ご無沙汰しておりました。

10連休はいかがお過ごしでしたか?どこへ行っても人も車も混雑していて、某映画のワンシーンのように「見ろ!ひとがゴミのようだ!」と叫びたくなることが幾たびもありました。でも北国はちょうど桜の季節のこともあり、4月中旬から数えると合計9回のお花見をすることになりました。今日のブログは写真多めでご紹介しましょう。

まず、4月中旬の主人と私の実家付近の桜から。一目千本桜と中村城址。
大河原の桜

相馬の桜

なぜか山形市の桜を撮り忘れました。私は山形市民じゃないのか…?

先日、作曲講座の見学でお邪魔した北上市でも満開の桜に出会えました。
北上市の桜


そして平成31年も終わりの大型連休。前半はお天気もぐずついていたのですが、あまり長い休みのない我が家のことですので、「子育て完了打ち上げ!」と称して長旅に出かけました。ある目的を持って出かけたのですが、偶然にも各所で満開の桜に出会い、大混雑に巻き込まれたことが数度😓本当に花見に出かけたわけじゃないんですよ(じゃなんでアップするんだろう?)。写真のタイトルを見ていただければお分かりいただけるかと。(じゃなんでその写真をアップしないんだろう?)

青森県八戸市・根城の桜。
枝垂れ桜が多いところでした。
根城の桜


青森むつ市・「来さまい大畑桜ロード」
初めて知りましたが、7.8キロ1400本もの満開の桜が出迎えてくれました。
来さまい大畑桜ロード


北海道に渡りました。松前城の桜。八重桜が多かったですよ。
松前城の桜

五稜郭の桜。
星型の城郭の突端から見渡すと…。
五稜郭の桜

五稜郭を見下ろせるタワーには登りませんでした。
ご想像の通りの人混みでして。


本州に戻って
弘前城の天守閣から見下ろす桜。
ソメイヨシノは散ってしまい、枝垂れ桜が盛りでした。
岩木山も雲の中。泣。
弘前城の桜


秋田・久保田城も巡りましたが、桜は終わってましたね〜。 

八戸根城・南部氏が、秀吉ほか連合軍の小田原攻めのときに参上しなかったので城を潰された話とか、津軽氏は南部氏の分家であるとか、松前藩とアイヌの交易の様子とか、箱館戦争の際に鉄壁と言われた五稜郭がどうして落城したのかとか、実際にその地に行ってみないとわからないことが盛りだくさんの、歴史オタにはたまらない旅でした。

ところで、改元の際に継承された三種の神器のうちの「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」は、元の名を「天叢雲(あめのむらくも)」といい、雲を呼び雨を降らせる剣なのだそうです。歴史オタの間では「本当に雨が降った〜!!」と大変に盛り上がっておりました。旅の間のお天気はよくなかったけど、そういう事情だったので仕方ないです(単純)(じゃあなんでその期間に出かけたのか?笑)。


そのあと、息子が帰省してきてから行った七兵衛そばのある
山形県大石田町・次年子の桜。
次年子の桜
 
とってもいいお天気。
空を行く飛行機ばかり眺めていました。
待ち時間が長くて。

連休中はとても日本らしいところを満喫できたように思います。こうやってみると、山形の桜をちゃんと撮ってないのが本当に悔やまれます。自分の住むところを大事にしましょう、うん。