秋が深まってきましたね。散歩するのも楽しい季節です。

FullSizeRender

このひろーいひろーーーーい公園、落葉樹がたくさん=落ち葉がたくさん=ひたすら大きな袋に落ち葉を詰める方々=果てしないなぁ…ご苦労さまです…などと思いました。公園の入り口付近では、掃除機の逆…つまり吸い込むのでなく、吹き飛ばす装置でもって道路の落ち葉を片付けている人を見かけました。あんな機械があるんですねぇ。あ。ブロワーっていうんですね、バキュームの反対。手でひたすら片付けることしか知らなかった。

途中にはみごとな紅葉が。 FullSizeRender

春生まれの緑の葉が迎えた
壮大な終焉。

すごいなぁ。

さて、先日友人からお手紙が届きました。このLINEやメールばかりの日々に突然届いた、可愛い便箋に手書きされたお手紙です。びっくりするやら嬉しいやら。

ちょうどヤングコンポーザーコンサートの定例会議のため仙台に行ったのですが、そのときに時間をかけてお返事を書くための便箋を選びました。

友人のことを思いながら便箋を選ぶ…なんて素敵な時間なんでしょうか。考えてみると、読書や手紙など、手間と時間を掛けることが私にとって一番贅沢なことのように思います。言い換えれば手間を時間を掛ける心の余裕があるのが贅沢というか。もう少し考えると、人に会うことも、料理することも、全てそうなんですよね。メールや電話やコンビニに頼ることなく省略しないで生きる、とでも言えばいいでしょうか。

IMG_2312


省略しないで生きるのが贅沢なのであれば、普段それらを省略して何しているかというと…生業ナリワイですよ。そりゃみなさんと同じ、特別なことでなく。ただ、やることが多過ぎて省略しないと物事が廻らないんです。いやいや、違うな、そんなカッコいい話ではないよ。集中してしまうといろんなことが吹っ飛んでしまって結果的に省略してしまうというのが本当(恥💧)。それでも仲良くしてくれる友人のみなさんありがとです。これからもよろしくです。