Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

タイムカプセルなのだ

さて、とある曲の推敲にかかっています。

子どもたちがまだ小さくて、私が作曲の勉強を始めてすぐのころ、初めてプロオーケストラに演奏していただいた演奏時間20分ほどの作品です。 

今眺めると「なんじゃこりゃ」「なんじゃこりゃ」「なんじゃこりゃ」しか出て来ません笑笑笑 やりたいことをやりたい放題詰め込んで、整理もせず削ぎ落としもせず、雑然と並んでいてカオスですよ。師匠に何度も「音楽を浪費するんじゃない!」と叱られたことを思い出します爆笑

でも手書きで必死に書いたんですねぇ、何ヶ月も掛けて。このスコアを書いている隣では娘がゆっくりゆっくり朝ごはんを食べていたり、 学校から帰って来た息子がランドセルを放り出して床に寝転がったりしていたっけ…いちいち風景を思い出して、まるでタイムカプセルのようです。

幼稚園ごろまでの娘はご飯を食べるのがとても遅い子でしたので、どう頑張っても娘より速く食べ終えてしまう母は、もともと隣で手仕事をしていることが多かったのです。 手紙を書いたり手芸をしたり。でも娘を連れて大学の先生の研究室に作曲レッスンに通うようになってからは、娘の隣で課題を解いたりしていることも多くなりました。

息子が(このあと娘も通った)通った小学校は、家から3キロ近く歩かないとなりませんが、近所の友だちと賑やかに6年間通いました。それでも下校時間が長いといろんなことが起こるのですよ。ある日、息子が玄関先でうずくまっているのでどうしたのかと思いきや、「お母さん!話しかけないで!もれちゃう!!」というのもありましたし、あまりに疲れて玄関先で眠り込んでしまったときもありました。冬は雪で遊びながら帰って来ますので、ほっぺは真っ赤、服はびしょびしょ、急いで長靴を乾かさないと!という毎日でした。

…なんてことをね。このスコアを見ていると思い出すのですよ。このおもちゃ箱みたいにいろんなことが詰まりすぎてカオスなスコアをね。まるであの日々のような。

「Pleuvoir〜あめふり〜」。子どもたちと眺めた雨の風景…例えば、とあるお店のガラス窓をつたう雨粒の中には、付近の道路を行き交うクルマやトラックが小さく逆さまに映っているのを、飽きもせず眺めた記憶…など…を音楽に描きました。子どもたちが目にする新鮮な世界への生き生きとした驚きが、無意識的に感情を押し殺して生きてきた母=私を解き放ってくれました…かね。照れますねどうも。

少しずつ音を整理して、もっとシンプルな響きを目指します。このとき描きたかった世界にしては音が多過ぎるから。でもこれはこれで初演版として大事に取っておこう。私が成長してきた跡だなぁ。

今現在の、空を飛ぶような気持ちのイメージの写真を載せておきます。先日眺めた、東京→大阪の途中の富士山です。ここ数日暑いので涼んでいただきましょう笑

IMG_2817
 

ありがとう

気持ちのよい新緑の季節ですね。
IMG_2855
先日、おかげさまで誕生日を迎えてまたひとつ歳を重ねました。いつもこの日くらいはゆっくり過ごしたいなぁなどと思うのですが、毎年毎年いろんなことで忙しい思いをするのもなんだか恒例になってしまっています。

先週一週間で、数度の実家往復や東京往復など、家の用事の移動距離の合計が1,400キロを超えました。飛行機でこれくらいの移動なら平気ですが、電車やクルマのこまごまとした移動は疲れます。特に実家往復はクルマを使わなくてはならず、酷く苦手な長距離運転しなくてはなりません。ここでぐちぐち言っても仕方ないのですが。

実家の用事は…なんと言いますか、どうにもこうにも心身ともにヤラレます。また蕁麻疹が始まってしまったので、あまり頑張らないことにします。人に何と言われようと、私が倒れてしまってはどうしようもありませんから。

こんな日々に、メールや SNSで友人の皆さんから届いた「誕生日おめでとう」の言葉に、今年はより一層癒されました。生まれたことを祝ってもらって嬉しいです。生きてていいんだね。そうなんだね。

ご自分の楽器で演奏した「Happy Birthday To You〜♪」の動画を送ってくれた友人、メッセージの冒頭から爆笑してる友人(ちゃんと理由があるから許す爆笑)、ハートや絵文字で埋め尽くしたメッセージを送ってくれる友人、家の近所を通りがかったついでにプレゼントを置いて行ってくれた友人、メールで叫ぶ友人、ランチの約束もしちゃった友人。なんてみんな個性的だこと。さすが過ぎる。

みなさんの優しいお言葉の数々に心をあたためてもらいました。
ありがとう。ほんとにほんとに。

仲良くしてくれてありがとう。
これからもどうぞよろしく。

 
おかげさまで、なんとか滅茶苦茶に忙しく&心がヘコむ時期は切り抜けたようです。もう少し心が落ち着いたら、大事な本番のため五線紙に向かいます。 どこまで出来るか…夏までが勝負です。
 

理屈と感情と。

所用のため、一瞬だけ東京へ。
なんだかんだ用事を足した翌朝は東京都美術館「クリムト展」へ。

世紀末のオーストリアを代表する画家、グスタフ・クリムト。繊細で大胆で、豪華絢爛で退廃的で…惹きつける何か。この展覧会のポスターの原画となった有名な一枚の絵。金を施された衣装を見にまとったエロい表情の女性の手にあるのは、なんと生首。その背景やストーリーを初めて知りました…

IMG_2810


最近、美術館や博物館に行ったら音声ガイドを借りることにしています。クリムト展の音声ガイドは稲垣吾郎氏の声。
プロローグは…ブルックナー:交響曲第7番/第三楽章スケルツォ。おおおお!と嬉しくなったところで鑑賞の始まり。「17歳のエミーリエ」の絵ではドビュッシー:金色の魚(映像第二集より)、「アッター湖畔のカンマー城」ではラヴェル:洋上の小舟(組曲「鏡」より)。「女の三世代」ではマーラー:交響曲第5番/第四楽章アダージェット。
同時代に活躍した作曲家の作品とともに印象深く味わう、世紀末を生きた個性的な画家の作品の数々。
 
ベートーヴェン交響曲第9番に着想を得た、34メートルの壁画「ベートーヴェン・フリーズ」!圧倒的な存在感にしばし時間を忘れました。

知識をいっぱい仕入れました。知識を得ることは、目に見え音に聞こえる世界の解像度を上げることです。いくつになっても知らないことだらけ。でも片っ端から忘れてしまうんだけど笑

なんかね、絵のなかに はだかの おんなが うようよ いるのが きもちわるい。みんな はだかなの。おとこも おんなも はだかなの。うようよいるの。ありのままの人間って そもそも きもちわるい。生きてるって きもちわるい。きもちわるくてとうぜんなのだ。すべて うつくしい なんてことは ありえないから。だから いっしゅんのかがやきが よりいっそう うつくしく かんじる。それを とらえたくて 絵をかき音楽をつくる ということなんだろうとおもう。

桜・さくら・SAKURA

ご無沙汰しておりました。

10連休はいかがお過ごしでしたか?どこへ行っても人も車も混雑していて、某映画のワンシーンのように「見ろ!ひとがゴミのようだ!」と叫びたくなることが幾たびもありました。でも北国はちょうど桜の季節のこともあり、4月中旬から数えると合計9回のお花見をすることになりました。今日のブログは写真多めでご紹介しましょう。

まず、4月中旬の主人と私の実家付近の桜から。一目千本桜と中村城址。
大河原の桜

相馬の桜

なぜか山形市の桜を撮り忘れました。私は山形市民じゃないのか…?

先日、作曲講座の見学でお邪魔した北上市でも満開の桜に出会えました。
北上市の桜


そして平成31年も終わりの大型連休。前半はお天気もぐずついていたのですが、あまり長い休みのない我が家のことですので、「子育て完了打ち上げ!」と称して長旅に出かけました。ある目的を持って出かけたのですが、偶然にも各所で満開の桜に出会い、大混雑に巻き込まれたことが数度😓本当に花見に出かけたわけじゃないんですよ(じゃなんでアップするんだろう?)。写真のタイトルを見ていただければお分かりいただけるかと。(じゃなんでその写真をアップしないんだろう?)

青森県八戸市・根城の桜。
枝垂れ桜が多いところでした。
根城の桜


青森むつ市・「来さまい大畑桜ロード」
初めて知りましたが、7.8キロ1400本もの満開の桜が出迎えてくれました。
来さまい大畑桜ロード


北海道に渡りました。松前城の桜。八重桜が多かったですよ。
松前城の桜

五稜郭の桜。
星型の城郭の突端から見渡すと…。
五稜郭の桜

五稜郭を見下ろせるタワーには登りませんでした。
ご想像の通りの人混みでして。


本州に戻って
弘前城の天守閣から見下ろす桜。
ソメイヨシノは散ってしまい、枝垂れ桜が盛りでした。
岩木山も雲の中。泣。
弘前城の桜


秋田・久保田城も巡りましたが、桜は終わってましたね〜。 

八戸根城・南部氏が、秀吉ほか連合軍の小田原攻めのときに参上しなかったので城を潰された話とか、津軽氏は南部氏の分家であるとか、松前藩とアイヌの交易の様子とか、箱館戦争の際に鉄壁と言われた五稜郭がどうして落城したのかとか、実際にその地に行ってみないとわからないことが盛りだくさんの、歴史オタにはたまらない旅でした。

ところで、改元の際に継承された三種の神器のうちの「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」は、元の名を「天叢雲(あめのむらくも)」といい、雲を呼び雨を降らせる剣なのだそうです。歴史オタの間では「本当に雨が降った〜!!」と大変に盛り上がっておりました。旅の間のお天気はよくなかったけど、そういう事情だったので仕方ないです(単純)(じゃあなんでその期間に出かけたのか?笑)。


そのあと、息子が帰省してきてから行った七兵衛そばのある
山形県大石田町・次年子の桜。
次年子の桜
 
とってもいいお天気。
空を行く飛行機ばかり眺めていました。
待ち時間が長くて。

連休中はとても日本らしいところを満喫できたように思います。こうやってみると、山形の桜をちゃんと撮ってないのが本当に悔やまれます。自分の住むところを大事にしましょう、うん。 

 

心の中の録音ボタンを押し、シャッターを切る。

ここ十日ほどのご報告をば。

先週、兄と実家の用事で相馬へ。所用で市街地に出たらちょうど桜が満開でしたので、馬陵公園〜母校の周辺を散策。母校は共学になりましたし(私たち数人の女子はいたから元から共学でしたが)、校舎も建て替えられましたので、私の高校時代とはずいぶん雰囲気は変わってますけど。あぁ〜ここで数学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと物理と化学と生物と地学とに悩まされましたね〜(生物と地学は楽しかったけど)。

IMG_2671

校歌を歌う声が小さいと、ここを走らされましたっけ。高校時代をもう一度やれと言われたら即座に断りますよ、笑。

IMG_2669


米沢在住の絵本作家かめおかあきこさんの原画展@米沢:うふcafeへ。 

IMG_2660

うふcafeで美しいいろどりのランチをいただいたあと、かめおかあきこ作・絵本「木もれびより」を買い求めました。毎日1ページずつ、小さな詩と絵がひと月分描かれています。仕事部屋に飾って毎日和んだりうるうるしたりしていますよ。


山形テルサで山形交響楽団定期演奏会。ものすごいものを耳にしてしまってしばし放心状態でした。ポール・メイエ氏の軽やかなクラリネットには開いた口が塞がらず。シューベルト「ザ・グレート」は
スコアを読み返してはため息。そんなに特別なことや面倒なことはしてないんだけど、この豊かな音楽と言ったら!!第一楽章のなぜか第二主題がぐるぐるしてしばらく止まりませんでした。脳内再生には停止ボタンがないみたいで…


20日は北上市でヤングコンポーザーコンサートの作曲講座を見学。すらすら曲を書く方や、歌詞を書いて歌を作られた方もいらっしゃいましたね。楽しい講座でした。
北上往復は「おいしいものを食べたい」というダンナの運転で。お昼はバイキング形式の農家レストラン。ヘルシーでめちゃおすすめ。

IMG_2679


 21日は仙台でヤングコンポーザーコンサートの会議。この1ヶ月はほぼ毎日、応募作品を読んでいたのですが、その選考会でした。力作ぞろいで楽しかったですよ。みなさん本当によく頑張りましたね!間もなく発表です。今後の連絡や選考委員からのコメント用紙も間もなく発送されます。もう少々お待ちくださいね。


…という、駆け足のご報告でした。ブログ記事は全て自分への覚え書です。書いておかないと片っ端から忘れそうなので。つまり忘れるのがもったいない心膨らむ瞬間がいくつか含まれていまして、次に行くためにしっかり留めておきたかったのでした。最後までお読みいただきありがとうございました。私の整理整頓にお付き合いいただき感謝申し上げます。…あれ?ブログが終わりそうな挨拶?いやいや、まだまだ続けますよ〜




 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: