The toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

1月の私の中身の一部。笑

この頃とくに本ばかり読んでいたので、読書メーターを始めてみました。読んだ本の内容を書き留めておけるということで、備忘録です。同じ本を読んだ人の感想を読むこともできて、なかなか面白いですよ。読書好きの方、お勧めです。

1月の読書メーター

読んだ本の数:6
読んだページ数:1515
ナイス数:9

真田太平記 12 大阪入城真田太平記 12 大阪入城感想
高遠城陥落から始まり、江戸期の真田信之までの真田家の長い長い物語。「草の者」を知らなかったので新鮮でした。優秀な諜報網=忍者のことだったんですね。
読了日:01月08日 著者:池波正太郎


知ろうとすること。 (新潮文庫)知ろうとすること。 (新潮文庫)感想
事実を知ることの大切さ、面白さ。科学を手にすることによって未来を計算出来ると言うくだりはほんとに泣きそう。冷静に、倦まず弛まず継続する理系のロマン。拍手。 今更ながら原発のこと、放射線のことを知りたくて読み始めたけど、思わぬところに感動がありました。
読了日:01月11日 著者:早野 龍五,糸井 重里

蒲団蒲団感想
男の身勝手さ、女が生きるのの窮屈さ。現代とは時代が違うし価値観もまるで違うことは重々承知しながらも、このことが強く胸に残った。  時雄は新しい時代の女性のあり方を説きながら、真逆のことを突きつけてくる。女は男に従属ばかりしていては新しい時代の女性と言えない、自立せねばならない。温順なだけの妻はつまらない。しかし本音では「男に逆らうなどもってのほか」。 パワハラ、セクハラと簡単に片付けることができないし「古い時代のこと」とも切り捨てられない、現代にも続く(特に)日本の社会の窮屈さである。
読了日:01月14日 著者:田山花袋

一兵卒一兵卒感想
病み衰えた兵士の悲哀、恐怖、病との戦いを、内側から表現した短編。ジリジリと焦げ付くような苦しみの表現にこちらも悶えてしまう。
読了日:01月17日 著者:田山 花袋


最後の将軍―徳川慶喜最後の将軍―徳川慶喜感想
慶喜側から見た、江戸末期の社会と人心の動きがダイナミックに描かれている。慶喜その人の細かな描写もあり、周囲の人々も含めた複雑な心の動きが非常に楽しかった。何度も読み返したい本である。
読了日:01月24日 著者:司馬 遼太郎

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)感想
都市銀行という今まで全く知らなかった世界の、野望や陰謀や政界に絡む巨大な権力の話。閨閥の件も含め、不気味な世界である。時代を感じる描写と、会話文に「。」が無く、「、」ばかりで読みにくい。
読了日:01月28日 著者:山崎 豊子


買っちまった

移動時間が長いと読書量が増えます。しかし電車を使うときだけです。実家へ行く用事がある時や、荷物が多い時はクルマを運転するので読書ができません。そこで、何を思いついたかというと。

ラジオを聴くのです。nhkらじるらじる・聞き逃しサービスなら、好きな番組を選べてしかも運転しながら楽しめます。(NHKから広告料などいただいておりませんので悪しからずご了承くださいませ笑)様々な番組のなか、最近のお気に入りは「朗読」の時間。

秋〜冬の時期は、夏目漱石の「坊ちゃん」を朗読で聴くことができ、大変にワクワクしました。永井荷風の作品のどうしようもないドロドロも、田山花袋の作品の身悶えするような内面の表現も、ここで音として楽しみました。

が!!

明治〜大正の文豪の作品は、情感に富み、深みがあって大変によろしいのですが、如何せん漢語が多いので、音として聞くととっさに意味がわからないのですよ(作家にもよりますが)。例えば「ちゅうかん」と言われても、「中間」「中韓」「昼間」「中巻」…まぁ、いろいろですよ。そこで、帰宅してからたまらず本を手にとって漢字を確かめては安堵しておりまして…つまりは2度ずつ読書してる格好になっているのです。

ここ数日聞いているのは、年末年始に放送された司馬遼太郎作「最後の将軍ー徳川慶喜ー」。これがまた漢語たっぷりで、本当になんのことなのかわからない部分もたっぷり。明治〜大正〜昭和初期の文豪の作品ならたいがい家にあるので文章を確かめられるのですが、司馬遼太郎は持ってないのです…ついに…買ってしまいました…買うと本が増えるからずっと自分に禁じていたのに…図書館へ借りに行くヒマもないし(言い訳)

ちょっと前にTwitterに上がっていた画像に「本を集めすぎると危険です」というのがありました。その内容とは。

=========================

・家を破壊します
・見つからず、二冊購入します
・好きな本を、売るか捨てるか苦しむことになります
・売った、捨てた翌日、また書います

=========================

ああ〜💧💧やめてやめて〜〜図星じゃんか〜〜💧💧



IMG_1836IMG_1835
  



 

冬の午後にしてきたこと

うーん。以前はブログは日刊だったのに、最近は週刊ですねぇ。晩ごはんのあとにブログを書くヒマが無くなっちゃったし、毎朝の起床が早く夜更かし厳禁だから、もう仕方ないのです。それに、以前は演奏会の感想も書けたんですが、最近は演奏会そのものに行ってないのでもうもう仕方ないです。もうもう。

我が家の子どもたちも、二人とも大きくなって「しまった」ので、ネタにするようなおかしな会話もありません。つまんないの。あ。おかしな会話はあるにはあるんですが個人情報満載なのでブログに書けません。むむぅ〜つまんないの。

最近の我が家の子どもたち、個人情報満載で極秘裏に何をしているかと言うと、就活です。上の子と下の子は四つ違いだから高校受験も大学受験も時期が重ならず、家族としてはラクだったんですが(だって数学の難問題に苦しんだ末に怒りに任せて電話帳を破り捨てたりペンを投げてドアに突き刺しちゃうひとと、長時間の勉強で顔がこわばるため突然顔の運動をするひとを二人同時に面倒を見るのはいかにもつらい)、最後の最後で同時に就活しています。まぁ、二人とも一人暮らししていますから、親は心配だけしていれば良いんですが。

先日、お墓参りをしてご先祖様にご挨拶してきました。子どもたちの一大事だから、という「苦しい時だけの神頼み」的なもので不謹慎極まりないんですが、とにかくお祈りしたかったんですよ。ちょうど職場から歩いて行けたし。親としての役目もあと少しです。

それにしても…もう就職って。二人とももうそんな歳になったのか〜。もうもうもう。牛かわたしは。

IMG_1820


 

最近、

最近は本を読んでばかりいます。手当たり次第。

田山花袋を二編「蒲団」「一兵卒」。
「真田太平記(池波正太郎)」の12巻目。
(歴史考証が古くて読みにくかったため放置してたの汗)
息子に借りた「華麗なる一族(山崎豊子)」上巻。
古本の「知ろうとすること(糸井重里)」。

…音楽関係の本が積読(つんどく)となって部屋の片隅に山になってますが笑 読まなくちゃね笑

IMG_1819
ところで、ブックカバーを数種持っています。しかしあちこち持ち歩くせいか、すぐ痛みます。一番手に馴染むのは、上海シノワズリのこのブックカバーなんだけど、だいぶ汚れてしまって…。新しいのが欲しいけど現地に行く予定もないし。通信販売もあるけど色も柄もイマイチ。悩ましい。趣味なんだからこれくらい凝りたいし。

凝ると言えば、音を選ぶのに凝るのは昔からで…えっ音を選ぶのは趣味なの??いやいや、少なくとも遊びじゃない「趣味」です。 えーと、趣味って二つの意味があるね?

==================

しゅみ
趣味
  1. 1
    専門としてでなく、楽しみとして愛好する事柄。
    「―は音楽だ」
  2. 2
    物事から感じ取られるおもむき。味わい。情趣。「―のある絵」。物事の味わいを感じ取る能力。(それに基づく)好み。
    「―がいい人」
 
==================

読書は1番のほう。音を選ぶのは2番のほう。半端なく凝ります。ふふ。今日も半端なく凝ります。

いや〜楽譜書きと読書だけで1日過ごしたいなぁ〜(切実)



 

お寒うございまっす

IMG_1814

昨日の仙山線・面白山高原駅にて。
寒いので今日はこれでおしまい。

あ。初めてスマホで記事を書いてみました〜


 
プロフィール

kijimayumiko

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