Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

レッスン

お遊びではないの

我が家には中学生以下の子が四人、ピアノレッスンに来ています。 
たった四人ですがレッスンは丁寧に、を心がけています(当たり前だ)。弾くだけでなく、歌う・読む・書くなどの知識も丁寧に、かつ楽しく覚えさせたいもの。しかし…小さい子の興味を惹きつけ続けるのは難しいです。すらすらと音符が読めるようになるところまで辿り着くのがツライんですよ。

IMG_2103先日お会いした渡部一恵先生に教えていただいたのがムジカノーヴァ 2018年7月号の付録、「おんぷすごろく」。
子どもたちにこれを見せたら、カラフルなト音記号を見たとたんに「なに?なに?」と興味を惹かれたもよう。

サイコロを振ってコマを進めていくと「リズム」「読む」「聴く・書く」「歌う」などなどいろいろな指示があります。ムジカノーヴァではカードを使ったりして様々応用していましたが、ここは一恵先生に教えていただいたようにシンプルにテキストを使ってみました。
「リズム」は新曲のリズムを読んでリズム打ちをします。「歌う」では新曲のメロディを歌います。「聴く・書く」は弾けるようになった曲を私が弾いて聴かせてドレミを確認したり音当てさせたり、ワークブックをやったり。
3〜4回サイコロを振って遊んでいるうちに、だいたい新曲のリズムが分かり、音が読め、メロディが歌えるようになるので、もうある程度弾けてしまうんですよ。すごろくを進んで行く楽しみのためにレッスンがさっさと進み、内容をパッパッと素早く切り替えられ、これはありがたい限り。先週と今週、変化をつけつつ「おんぷすごろく」をレッスンで使ってみましたが、効果抜群でした。

IMG_2105すごろくのサイコロは一恵先生にいただきました♪ 最初の週は数字のものを使いましたが、2週目の今週は数字の代わりに音符を書いたものを。
(四分の四拍子として)四分音符(=1)、二分音符(=2)、付点二分音符(=3)、全音符(=4)、四分音符+付点二分音符(=5)、二分音符+全音符(=6)。
低学年の子はサイコロ1個。学年が高い子はサイコロ2個で足し算です。

IMG_2077そして、すごろくと言ったらコマ。どうしようかなぁ…と思っていたらやっぱり一恵先生にいただきました♪ 一恵先生の手作りです。すごい。粘土で作ってあるんですよ、なんてかわいいんでしょう。どちらも子どもたちにとても人気です。この子たちをコマにして、音符のサイコロを振って、カラフルなすごろくで遊ぶレッスンとなりました。私もとても楽しみました。一恵先生、ありがとうございます。

ということでピアノ指導者の方々、「おんぷすごろく」おすすめですよ!(音楽之友社の回し者ではありません〜)

ちなみに、レッスンについては現在ピアノレッスンは(これ以上は)受け付けておりません。作曲・和声学レッスンだけ受け付けております。ご希望の方はブログ左側のプロフィール欄下のメッセージを使ってご連絡ください。





 

作曲レッスンですよ

さて、わたくしが実行委員・副代表を務めさせていただいております、
「ヤングコンポーザーコンサート in 東北」

東北在住or出身の22歳までの方の作曲作品を、プロの演奏家に演奏していただいて演奏会をしようという企画です。今年もそれぞれ個性的な作品12作が選出されました。
5月に選出作品の発表があり、6月には、実行委員四人によるそれぞれの作品への無料レッスンが行われているところです。

無料とは言っても我々実行委員は手抜きはしません(できません)。出来る得る限り譜面を読み込み、作曲者に対して何ができるか、何を言えばいいかを作曲者の年齢も含んで考えます。そのひとそのひとの良いところ、可能性、どんな風にすれば成長して広がっていけるかを考えます。

良い音楽=「優秀な作品」ではありません。理論的に破綻が無く、形式をきちんと守れば良い曲だとは限りません。(その逆はあることはあります。良い曲は理論的にきっちり書けている…こともある…例外ももちろんありますし諸説ありますが省きます←乱暴w)

レッスンでは「そのひとの個性をみとめる」ことがとても大事だと思っています。師匠が私を認めてくださったように。ここで音楽を書いてていいんだと、ここで音楽ができるのだと、思えるように。

偉そうなことを言っておりますが「これでいいんだろうか」と悩みながらの活動です。譜面を読みながら教えられることも多いですし、瑞々しい音楽に心を動かされる日々です。各楽器店のマネージャーさん方にお会いするのも様々なお話を伺うことができて刺激的ですし、8月の本番に向けて演奏家の皆様にお会いできるのも楽しみです。22日の大伏啓太さんのピアノリサイタルに行くつもり♪

ところで…この活動を支援してくださるかたを募集中です。若者を支援したいので、参加費やコンサートチケットは出来るだけ安価に抑えてあるのです。詳しくはこちらをご覧ください。→協賛金のお願い ご連絡いただければご挨拶に伺います。

あのですね、ヤングコンポーザーコンサートという名前が長いんですよ。メールのタイトルにしても肝心の要件を書かないうちに省略されてしまうから、後から探すのに苦労したりして。なんとか呼びやすい名称にしたいのですが…。何か良い案はないかしら。

ヤングコンポーザーコンサートの仕事のためだけに仙台往復することもあるのですが、電車を使ってなんだかんだと楽器店まで歩くと往復で1万数千歩。健康的♪ でもヒールのある靴では歩けないし靴が痛むのよ💧

そのついでに仙台にいる娘に会ってきたりします。先日はいっしょにご飯を食べました。デザートもつけておなかいっぱい。いいでしょう〜♪ ちょっと自慢。でも痩せないの、がんがん歩いてるのに(爆)
IMG_2046









 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: