Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

引きこもりの日々ではありますが

引きこもりの日々ではありますが、おかげさまで元気にしております♪

さて、昨日金曜午後のこと。
いろいろ用事を済ませ勉強も仕事もして、残すは事務など雑用だけ。
部屋に閉じこもり切りだと身体が固まるので、散歩ついでにいつもの某カフェへ。

2017-08-25-17-06-19けっこう毒々しい色ですが、抹茶スコーンです。
あまり甘くなくて見た目よりも大人しい味(笑)。

手紙を書き、お金の清算をし、手帳の整理をし、
LINEを含むメールを4つ出し、電話を一つ受けた後、
ほっとひと息、やっとコーヒーを飲みました。
…にがい。
ただでさえ苦い某カフェのコーヒーは、冷めると
より一層苦みが増すので早めに飲まないと〜。

しかたがないのでミルクをたくさん入れて
おこちゃま味にして飲みました♪♪♪

2017-08-25-21-40-28それから、このお薬を飲まないとならない季節が
やって来てしまいました。
イネの花粉に反応してしまうので、
夏の終わりからは春先と同じくお薬を飲まないと。

一昨日は薬を飲むのを忘れていて
和声学のノートを作りながら鼻水に悩み、
そのまま作業を続けていたら頭痛がズキズキと。
こうなると集中など出来るものではありません。

ちゃんとお薬飲まないとー!


imageというようなことをしながら、最近聴いているのは
主に12世紀〜13世紀半ばのゴシック期の音楽。
ディヴィッド・マンロウ指揮のノートルダム楽派。
中世の「モテット」と呼ばれるジャンルが特にツボ。
美しさと怪しさとエロさが混在して非常にカオスです。

ある曲においては
下のパートがラテン語で「キリエ(主よ)」とだけ。
真中のパートがラテン語で「結婚なんてしたら
妻を持たずに遊べる聖職者の特権を失ってしまうよ」
一番上のパートが仏語で「恋の虜になった御仁は
悦楽に身を任すが常道。だからわしも楽しもう。
わしには立派な相手がおるのじゃ」と。

なにこれ。なんでこんなことになったの。
モノのホンには「恥も外聞もない色狂いぶり」と書かれています笑笑笑。


 

セブン50周年なんだって

昨日の仙台からの帰り道、運転しながら聞いていたラジオ番組。
「ウルトラセブン放送開始50周年」ということで、
その「ウルトラセブン」の監督、満田かずほさんがゲストでした。

私はものすごく小さかったはずなんですが、最終回だけみょーに覚えてるんですよ。
あまりに衝撃的だったので。
もしかすると私の人生最初の記憶がこの辺りかもしれない。
(いや、再放送を何度も観てるから記憶がごちゃまぜかも)

満田監督曰く「ボクがウルトラセブンだ!と告白される女性はアンヌしかいない。
どんな表現をしたら良いか難しいだろうから、音楽で手助けをしたんです」とのこと。

アンヌ隊員が衝撃を受けたその時、バックが明るくなってシルエットになる、
そこへ流れて来るのがシューマンのピアノ協奏曲 イ短調 作品54の第一楽章。

 

「僕は…僕はね、人間じゃないんだよ。M78星雲から来たウルトラセブンなんだよ」

実際にこの場面の音声がラジオで流れてしまい、
激しく動揺しつつ笹谷峠を越えて帰宅しました(笑)

しかしこの裏話があったんですね。

監督が、この場面の音楽のイメージはしたものの曲名を知らなかったんだとか。
監督の話を聞いた周りの方々が選んできたのがこのシューマンのピアノ協奏曲。
監督がイメージしたのは本当はグリーグのピアノ協奏曲だと後から知ったんですって。

 

げげっ。だいぶ衝撃の度合いが違うような。
こちらの曲だったらしばらく立ち直れなかったような気がする。

と、思ったらエドヴァルド・グリーグ氏はピアノ協奏曲を書くときに
このシューマンの協奏曲を参考にした説もあるんですって。
ライプツィヒ音楽院に留学中にクララ・シューマンの演奏で実際に聴いていたとか。
それで少し曲想が似ていたらなんだかんだ言われるのは当然かもしれませんねぇ。
(作曲者ご本人にとってはオリジナリティを否定されて激しくイヤでしょうけど)

でもウルトラセブン最終回がもしもエドヴァルド・グリーグの曲だったら
私は今でもしばらく立ち直れない、きっと。
第二主題への経過句と第二主題の展開の仕方がツボすぎて、耳にするたび痺れます。
衝撃とはまた別な意味でへろへろになって立ち直れない。ヤバい。ヤバすぎる。

カラヤンの演奏はいろんな意見がありますが、リンクを貼ったのの第二主題が好き。
(いや、第一主題聴けって)
純粋に幸せ。
(いやだからピアノ聴こうよ自分)


つれづれ

image
窓を開けると虫の声がします。
まだまだ蒸し暑いけど、
夕方は日が短くなって来ましたね。
近所の小学校は新学期が始まったようです。

昨日仕事場の机に買って来たのはこの子→
元気でみずみずしい緑の葉。
眺めているだけで元気をもらうようです。

これから10日ほど、ちょこちょこ用事はあるけど
それ以外は部屋にこもって勉強と仕事と作曲です。

うーん、勉強と作曲がなかなか両立しないのが目下の悩みです。
本を読んだり調べたりして私の中にがんがん知識を入れてしまうと
今度は音楽がひらめきにくくなってしまい、書く速度がガクンと落ちます。
つまりinput →outputとはなかなか行かないわけで。

時間をたっぷり取るしかないみたいなんですよ、私の場合。
外から眺めれば、ただボーッとしているように見えると思うんですが。
いや、特に何かしているのでなくて本当にボーッとしているだけなんですけどね笑
私にとってはこの「何もしない時間」が無いと、“切り替え”が出来ないの。不便だこと。

でも仙台に通う時は電車でボーッとすれば良いことに気付いたので去年よりはラクです。
ただしさっぱり趣味の読書が出来ないんだけど。寂しいわぁ。

 

リハーサル、本番でした

この土日の週末は二日間とも仙台に通いました。

「ヤングコンポーザーコンサート in 東北 2017」。
ざっと説明しますと、22歳以下の若い世代の作曲作品の公募形式によるコンサート。
対象は東北在住または出身者で、本番ではプロの演奏家に作品を演奏して頂く企画です。
今年1月から作品募集を始め、3月締め切り、実行委員による選出ののち、
各曲の無料レッスンを行い、楽譜の書き方や音楽の内容のレベルアップを計りました。
一昨日はこのコンサートのリハーサル、昨日はコンサート本番だったのでした。

詳しくはこちらのブログをどうぞ↓

ヤングコンポーザーコンサート in 東北 2017

連日雨模様の仙台でジメジメした寒さだったのですが、
ハイレベルな選出作品と演奏の素晴らしさに感動した、静かに深く熱い二日間。 

作曲者とのコミュニケーションを丁寧に丁寧にしてくださる演奏家お二人です。
リハもゲネも、ずっとタイムキーパーの役目を仰せつかりましたので、
演奏者と作曲者のやり取りをずっと間近で聴いておりました。

演奏家のお二人の真摯に音楽と向き合う姿、それも
各作曲者のキャラクターごと汲み取って行く姿にとても感動しました。
本番でリハーサルともゲネプロとも違う音楽になった曲もありましたね。
音楽が演奏家の腑に落ちた瞬間を聴きました。何と言ったら良いか…深い音色で。
すごい…。

コンサートのあと、演奏者や作曲者、ご家族、お客様、スタッフなどの
皆さんで交流会が持たれました。
こうして繋がりが出来て行くことがとても大事なんだと思います。
作曲しただけでなく、広がって行くことが大事なんですから。

日本という国は、昔から存在するものはとても大事にする国です。
そして世界に誇れる文化をたくさん持つ国です。
でも新しく生まれ出るもの…特に目に見えないものにはお金を出さない国です。

しかし私たちは過去に生きているのではなく、今現在に生きています。
現状に無頓着だったり、こういうものだと諦めてしまったりしたら
いつまで経っても「今を生きる」ことが出来ません。
(考え方は様々あり、いろいろな立場の方がいらっしゃるのは重々承知です。)
 (だいぶ乱暴な言い方になってしまいますが、一つの考えとしてお聞きください。)

今現在を、未来を、音楽にしましょう。
しかし新しく生まれ出るものは玉石混淆、
海の物とも山の物ともつかぬものであることは確かです。
だから未来に向かって自分を磨いて行きましょう。

そしてこの流れを大きくして行き、
伝承も大切だけど産み出すことも文化なのだと
この社会に広く根付いていくことを願って止みません。

演奏会後の打ち上げの写真を載せておきますねー♪
みなさま、お疲れさまでした!!

IMG_0340



 

美味しかったんだもん

さて、夏休み。

だけど、主婦に休みなど無いのだ。などと偉そうに言ってみる。ふふ。
…などと言うと家族からモンクが出そうな日々。

秋のコンサートのスケジュール調整、そのための作曲・編曲、
前期後半〜後期前半の授業の下準備、
書き下ろした曲の推敲、及び音源作成、
秋のコンサートの会場や宿泊施設の下見、手配、
運転及びいろいろお手伝い、ついでに美味しいものも食べて、
なかなか濃い8月前半でございます。

image なかでも幸せだったのは昨日のお昼。
打ち合わせなどを済ませた後、友人と伺ったのは
長くお世話になっているご夫婦が営むお店、
米沢・古志田の「手打ちそば『けやき』」。

りっぱなケヤキと四季折々の美しい花々、
外から見ると農家のような造り、
メニューは"でわかおり"100%のおそばだけ。

とてもシンプルなお店ですが、このおそばが本当に美味しいのです。
昨日は夏の午後の風に吹かれながら至福のひとときを味わいました。

田舎は田舎の自然の中のゆったりした幸せがあるものです。
またがんばろう。

明日はヤングコンポーザーコンサート2017のリハーサルが行われます。
選出者の皆さんの作品がいよいよ実際の音になるのが楽しみです。
本番は明後日8月20日/日立システムズホール仙台・交流ホール、午後2時開演。

若い作曲家による、新しい音楽が生まれでる瞬間をぜひお聴き逃しなく!!





 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: