Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

編曲

広いテーブルがあるカフェにて

IMG_1891またこれをやってました。
某カフェで楽譜書き。

写真は3月のものですが、同じシステムでの作業なのでこのまま挙げておきます。

作曲は外ではできません。私の内側で鳴っている音を追いかけるので、BGMなど他で音が鳴っていると気が散りますから、仕事部屋に籠って全く独りの状態でやります。(某S村河内さんもそんなことを言っていたような)(私に影武者などいません)(そんな身分ではありません)

編曲なら割とどこでもできます。周囲で多少音が鳴っていても平気です。そりゃクルマや電車の中は無理ですが、このシステムを広げることが出来て落ち着いて座れるところならOKです。「落ち着いて」というのが大事です。入力用のキーボードは小さくてもちゃんと用事を足してくれますが、打鍵の角度が悪いと反応が鈍いのです。だんだんん力がぁぁぁ入ってえぇぇぇぇしまうのです。落ち着いたところでないと打鍵の際にガタガタうるさくて周囲にご迷惑を…というより私が嫌なのです。

ところで、以前、仕事場を外に借りていたくらいなので、やっぱり自宅での作業だと辛いときがあります。(別に招いていない類の)訪問客、すぐ近くの公園で遊ぶ子どもの声、大人の声。その他電話やら家事やら。今日は朝から賑やかだこと。千客万来。いやいやいやいや。待って待って。仕事とアタマが切り替えられない。あうあう。

ダメだこりゃ。ってなわけで、今日の編曲作業はカフェに逃げることに。作業を始めたら濃厚な弦楽アンサンブルに知らず知らずに没頭してしまい、ハッと我に帰ると猛烈におなかが空いていることに気づきました。始めたのは午前中のはずだったけど…お昼を食べるのを忘れて午後4時近く。長時間居座ってしまってカフェにご迷惑をおかけしてしまいました。すみません、ごめんなさい。お詫びにコーヒーをおかわりしてサンドイッチを食べました。

音楽とコーヒーと。

疾く過ぎ行くな 美(はる)の中の美(はる)

なんてね。くふふ。


 

見下ろす。

IMG_1910IMG_1911IMG_1912週末も電車に乗って仕事へ。

仙台はいいお天気。もうジンチョウゲがほころび始めていて、花粉症対策のためのマスクをしていても香りがわかるほどはっきりと存在を主張していました。なんて良い香り♡

仕事のあと電車の時間まで某カフェで楽譜書き。市民の皆様を高みから見下ろす場所で、なんだか偉くなったような錯覚に陥りつつ、じっくり推敲しました。全体の音の流れや響きをイメージしつつ楽譜のすみずみまで細かく細かく点検していきます。テンキーを持って行ってよかった…臨時記号を編集するのにだいぶ役立ちました。
仕事部屋だと集中しすぎて疲労困憊、ヘロヘロになるので、試しにカフェでやってみたのですよ。周りがざわざわしているためかちょうどいい感じ。でもここに通うとコーヒー代がかさむのが悩みよね。

このあと、山形に戻って山形大学音楽科の作曲作品試演会へ。学生のみなさんが編曲や作曲を学んだ成果を聴かせていただきました。素晴らしい。伸び盛りですね。



 

ご教示願いたく

トランスレーションアレンジ、推敲の段階に入りました。へとへと。天国のジャン・シベリウス氏に電話をかけて質問したい。もしもし…?突然すみませんがちょっと教えてくださいな。

44 デクレッシェンドの記号かdim.moltoだけじゃだめ?



57

記号二つをつなげちゃだめ?


09上下に分厚く重なっているのに、さらにまた
クラリネット(Bb) G音、
ファゴット(Tenor記号)Fis音。
ぶつかりまくってますが。
減三和音+長7、
わざわざこの音域に長7度を持ってこなくても…汗


07他のパートがばしばし鳴ってるのに
フルートのこの音域じゃ聞こえなくない…?


12各パート、フォルテシモ1こずつじゃだめ?
しかも最下段ファゴット2nd、めちゃムズいよ?まぁ…フォルテシモだから頑張ってもらおか…。







24フルート(上段:ト音記号)とファゴット(下段:ヘ音記号)の間が1オクターブ空ける響きが好きじゃないんですが…( G dur 属7第三転回形ですねん)

しかもなんでまたファゴットのひく〜〜〜い音域に2度とか3度とか。これがものすごく苦手。例えばドヴォルザークの9番4楽章のファゴット3度(前半のクラリネットソロの手前)は面白かったんだけどジャンのは苦手…


