IMG_2044山形交響楽団 第270回定期演奏会
2018年6月9日・10日 山形テルサホール

指揮&ホルン:ラデク・バボラーク

<プログラム>
モーツァルト/歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」序曲 K.588
モーツァルト/ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412
レオーネ・シニガーリャ/ロマンス 作品3(ホルンと弦楽合奏のための)
ミロシュ・ボク/交響的黙示録 ホ長調(山響委嘱新作 世界初演)
ドヴォルザーク/交響曲 第7番 ニ短調 作品70

===============================

この週末は仙台でレッスンの仕事があり、このコンサートは聴けそうもないや…と思っておりましたが、Yさんのご好意と数々の奇跡が重なり、無事にロビーコンサートから聴くことができました。ありがとうございます!!

ロビーコンサートはTrombone×2、Bass Trombone、Tubaの編成でTrombone Quartetを。超絶技巧の数々を楽しませていただきました。金管の柔らかでこくのある音色は本当に好きです。

さて、2年前のバボさんの演奏を聴いていないので生で聴くのは初めてなのです。なんと美しくまろやかで上品な音の数々。身構えることなく楽に音が身体の中に入ってきます。バタバタ慌ただしかった心に、まるでお薬みたいにすうっと沁みてきます。

シニガーリャ作曲「ロマンス」は弦楽合奏とともにうっとりです。歌のない歌…無言歌やヴォカリーズなどを連想しました。この奥行き、広がり、暖かさ、しっかり芯が通っていて。弦とホルンならではの得難い響きです。

今日一番聴きたかったのはミロシュ・ボク作曲「交響的黙示録」。
それぞれのセクションが数々のモティーフによって有機的に結びつきつつ、それぞれに独立した音楽がありました。例えて言えば、ひとりの人間の「細胞」が各所で「臓器」を形成するような。例えて言えば、巨大な都市に住む「人々」の、日々の「営み」を俯瞰しているような。

ときおり金管セクションの強奏(強強強奏!!!)がやってきて、全体を統率します。

…日々、それぞれお互いを必要としつつバラバラに存在しているのに、こんなふうに一斉に同じ「方向」を向くのってどんな状況だろう?…モティーフを人体の「細胞」と考えた場合、一斉に同じ「方向」を向く状況とは、外敵や病気や…つまり「危機」です。…モティーフを「街に住む人々」と考えた場合、一斉に同じ「方向」を向く状況とは…もしや不安や恐怖…もしや天災…もしや………戦争??……と、ここまで考えてゾッとしました。

なんと。だから予言である「黙示録」なのですか。 

オーケストラの皆様の熱量に圧倒されながら、 勝手に妄想を繰り広げては客席でゾッとし続けておりました。ボクさんがおっしゃるライトモティーフの意味を知りたく思いました。そうするとこの曲の正確な意味がわかるのでしょう。勝手な解釈ですみません。 

こんなわけで、ドヴォルザーク7番がとても調和のとれた平和な世界に聴こえて、現世に戻ってきた感がありました。戻ってこれてほんとうによかったです笑 

木曜日の仙台フィルを聴くことができず腐っていましたが(まだ言ってる)、今回の演奏会を聴けてとてもとても嬉しかったです。バボラークさん、ボクさん、オーケストラの皆様方、おつかれさまでした。ありがとうございました!!