お寒うございます。みなさまお元気でいらっしゃいますか。

今日は劇団の稽古日でした。
劇団の稽古に出るのは夏休みの合宿以来です。このン十年、初めてですよこんなに稽古に出られないのって。今回の劇音楽は子どもたちの様子を見ずに作ってしまいました。あまり好きじゃないんだけどこういうの。でも時間がないものはどうしようもないし背に腹は代えられぬ。ということで今日は通し稽古に初めて音を入れさせていただきました。 

音楽が長いねー、長いよ。音楽的に満足行くようにしようと思うと芝居の中では長すぎるんです。ダンスも歌も少ない練習時間で仕上げなくてはならないんですから、ここは子どもたちの芝居とのバランスが難しいところ。2箇所ほどダンスの先生と変更点を確認して今日の稽古はおしまい。子どもたち、2月末の本番に向けて頑張ろうね!広い広い大ホールの隅々まで声と気持ちが届くように!!


26 53

今現在は、劇団とミュージカルという2箇所の劇音楽に関わっているので、データファイルが膨大な数になっています。
作成した音源ファイルは、いつでもどこでも聴き返せるようにiTunesに曲順に並べて管理します。クライアントさんへの曲のお引き渡しの際はWeb経由のデータのやりとりが多いので、パッと見て分かるようにファイル名も工夫します。元々のファイルそのものはハードディスクに保存です。変更点がある場合のためにDTMデータファイルも一緒に。それぞれの曲の歌譜や伴奏譜、ミュージカルの場合は吹奏楽譜もいっしょに。それぞれの譜面の送信用.pdfファイルもいっしょに。つまり、1曲のフォルダの中に歌譜、伴奏譜、音源ファイル、 DTMデータファイル、.pdfファイルと、少なくとも5つはあることになります。吹奏楽譜の場合は6つになります。
楽譜だと吹奏楽スコアでも500KBくらいなのですが、 DTMデータはちょっとした歌でも2MB、編成が大きいと6MBを超えます。ひと昔前は「いんちきくさい」などと言われたハードディスクですが(今でも某国製のハードディスクは別な意味で素晴らしいものがあるようですが)これ無くしては仕事が成り立ちません。ありがたや。拝みます。

ところで、びしばし作曲している真っ最中は、ファイルの整理整頓などあまりしないのでかなりごちゃごちゃしますが、締め切り近くなると異様にキレイにしたくなるのはいつものこと。部屋と同じです。つまり私がキレイにしていたら締め切りが近いってことです(いいのかそんなことバラして)。締め切り直前まで楽譜のすみずみ、音のすみずみまで推敲して「これ以上動かせない!」と思えるところまで詰めるので、それが実生活にも出てしまうような気がします(他人事)。

明日は幸せに楽譜書きをする予定。どっぷり音楽に浸ることができる自由な時間。なんて幸せなんでしょう