ここに載せたのはほんの一部。一日中こんなようなことと戦っております。しかしジャンの持ち味を殺してはなりません。ぶつかりまくる音程も、この響きの「苦味」がジャンの音楽のひとつ。全体の音楽そのものは、ものすごくわくわくして過剰にアドレナリンが分泌されてぴゅーんと走り出したいくらいに爽快な音楽なのですが、一方でこの「苦味」が内包されているのです。この独特の持ち味を大事にしたいのです。

もう少しです。ところどころの響きが苦手で特に音の配置がちょーストレスなのですがちょー我慢して楽譜書いてます。花粉症の季節、これ以上ひどくなりませんように〜〜





 

ジレンマジレンマ

相も変わらず楽譜書きの話です。

IMG_20180310_220954編曲をする際は、原譜をパソコン隣の譜面台に置き、それを読みながら作業することが多いです。歌の譜面やピアノ譜や、オーケストラや吹奏楽のフルスコアならこれができます。しかしポケットスコアを読みながら編曲となると、音符が小さくて読めません。読みづらいどころか読めません。

そこでスコアを手元近くに持って来たいのですが、今度はページがめくれてしまうので、洗濯バサミでとめたりしていました。けど、なんか色気ないし、かさばります。 かさばるのを気にして小さい洗濯バサミを使うと、今度はページ数が多く厚みのあるスコアの場合はとめておくことができません。

FullSizeRenderそこでいろいろ試した末に行き着いたのが現在使っているこのクリップ。しっかり止まるのに薄くてかさばらず快適です。(ただしとめる場所がよくないと一部非常に見づらいのが玉にキズ)

楽譜の他にも、授業や講座の資料を作るときは、本などを何冊も部屋に広げたままパソコンに向かうので、このクリップをしおり代わりに使うこともあります。普通のしおりよりも存在感がありすぎるので、決して迷子になることがなく大変便利です。(ただし、存在感ありまくるので外に持ち出して仕事できないのが玉にキズ)

このクリップ、いろいろ種類があるから集めようかな。音符と言ったら黒ですが、黒のクリップは使いません。大量に読み続け&書き続けなくてはならない音符や文字がもともと黒いため、わざわざ黒でないものを選びます。少しでも目に負担がかかるようなものは避けたいので。私はね。

クリップ 音符 ミュージック 文房具 音楽 かわいい おもしろ 雑貨 cp-005
 
(なんかおもしろ雑貨になってますが笑)


今日、編曲もクライマックスに差し掛かりました。おおお〜〜〜気持ちが全部持って行かれてしまいます。外は春の日差しが明るく輝いていましたが、私の中ではずっと嵐でしたよ。びょぉぉぉ〜〜〜う

 

アタマがひまで手が忙しいとき

はい、編曲中です。
ある編成からある編成へ移す「トランスレーションアレンジ」です。原曲を譜面に忠実に書き写す作業も含みますので細かく神経を使います。しかし新たに音楽を生み出すというクリエイトの部分のアタマはあまり使いません。

クリエイトな部分を使うときは時間が吹っ飛びます。だいたい集中し始めるのがお昼近くなのですが、気づくと夜…なんてことが起きます。しかしですね。この部分を使わないとダレるのです、私。怠け者ですから。

そもそもなんでトランスレーションアレンジなんか引き受けるんだ、というご指摘を過去数度ほど受けましたが、答えは簡単です。「大作曲家の考えたことを隅々まで勉強できるから」。それぞれの作曲家に良さがあって、毒があって。フレーズの端から端、アーティキュレーションの位置、それぞれの楽器の音域の使い方、ダイナミクスの付け方、こんなに集中的に勉強できるのはスコアを読むだけじゃ足りません(私はね)。

しかし飽きるのです。なかなか集中できない。忠実に書き写すというのが苦手で。もともと他人の言うことをそのまま素直にやるのがあまり好きではない…いや、苦手…じゃなくて嫌いです。どうしても「なんでそうなるのか?」を考えてしまう。ヘソマガリですから。おヘソは普通に前についていますが実は360度曲がっているんです。

IMG_1891あまりに飽きるので、試しに仕事部屋の外に出てみることにしました。MacBookで簡易システムを構築しましたので、某カフェで試してみることに。つまり「どうしてもそれをやらなければならない」状況を作ってみたのですよ。

ちびキーボードだけでなく、ちびテンキーも使いますので、まぁ場所を取りますね。はっきり言えば迷惑な感じです。音は出しません。確認のための音はイヤホンで聞きます。お店が空いている時間帯なら勘弁してもらおうかな。

ん〜〜ちびテンキーは「=」が打ちにくい。これと戦っているとなんとか集中できて少し進みました。

そうか。なにか苦痛があれば集中できるんだ。笑





 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: