Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

美味しかったんだもん

さて、夏休み。

だけど、主婦に休みなど無いのだ。などと偉そうに言ってみる。ふふ。
…などと言うと家族からモンクが出そうな日々。

秋のコンサートのスケジュール調整、そのための作曲・編曲、
前期後半〜後期前半の授業の下準備、
書き下ろした曲の推敲、及び音源作成、
秋のコンサートの会場や宿泊施設の下見、手配、
運転及びいろいろお手伝い、ついでに美味しいものも食べて、
なかなか濃い8月前半でございます。

image なかでも幸せだったのは昨日のお昼。
打ち合わせなどを済ませた後、友人と伺ったのは
長くお世話になっているご夫婦が営むお店、
米沢・古志田の「手打ちそば『けやき』」。

りっぱなケヤキと四季折々の美しい花々、
外から見ると農家のような造り、
メニューは"でわかおり"100%のおそばだけ。

とてもシンプルなお店ですが、このおそばが本当に美味しいのです。
昨日は夏の午後の風に吹かれながら至福のひとときを味わいました。

田舎は田舎の自然の中のゆったりした幸せがあるものです。
またがんばろう。

明日はヤングコンポーザーコンサート2017のリハーサルが行われます。
選出者の皆さんの作品がいよいよ実際の音になるのが楽しみです。
本番は明後日8月20日/日立システムズホール仙台・交流ホール、午後2時開演。

若い作曲家による、新しい音楽が生まれでる瞬間をぜひお聴き逃しなく!!





 

ちょこっと音楽

ブログタイトルにふさわしく、自作の音源をちょこちょこと公開して行きます。
ここで公開しても差し支えのない、劇音楽=DTM音源が主になります。

歌入りのや、これから本番のもの、公開したけれども引き続き公演が続いているものは
演奏者や演奏団体の許可を得てから公表しますのでしばらくお待ち下さい。
校歌など公表されているものはホームページの音源をお聴きください。
ホームページ:作品音源

それでは、2015年2月の山形市児童劇団第40回公演の演目「きつね森分校の夏休み」より
ごく一部をご紹介しますねー。

「きつねのおもい」は幕間の舞台転換のための音楽です。
おきつねさまの奇跡が起き、その後どうなったのか…余韻を残して…という場面。
冒頭の鐘の音は「おきつねさま」の象徴です。
前半はオープニングと同じメロディ、後半は「きつね踊り」のメロディ。
この1分半の音楽の中で、舞台上ではスタッフや保護者の方々が大道具を移動します。

リンクをクリックの後、別ウィンドウが表示されたら▶︎印をクリックしてお聴き下さい♪

===========================


須藤翔平作・須藤正博演出「きつね森分校の夏休み」より

きつねのおもい」


===========================


息子、帰宅。

宮崎の課程が終了したらしく(←笑)台風とともに突然息子が帰宅しました。

なんでも突然課程終了を告げられたんだそうで。まぁご苦労様だこと。
資格✈️もきちんと取得してきたようで、まずはめでたし。

晩餐会と行きたかったんですが、なんせ突然の帰宅だったので
食材の準備が間に合わず、冷凍モノも使ってとりあえずの晩ご飯でした。

imageところで、彼が宮崎から引き上げてくるときに
後輩にもらったというのがこちらの品→

アメリカン・トラディショナルの代表的ブランド、
ラルフローレンの…ハーフパンツ…じゃなくて…
素材からしてどう見てもステテコ。
後輩にも「ステテコです」と言われたんだそうな。

しっかりした綿素材、しっかりした作りのステテコ。
へんなの。笑。

夏休みが終わると、次は仙台での最終課程✈️です。
なんだかすごく楽しみだーー
フライトレーダーで追いかけるぞぉ〜
ストーカー母ちゃんだから〜〜笑

山の上で。

2017-08-06-23-10-53山形市児童劇団の合宿2日目から参加して
さきほど帰宅しました。
少年自然の家は例年よりも涼しく、
体調を崩す子も少なかったようです。

各班に分かれての2月の本公演のための劇の練習や、
子ども達自ら脚本から作る寸劇発表会の練習と本番、
プラネタリウムや追跡ハイキングなどのイベントなど、
もりだくさんの2泊3日。

50人ほどの子ども達をサポートし続けた、運営の市民会館スタッフの皆様、
お世話頂いた後援会の皆様、ビシバシみっちり指導の先生方、
暑い中大変お疲れさまでした!

私が参加した班では、3日間の稽古でだいぶ声が出て来たなぁ〜という印象。
演出や歌唱指導の先生方のあの手この手の方法で子ども達がどんどん変化します。

私の担当はごく少なく、新曲の劇中歌を2曲、稽古ピアノを弾くというもの。
当初に想定していたよりも子ども達の声のボリュームとハリが出て来たので
歌唱指導の瞳先生と相談して、in Fで書いた歌をFisに、in Gで書いた歌をAsに、
それぞれ半音ずつ上げて歌ってもらうことに。
良いじゃないですか、子どもたち〜〜
稽古ピアノの瞬間移調は慣れてるけど、ただ1箇所のドッペルに手こずり、脂汗。
「引き出しの奥」にしまい込んだ「根性」を久しぶりに出して、無事に解決✨

image2日目夜の寸劇発表会ではタイムキーパーの仕事を仰せつかり
リハーサル中は午後のかんかん照りの野外客席で、
本番はやはり野外のため虫に悩まされながら、
各班の抱腹絶倒ツッコミ処満載の寸劇の時間を測りました。
(ちなみにタイムオーバーは芝居が途中でも強制終了です)

暑すぎるのを除けば、子ども達の考えていることを
間近で見られて面白いんですよ。
(裏方などで見られない先生方ごめんなさいね)

ところで、案の定虫に刺されまして。
しかも放って置くと腫れるタイプの刺されかたです。いやな予感…。
市民会館スタッフMちゃんがアンパンマンの痒み止めパッチを二枚もくれました。
これ、感動的な効きめですよ!!
一枚目がとっても良く効いたから、シャワーを浴び終わった今、二枚目を貼ります。
早く治りますように〜。Mちゃんありがとう。やっぱりすりすりしちゃう
 

作曲研究発表会!

image今日行ったのはこちら。

山形大学音楽科の名倉先生の授業で、
作曲や編曲を勉強している学生達の
研究発表会です。

うっうっ…
羨ましくて仕方が無いんです。
学生時代にこのような研究発表会が
あればよかったのに。

いいなぁ…学生になって名倉先生に習おうかなぁ…
(きっと物凄く嫌がられますねもしも逆の立場だったらぜっったいイヤだもの汗)

さて、プログラムはというと、
編曲作品が二つ、作曲作品が七つ、それと名倉先生の作品が並びました。
すごい。学生たち積極的ですね!
充実のピアノソロのほか、作詞作曲の合唱曲もありましたし、
トランペット、ヴァイオリン、ピアノトリオ、フルートデュオなど
勉強の結果がよく出ていたんじゃないでしょうか。
演奏も次第にレベルアップしていますね?
意識の持ちようでしょうか、面白いなぁと思う作品がいくつか。

どうか作曲を続けてくださいね。
自分の内側から、自分だけの音楽を発信してくださいね!


さて、明日から劇団の合宿に合流します。
歌唱指導の瞳先生に歌って頂いて、拙作新曲2曲を子どもたちにおろします。
おかしな音程×早口言葉、できるかなーー??




 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: