今日は山形市民会館で行われた、
人形劇合同公演を観に行きました。

参加団体は、米沢・東根・仙台・山形の
6団体・7演目。
脚本から演出、人形の製作や操作、
舞台装置や背景や効果音や歌や音楽。
皆さまとても熱心です。

会場の子ども達に働きかけ、
反応を見ながらの人形劇の楽しさを
たっぷり見せて頂きました♪ 

ところで、今回の公演で
人形劇団「ぐう・ちょき・ぱあ」の
「さるかにがっせん」の歌と音楽を
作らせていただきました。

子がに達の「あだうちのうた」は
同じ歌が何度も繰り返されますが
はち、くり、牛のふん、うすと
登場人物が増えるたびに歌詞も増え
歌も長くなっていくのです。

この繰り返しが覚えやすいようで、
何度目かには歌っている子もいましたし
げらげら笑い出す子もいて、
これはもう作曲者冥利に尽きますよ。

「ぐう・ちょき・ぱあ」の皆様、
演者のすとうしょうへいさん、
お世話になりました。
ありがとうございました!

子ども達と人形劇団の皆様に
たっぷり元気をもらいました。
明日からも頑張りまーーす❗️

image 

2017-11-05-13-52-53