Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

作曲

バセットホルントリオでございますよ

土曜日、某所にてバセットホルントリオの合わせがありました。トリオの名前は「 Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」と言い、ふざけているようにも見えますが、濃ゆいメンバーによる、立派な演奏経歴を持つ団体なのです。→(うにの五線ノートから…:日本クラリネットフェスティバルin山形
このときのブログのなかで9年前の私が「あたしが書くっ!」などと言っていますが、このあと、本当に書いてしまったのが拙作「かぷかぷかぷりす」なのです。このお三方がありがたいことにしっかり練習してくださって、今回の合わせ練習にお呼ばれとなり、拙作を初めて聴かせていただきました。

IMG_2327

左から「あん」さん、「たん」さん、「ぽん」さん。三人揃って「あんぽんたん」。ちゃんと名前の意味はあるのですが省きます(ケチ)。バセットホルンはアルトクラリネットとはまず音色が違います。平たく言えば「ふつうのクラリネットの、音域が下の方まで出る楽器」という感じです。リードも「ふつうのクラリネット」と同じです。

拙作「かぷかぷかぷりす」は、なんだかんだ言いながら小規模なシンフォニーくらいの内容に仕立てました。1楽章はソナタ形式、緩徐楽章とスケルツォ楽章を入れて、最終楽章はマーチにしてあります。形式はきっちり整えておきながら、音がネジが外れて壊れているんですよ。今更ながら自分のしわざにびっくりです。 何やってんだおい、と自分ツッコミを入れつつ楽しく聴かせていただきました。ヘンな仕掛けをいくつかしましたが…ちゃんと音になるんですねぇ。ありがとう。

練習の前後には今後の演奏会の企画を。「企画」の「企」は訓読みをすると「たくらむ」と読みますね。ふふふ。ソロも含めて楽しそうな。ピアノを練習しないとなりません。ご迷惑にならないよう頑張ります。
IMG_2324


IMG_2325あの…このお三方は基本的にとても真面目な方々だとしっかり理解しているのですけど、あくまでも「基本的」なので…。

どんなふうに基本的にかというと…メンバーのお一人あんさんからいただいたのがこのハリセン。しっかり山形新聞で作ってあります。合わせにハリセン?何をしろと?爆笑。
 

初レッスンでした

某学校からの七重奏の委嘱作品。先日みなさまのところにお邪魔して、初めて聴かせていただきました。つまり初レッスンでした。

お披露目前ですし学校のことですから、練習の様子などについては詳しくは書かないことにします。

今回の曲の内容は平和でも融和でも癒しでもありません。大人になる途中に誰もが経験する、「あの」ぐちゃぐちゃな日々、外界とも内界とも闘い続けてヘトヘトになる時期の心象風景を題材にしてみました。私にとってはずーーっとずーーっと以前に乗り越えてきたことなので、心のなかを掻き回して題材を集めるのは全く平気なのですが…この曲に命を吹き込む若者たちがもしも真正面から向き合うとすればかなりしんどいかもしれません。心(と楽器)が壊れないことを祈ります。

とは言え、具体的でないのが音楽のいいところ。どんなに吠えようが暴れようが誰かを傷つけるようなことはありませんから、各人が各人の思うところを存分に音のエネルギーに換えていってください。

この学校…二曲とも私の作品なんですよ…いいのかな………

同じようなことはいつも自分の家族にも思っていてですね……私が作った食事で生きているんだよね…大丈夫なのかな…………

IMG_2315

「さくら」🌸再演でした🌸

11月4日(日) 小林路子スマイルコンサート in 鶴岡、無事に終了しました。

路子ちゃん、演奏会のご成功おめでとうございます。 たくさんのお客様が最後まであたたかく楽しんで聴いてくださいました。路子ちゃんの日頃の努力が実ったのと永年の夢が叶ってほんとによかった。
拙作「さくら」を演奏してくれてありがとう。心のこもった演奏がとてもとても嬉しいです。 

市民ミュージカル「はちこの皇子」でお世話になった皆さまが聴きにきてくださったのが嬉しかったですー!!!貴重な休日のお時間をいただきありがとうございました。そうなんです、ミュージカル以外ではこんな感じの曲を書いているのです。

会場となった東田川文化記念館は、明治時代に創建され、平成7年に復元工事が完了した、山形県指定有形文化財なんだそうです。郡庁舎と議事堂、旧東田川電気事業組合倉庫の3棟で構成されているのだとか。趣のある建物で、お客様との距離も近く、明るい雰囲気のホールは今回のコンサートにぴったりでした。お天気もよかったし、幸せでした。ありがと、路子ちゃん。

IMG_2273

IMG_2274

IMG_2272

今頃ですがお知らせです

Twitterでは少し前にお知らせ申し上げたのですが、その後のバタバタに手と気持ちを取られ、ブログのお知らせはすっかり遅くなってしまいました。

来たる11月4日(日)、鶴岡・東田川文化祈念館にて、小林路子さんのピアノリサイタルが開催されます。ピアノソロのほか、山形交響楽団のメンバーによるピアノ四重奏やピアノ五重奏、拙作「さくら」が再演されます。

↓今年4月の初演の際の合わせのブログ記事はこちら。
ピンク色の曲を🌸

↓その本番。
みんな大好きだよ

今回は路子ちゃんの出身・鶴岡での演奏です。山形ではとてもアットホームな、笑顔にあふれたコンサートでしたが、今回もわくわくです。とことん弾きこんでぴかぴかに磨き上げる路子ちゃんのピアノと、充実した深い弦楽器の響きをお楽しみいただけます。

鶴岡方面の方々、(直前で申し訳ございませんが)お時間がございましたらぜひどうぞ。ご連絡いただければチケット承りまーす!

181017_2243_001
181017_2243_002




元気のもと。




FullSizeRender


目が疲れるのはいつものこと。ですが、最近はメガネをかけていると次第にずり落ちて来るし(いえ、もともと鼻が低いせいもありますよそりゃw)、メガネのツルがあたる耳が痛くなり、次第に頭痛がしてきてくらくらするほど。そこでメガネ屋さんでメガネを調整していただいて来ました。全然違いますね!目の疲れやすさも劇的に軽減しました。嬉しいわぁ〜

今日は午後からプールヘ。なんだか身体がとても元気です。ぐんぐん泳げます。なぜにこんなに元気なの?…と思ったけど、秋になってプールの水温が下がったからなんですねぇ。本当に親譲りの暑さに弱い体質で。
「夏来りなば冬遠からじ」
とはスキーが大好きな実父の言。未だに冬にはいそいそと出かけて行くじーさんです。

そうそう、元気な理由の話が途中でした。このところ嬉しいことが大きく二つほどあったのですよ。現在進行形も含むので公表しませんが、…どうなるか。
歳を重ねてくるに従って世の中こんなもんなのかな…と思う部分もあったのですが…自分から手を伸ばして行動すれば、(吉と出るか凶と出るかは別として)世界が動きだしますね。しっかり前を見て歩いて行こうと思います。

なんて偉そうなこと言ってますが実際には「『あっちの世界』にいってしまって帰ってこれない、作曲中のボケボケかーちゃん」です。今週、銀行の用事がごっそり抜けたから、今頃は子どもその2が困窮していることでしょう。食料品は近くにコンビニがあるので死なないで済んでいます。ありがたやありがたや笑

というわけで、『あっちの世界』で遊んでいます。つまり作曲中なので、そのほかがいろいろダメダメです。友人Kちゃんによれば「エクトプラズマが出たり入ったりしている状態」なのだそうです。おそろしや笑  でも、まぁ、ココロがすっ飛んでしまって魂の抜け殻みたいになってますから、あながち間違いではなさそうです。おそろしやおそろしや笑笑

プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: