Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

2018年04月

巡る巡るよ季節は巡る

春がやってきたかと思ったら少しずつ季節が移り変わって行きます。

山形ではこれからお花見のところもたくさんありますが、仙台ではもう初夏の兆し。ピンク色のハナミズキが咲き出し、ドウダンツツジも見られます。鳩たちがのんびりお散歩するエリアでは、木陰でもうシャクナゲが咲いていました。このお花たちを見ると五月かなぁって思ってしまいますが、あと10日以上あるんですね。 今日は肌寒かったのですが、明日は暖かいんだそうで。何を着ていけばいいかな〜。

IMG_1952IMG_1951IMG_1949IMG_1948FullSizeRender 

お知らせでーーす

180412_2127_001『髙橋直子と愉快な仲間たちの
 第15回ティータイムコンサート』
(画像をクリックして頂くと拡大します)

2018年4月22日(日)14:00〜
山形市文翔館議場ホール
入場料 ¥2,000

出演:
大沼麻子 木島由美子 須藤円 
髙橋直子 中島春乃 平野礼子 

プログラム:
歌に会いに出かけよう 花の街 糸(中島みゆき)あざみの歌
寺嶋陸也作曲 茨木のり子歌曲集『道しるべ』より
女声合唱のためのヒットメドレー『 COLORS(カラーズ)』
木島由美子作曲『働くオンナの事情』

==================================

今年も開催されます、ティータイムコンサート。直子姉さんが毎年のように企画・運営・演奏され、なんと15回目となりました。今回も、歌手のみなさまそれぞれのソロやアンサンブルをお楽しみいただけるプログラムとなりました。平野礼子(あやこ)の朗読も入ります。しっとりと落ち着いた、深い詩の世界もお楽しみいただけると思います。

記念すべき15回目のコンサート。これまでのプログラムの中のリクエストとして、拙作『働くオンナの事情』を演奏することになりました。演奏者のみなさまにリクエストいただいたのは光栄の極みです。極まったのはいいんですが、ただ極まるのは芸がないので、今回用に SopranoとMezzo-sopranoの2声のアンサンブルに仕立てました。平野礼子の爆笑演出と、高橋直子姉さんと大沼麻子さんの歌手のお二人の冴えたアイディアの相乗効果で、とても楽しい演奏になっ………ているはずです。私はいつも現場にいておなかを抱えて涙を流して笑っているのですが、いつもピアノを弾いているので真正面から観たり聴いたりすることができず、本当のところがわかりません。残念すぎます。
しかし、実生活においても仕事や子育てや家事を抱えて非常にお忙しい麻子さんの、リアリティあふれる心の叫びをお聴きいただけると思います。

世の中の働く女性のみなさん、様々な障害にぶち当たってもココロ折れそうになっても仲間がいます。元気とユーモアとふてぶてしさといい加減さで乗り切りましょうね!!!
 
IMG_1945


 

山形交響楽団 第268回定期演奏会!

山形交響楽団 第268回定期演奏会
2018年 4月7日(土)/8日(日)山形テルサホール

指揮:オッコ・カム

<プログラム>
シベリウス/交響詩「フィンランディア」
シベリウス/交響曲第7番 ハ長調 作品105
シベリウス/交響曲第2番 ニ長調 作品43

============================

今回の定期は、創立者=村川千秋氏の時代から、永年「山響のサウンド」として育んで来たシベリウスの作品を集めた演奏会です。世界的権威の巨匠=オッコ・カム氏の指揮でどのような音楽が聴けるのか、非常に楽しみでした。そういえば、村川千秋さんの、音楽の喜びに満ちたあの『カレリア』を聴いたのは第200回定期のときでしたから、だいぶ時間が経ちましたね…。

オッコ・カム氏の指揮は、自分の音楽に溺れたりしません。理性的であり、必要以上に煽ったり緩めたりはありません。しかし細部まで目と耳と手が行き届き、的確な指示を…そう、まるで大きな船の船長さん(ヤンネくんはキャプテンっておっしゃってましたね)のような。「乗組員」は安心して「航海」に乗り出せるような指揮だったのではないでしょうか。
特に交響曲2番の第3楽章の後半、長い長いクレッシェンドのあとの第4楽章への瞬間は「感動しろ」と言わんばかりのAllargandoではなく、舞台からふわぁ〜っと光があふれてきて包まれるような、本当に幸せな瞬間で。そこからもうボロボロ泣きっぱなしでした。交響詩「フィンランディア」も、濃すぎない味付けのナチュラルな音楽がかえって聴き手のイメージを掻き立ててくるような音楽でした。

ジャンの音楽は、やはり弦楽器出身の作曲家らしくとても洗練されていて、弦楽器群の美しさを堪能できました。が、やはり管楽器のオーケストレーションにかなりクセがあり、かなり意識してオケを「交通整理」しないと作曲者が意図したであろう要素が浮きだして来ません。7番もそういう箇所がたくさんあり、オッコ・カム氏が「まだまだ勉強しなければ」とおっしゃるのも頷けます(生意気ですみません)。様々な要素が複雑に絡み合ったなかに現れる、うっとりするTrombone soloも、弦楽器群やHorn他の強奏の中で美しく聴かせるのにバランスを取るのがとても難しそうです。
それにしても…ジャン・シベリウスは19世紀後半〜の作曲家だよね…?2番のラスト、あんなに Tubaと Contrabassがカッコいいことしてるのに Timpaniが全てかき消してしまうのはなぜ?ジャンの時代はTimpaniはもっと響かなかったの?でもBassをTimpaniだけに受け持たせている場面もあるから楽器のせいで響かないってことはなかったよね?
低音に3度を集めるのは、開離の和音とBassが結果的に3度になっているからであって、それが金管の強烈な印象につながる場面もある…けど、やっぱりこの音域の3度が好きなんだよね?ジャン。私 Fagott吹きだったから、この重さがものすごく気になるの。でも上野さんも鷲尾さんも素晴らしかった!!このくらいの迫力とスタミナが無くちゃ、ですね!!
あと、2番の4楽章ラストでA管Clarinetの音が無くなる瞬間を聴く(見る)のを忘れました( 注:Clarinetのお二方をdisっているわけではありません)。この素晴らしい音楽の最後にちょこっと現れるオチャメな部分を聴きたかったんだけどな〜

楽譜は、それだけではただの記号です。それにもとづいて音を出すだけでなく、演奏者が共感する何かを見出してこそ初めて音楽として流れ出すのです。オッコ・カム氏の指揮によってオケの魂が宿る瞬間を確かに聴いたと思います。演奏会に行けて本当に良かったです。

実は山形交響楽団の定期演奏会を聴くのは1年2ヶ月ぶり。自分の演奏会のリハーサルや本番、締め切りや家の用事などの諸事情でこうなってしまったのですが、やっと、やっとやっと聴けました。久しぶりに聴く山形交響楽団は、何人かの楽団員さんがお辞めになったり、新顔の楽団員さんやエキストラの方々が入られたりして耳馴染みのない音がいくつか。響きとしても刷新された印象がありました。
 
Yさん、お世話になりました。ロビーでは久しぶりに友だちや演奏家の皆さんにも会えたし。ありがとうございました。とても楽しかったです!!
 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: