、市民会館スタッフや児童劇研究会指導者のみなさま、おつかれさまでした。何度もクドクド申し上げますが…こんなに踊れる子たちなのだから、もっと踊りを書きたかったなーー。みなさん、満徳先生ごめんなさい。稽古行けずにごめんなさい。

さて、次のお芝居の音を作っています。編曲ですから「産みの苦しみ」のようなものが無いので気が楽ですが、反対に自分が書いた曲の編曲じゃないので、中にはなかなか”色”が付けられないものもあって楽じゃないです。楽だけど楽じゃないです。矛盾してますが本当です。ぐだぐだ言ってないでさっさとやります。 お知らせは後日。ちょっと待っててくださいね。

追記:
「あのころはよかった」的な話や懐メロが苦手です。過去の自慢話ばかりというのもキライです。過去の入賞歴を書き連ねるプロフィールも(必要に駆られて書いたりしますが)本当はあまり好きじゃありません。今現在とこれからの話をしましょう。ぜひ。




 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: