就職した息子が諸事情により必要なくなったというので、彼がまだまだ愛着を感じている様子を無視して、ほぼ強奪に近い形で私のものにしたiPad mini。なぜそんなに欲しかったかというと、これで電子書籍が思う存分読めるからです。

紙の本の手触りというか手応え読み応えが良くて、ずっとブックカバーをかけた本を持ち歩き、電車の中でも待合室でも隙間時間でも読んでいました…が、重たくて大きなハードカバーの単行本を持ち歩くわけにいきません。単行本となって発表された作品は一定の期間を過ぎないと一回り小さいサイズの文庫本にはならないし、好きな作家の作品をすぐ読みたいときは単行本に限る!…けど、やっぱり大きくて重い。仙台への通勤時間は仕事のための本やCDを持ち歩くし、場所によっては楽器も持ち歩くので単行本など無理無理。でもでもでも読みたいもんは読みたい。

Amazonの電子書籍リーダー(つまり電子書籍をダウンロードして読む機器)=Kindleを買おうかと何度かクリックしかけたけど、いやいや待て待て、買うならiPadだと思っていたの。iPadならメールも読みだせるしインターネットを繋いで調べ物などなど他のこともできるじゃないですか。
すでに手元にあるiPhoneに電子書籍をダウンロードして読めば一番手軽で荷物も増えないんですけどね。でも私には画面が小さくて電車で読むと酔っちゃうんですよ。弱。

そんなわけでiPad、それも荷物の邪魔にならないminiがずっと欲しかったのですが…まぁ昨今の経済事情が許さず我慢していたところに、この息子のiPad mini✨ 必要なくなったのなら、強奪しないわけにいかないじゃないですか✨ 

明治・大正・昭和の文豪の作品なら無料で手に入りますし(他にも無料で手に入るものはたくさんありますが、まぁ、無料なのでソレナリのものも多々…)、単行本もじゃんじゃん買える……けど……やっぱお高いので……食費を削りそうになるけど……いやいや学生じゃないんだしトシもトシだからぶっ倒れていられないし……

と、危ういところで踏み留まっております笑
読書三昧。想像力を思う存分羽ばたかせることのできる贅沢なひとときです。あ、家にいるときはもちろん紙の本を読んでおりますよ。同時並行です。

IMG_2250