🌱昨日、誕生日でした。
たくさんのメッセージやコメント、直メールをありがとうございました。いろいろと声を掛けてくださることが有り難くて嬉しいです。みなさんのおかげでとてもとても元気が出ます。
また、こうして返信するくらいのことは全く平気な程度の心身の健康を維持していることも、大きな幸運だと思っています。いつ何が起こるかわからない日常ですから。(特に何があったわけではないのでご心配なく♡)

みなさん元気でいましょうね。時間など余裕があればお会いしましょう。

最近息子の就職が決まったということで、かーちゃんの私をお祝いしてくれた友人たちとか、誕生日の昨日の連絡がきっかけとなってお茶やランチの約束に発展した友人たちとか。どうも人生は楽しいですね(なんで息子が就職したらかーちゃんが祝われるんだというツッコミは無しでお願いします汗)

🌱さて、どんどん時は流れていきます。来春は娘が卒業なので、卒業式に着る衣装を選ぶ時期になってきました。私の着物を見せて欲しいと娘が申しますので、今日の午後は和箪笥を開けて手持ちの着物を広げました。
 
IMG_2006…祖母よ。なぜこんなにたくさん私に持たせたの?振袖、訪問着、喪服、江戸褄。普段着の着物もいくつかあるし…着たいなぁ…普段に着るなら演奏会だけど、音楽を集中して聴くのに和装は自信がない…演奏会に出演するほうだったらどうかな…袖がじゃまでピアノ弾けないか…作品発表の挨拶だけだったら和装も可能?袴とかいいかもな…などと考え始め、「娘に着せる」という当初の目的のが吹っ飛びそうになりました笑 
でも娘が和服に関心を持ってくれてとっても嬉しかったんです。「伝統を受け継ぎたい」とは思っても、次の世代が関心を持ってその良さを分かろうとしないことには本当の意味で受け継ぐことになりませんから。

父方の祖母も母方の祖母も、とてもおしゃれなひとでした。昔々に父方の祖母からもらった着物を前に、懐かしい祖母の声や言葉やしぐさを思い出していました。うーん…心身ともにタフなおばあちゃんだったな…まだまだ私は“青い”なぁ。まだまだ行きたいなぁ。