Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

作曲

あんぽんたんの皆さまと

春ですね。春なのに今日は雪です。昼になって陽が差して来ましたが風が冷たいです。皆さま風邪など引いていらしゃいませんか。あったかくして過ごしましょうね。

ところで、先週はバセットホルントリオ「Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」の皆さまと2回の本番をご一緒しました。
まずは先週火曜日の「東北の作曲家 2019 in 仙台」の様子をご報告しましょう。仙台市宮城野区文化センター・パトナホールでのリハーサルはこんな感じです。 
 
IMG_2572

あっ、念のために申し上げておきますが、バセットホルンて「ホルン」じゃないです。低い音も出るクラリネットです。
 
このホール、天井がたかーーーくて、ほそながーーーいんですよ。響きもとても上品です。このホールで愉快な三人のために書いた「かぷかぷかぷりす」の初お目見えとなりました。
 
一人で練習していると「ほんとうにこれでいいの?」と不安になってきて、どうしても三人で合わせて確かめてみないとならない気持ちになってしまうけど、合わせたら合わせたで吹き出してしまう(談:トリオ・ディ・アンポンタン)という、全くもってヘンな曲です。うっかり油断して間違えると、美しい和音になってしまうという数々のトラップを仕掛けました。不安定さは美しさのすぐ隣にあり、不安定さは笑いと同義である。という私なりの哲学です笑笑笑。
 
本当は15分以上かかる曲なので、二箇所ほどカットして10分ほどに。作品発表なのになんでカットするの?という声もありましたが、自分ひとりのコンサートでは無いのでして。

そして2回目の本番は、昨日の山形市七日町「瑳蔵」での『バセットホルンとクラリネットの演奏会』です。 リハーサルの様子はこちら。蔵の中の響きは、木でできた楽器たちと相性が良いように思いました❤︎

IMG_2585

本番の様子はスタッフを引き受けてくださった大澤さんに撮っていただいた写真を載せますねー♪ 飲み物付きでしたのでテーブルが出ていますが、有難いことにみっちり満席でした。アンサンブルあり、ソロあり、ハイドンやモーツァルトから現代まで、内容も長さもたっぷりで濃いプログラム。

「かぷかぷかぷりす」はノーカット完全版、正真正銘の『初演』です。

IMG_2587

終演後です。おつかれさまでしたー!

IMG_2588

今回、前半のプログラムでピアノ伴奏を仰せつかり、きちんとつとめられてホッとしました。聴きにきてくれたTちゃんには「きききききじま先生、いいいいいいいつ練習してるんですかっっっ」と聞かれるくらいにはタイトなスケジュールでしたが、手応えがありました。嬉しいです。

あんぽんたんの皆さま、拙作を演奏してくださってありがとうございました。ピアノでもお世話になりました。本番はほんとうに楽しかったです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

それぞれの演奏会と言わず、すべての演奏会において、聴いてくださるお客様あっての音楽です(この点は特に仙台のコンサートで声を大にして申し上げたい)。月並みなご挨拶になってしまいますが、貴重なお時間を割いてホールにお運びいただき、誠にありがとうございました。微力ながら今後の音楽の振興と発展に尽力してまいりますので、時に厳しく、時に暖かくお見守り下さいますようお願い申し上げます。 

 

お知らせでっす

3月に「東北の作曲家」のコンサートが今年も行われますが、2年ぶりに出品することにしました。あんぽんたんの皆様による「かぷかぷかぷりす」初お披露目です!

20190319東北の作曲家

「東北の作曲家  in 仙台」
2019年3月19日(火)19:00開演(入場無料)
 
【曲目】
 
●高橋侑子  La  forêt au printemps <初演>
 ピアノ:澤田 和歌子
 
●佐々木良純
Spiritual Awakening(精神的目覚め) <初演>
 尺八: 高橋 雲龍
 ピアノ:佐々木 良純
 
●柴田 誠太郎  新新・続けて3章 <初演>
 E♭管クラリネット&B♭管クラリネット:野本 淳之亮
 ソプラノサックス&アルトサックス:井内 貴仁
 
●松野秀映  銀の辻風 <初演>(ヤングコンポーザーコンサートin東北委嘱作品)
 クラリネット:副島 謙二
 ピアノ:阿部 玲子
 
●門脇治   色彩が叫んでいた <初演>
 クラリネット:叶 光徳
 
●小山和彦  ピアノのための幻想曲 <初演>
 ピアノ:福原 佳三
 
●遠藤安彦   Cl. Pf. とSop. のための5章 <再演>
 クラリネット:副島 謙二
 ピアノ:阿部 玲子
 ソプラノ:熊谷 美奈子
 
●木島由美子  バセットホルン三重奏のための「かぷかぷかぷりす」 <初演>
 バセットホルン:Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)

========================

昨年度ヤングコンポーザーコンサート選出者12人の中から更にお一人だけ選出された方が松野秀映さんです。今回の「東北の作曲家」ではヤングコンポーザーコンサートからの委嘱作品が発表されます。その他このコンサートの実行委員のうち4人(高橋、門脇、小山、木島)がエントリーしました。

新しく生み出される音楽にどうぞご期待ください!

ええと。私の作品について念のために断っておきますが、バセットホルンのユニット名も曲名も正式名称です。詳細はこちらの記事へgo!

バセットホルンという、ほとんど見かけないけど魅力的な音のする楽器が三本も山形にあるんです(ほんとはもっとある…ことを私は知っているふふふ)。このニクい楽器に深い愛情を注ぎ、誠意と熱意を持って演奏してくださるお三方です。今回はハリセンは無しです。たぶん。
どんな楽器か、どんなメンバーか、どんな音楽か、どうか目撃しにいらしてくださいね!いや、目撃じゃなかった。耳撃ですね笑
 

バセットホルントリオでございますよ

土曜日、某所にてバセットホルントリオの合わせがありました。トリオの名前は「 Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」と言い、ふざけているようにも見えますが、濃ゆいメンバーによる、立派な演奏経歴を持つ団体なのです。→(うにの五線ノートから…:日本クラリネットフェスティバルin山形
このときのブログのなかで9年前の私が「あたしが書くっ!」などと言っていますが、このあと、本当に書いてしまったのが拙作「かぷかぷかぷりす」なのです。このお三方がありがたいことにしっかり練習してくださって、今回の合わせ練習にお呼ばれとなり、拙作を初めて聴かせていただきました。

IMG_2327

左から「あん」さん、「たん」さん、「ぽん」さん。三人揃って「あんぽんたん」。ちゃんと名前の意味はあるのですが省きます(ケチ)。バセットホルンはアルトクラリネットとはまず音色が違います。平たく言えば「ふつうのクラリネットの、音域が下の方まで出る楽器」という感じです。リードも「ふつうのクラリネット」と同じです。

拙作「かぷかぷかぷりす」は、なんだかんだ言いながら小規模なシンフォニーくらいの内容に仕立てました。1楽章はソナタ形式、緩徐楽章とスケルツォ楽章を入れて、最終楽章はマーチにしてあります。形式はきっちり整えておきながら、音がネジが外れて壊れているんですよ。今更ながら自分のしわざにびっくりです。 何やってんだおい、と自分ツッコミを入れつつ楽しく聴かせていただきました。ヘンな仕掛けをいくつかしましたが…ちゃんと音になるんですねぇ。ありがとう。

練習の前後には今後の演奏会の企画を。「企画」の「企」は訓読みをすると「たくらむ」と読みますね。ふふふ。ソロも含めて楽しそうな。ピアノを練習しないとなりません。ご迷惑にならないよう頑張ります。
IMG_2324


IMG_2325あの…このお三方は基本的にとても真面目な方々だとしっかり理解しているのですけど、あくまでも「基本的」なので…。

どんなふうに基本的にかというと…メンバーのお一人あんさんからいただいたのがこのハリセン。しっかり山形新聞で作ってあります。合わせにハリセン?何をしろと?爆笑。
 

初レッスンでした

某学校からの七重奏の委嘱作品。先日みなさまのところにお邪魔して、初めて聴かせていただきました。つまり初レッスンでした。

お披露目前ですし学校のことですから、練習の様子などについては詳しくは書かないことにします。

今回の曲の内容は平和でも融和でも癒しでもありません。大人になる途中に誰もが経験する、「あの」ぐちゃぐちゃな日々、外界とも内界とも闘い続けてヘトヘトになる時期の心象風景を題材にしてみました。私にとってはずーーっとずーーっと以前に乗り越えてきたことなので、心のなかを掻き回して題材を集めるのは全く平気なのですが…この曲に命を吹き込む若者たちがもしも真正面から向き合うとすればかなりしんどいかもしれません。心(と楽器)が壊れないことを祈ります。

とは言え、具体的でないのが音楽のいいところ。どんなに吠えようが暴れようが誰かを傷つけるようなことはありませんから、各人が各人の思うところを存分に音のエネルギーに換えていってください。

この学校…二曲とも私の作品なんですよ…いいのかな………

同じようなことはいつも自分の家族にも思っていてですね……私が作った食事で生きているんだよね…大丈夫なのかな…………

IMG_2315

「さくら」🌸再演でした🌸

11月4日(日) 小林路子スマイルコンサート in 鶴岡、無事に終了しました。

路子ちゃん、演奏会のご成功おめでとうございます。 たくさんのお客様が最後まであたたかく楽しんで聴いてくださいました。路子ちゃんの日頃の努力が実ったのと永年の夢が叶ってほんとによかった。
拙作「さくら」を演奏してくれてありがとう。心のこもった演奏がとてもとても嬉しいです。 

市民ミュージカル「はちこの皇子」でお世話になった皆さまが聴きにきてくださったのが嬉しかったですー!!!貴重な休日のお時間をいただきありがとうございました。そうなんです、ミュージカル以外ではこんな感じの曲を書いているのです。

会場となった東田川文化記念館は、明治時代に創建され、平成7年に復元工事が完了した、山形県指定有形文化財なんだそうです。郡庁舎と議事堂、旧東田川電気事業組合倉庫の3棟で構成されているのだとか。趣のある建物で、お客様との距離も近く、明るい雰囲気のホールは今回のコンサートにぴったりでした。お天気もよかったし、幸せでした。ありがと、路子ちゃん。

IMG_2273

IMG_2274

IMG_2272

プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: