The toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

コンサート

山形交響楽団 第268回定期演奏会!

山形交響楽団 第268回定期演奏会
2018年 4月7日(土)/8日(日)山形テルサホール

指揮:オッコ・カム

<プログラム>
シベリウス/交響詩「フィンランディア」
シベリウス/交響曲第7番 ハ長調 作品105
シベリウス/交響曲第2番 ニ長調 作品43

============================

今回の定期は、創立者=村川千秋氏の時代から、永年「山響のサウンド」として育んで来たシベリウスの作品を集めた演奏会です。世界的権威の巨匠=オッコ・カム氏の指揮でどのような音楽が聴けるのか、非常に楽しみでした。そういえば、村川千秋さんの、音楽の喜びに満ちたあの『カレリア』を聴いたのは第200回定期のときでしたから、だいぶ時間が経ちましたね…。

オッコ・カム氏の指揮は、自分の音楽に溺れたりしません。理性的であり、必要以上に煽ったり緩めたりはありません。しかし細部まで目と耳と手が行き届き、的確な指示を…そう、まるで大きな船の船長さん(ヤンネくんはキャプテンっておっしゃってましたね)のような。「乗組員」は安心して「航海」に乗り出せるような指揮だったのではないでしょうか。
特に交響曲2番の第3楽章の後半、長い長いクレッシェンドのあとの第4楽章への瞬間は「感動しろ」と言わんばかりのAllargandoではなく、舞台からふわぁ〜っと光があふれてきて包まれるような、本当に幸せな瞬間で。そこからもうボロボロ泣きっぱなしでした。交響詩「フィンランディア」も、濃すぎない味付けのナチュラルな音楽がかえって聴き手のイメージを掻き立ててくるような音楽でした。

ジャンの音楽は、やはり弦楽器出身の作曲家らしくとても洗練されていて、弦楽器群の美しさを堪能できました。が、やはり管楽器のオーケストレーションにかなりクセがあり、かなり意識してオケを「交通整理」しないと作曲者が意図したであろう要素が浮きだして来ません。7番もそういう箇所がたくさんあり、オッコ・カム氏が「まだまだ勉強しなければ」とおっしゃるのも頷けます(生意気ですみません)。様々な要素が複雑に絡み合ったなかに現れる、うっとりするTrombone soloも、弦楽器群やHorn他の強奏の中で美しく聴かせるのにバランスを取るのがとても難しそうです。
それにしても…ジャン・シベリウスは19世紀後半〜の作曲家だよね…?2番のラスト、あんなに Tubaと Contrabassがカッコいいことしてるのに Timpaniが全てかき消してしまうのはなぜ?ジャンの時代はTimpaniはもっと響かなかったの?でもBassをTimpaniだけに受け持たせている場面もあるから楽器のせいで響かないってことはなかったよね?
低音に3度を集めるのは、開離の和音とBassが結果的に3度になっているからであって、それが金管の強烈な印象につながる場面もある…けど、やっぱりこの音域の3度が好きなんだよね?ジャン。私 Fagott吹きだったから、この重さがものすごく気になるの。でも上野さんも鷲尾さんも素晴らしかった!!このくらいの迫力とスタミナが無くちゃ、ですね!!
あと、2番の4楽章ラストでA管Clarinetの音が無くなる瞬間を聴く(見る)のを忘れました( 注:Clarinetのお二方をdisっているわけではありません)。この素晴らしい音楽の最後にちょこっと現れるオチャメな部分を聴きたかったんだけどな〜

楽譜は、それだけではただの記号です。それにもとづいて音を出すだけでなく、演奏者が共感する何かを見出してこそ初めて音楽として流れ出すのです。オッコ・カム氏の指揮によってオケの魂が宿る瞬間を確かに聴いたと思います。演奏会に行けて本当に良かったです。

実は山形交響楽団の定期演奏会を聴くのは1年2ヶ月ぶり。自分の演奏会のリハーサルや本番、締め切りや家の用事などの諸事情でこうなってしまったのですが、やっと、やっとやっと聴けました。久しぶりに聴く山形交響楽団は、何人かの楽団員さんがお辞めになったり、新顔の楽団員さんやエキストラの方々が入られたりして耳馴染みのない音がいくつか。響きとしても刷新された印象がありました。
 
Yさん、お世話になりました。ロビーでは久しぶりに友だちや演奏家の皆さんにも会えたし。ありがとうございました。とても楽しかったです!!
 

東北の作曲家 in 仙台!でした

♪東北の作曲家2018 in 仙台
2018年03月19日(月) 19:00〜/仙台市宮城野区文化センター パトナホール  

<プログラム(演奏順)>
 
 我妻 英/断章 無伴奏ヴァイオリンのための <再演>
(ヤングコンポーサーコンサートin東北2017選出作品)
  ヴァイオリン:小山 あずさ
 
遠藤 安彦 /7 days/full of heart <初演>
  ピアノ:阿部 玲子
 
小山 和彦 / 独奏フルートのための〈風の森〉 <初演>
  フルート:白戸 美帆
 
門脇 治 / ツガウヌ <初演>
  ヴァイオリン:小山 あずさ ピアノ:澤田 和歌子
 
宮城 純一 / 紙の舟 Ⅱ 独奏ヴァイオリンのための <初演>
  ヴァイオリン:小山 あずさ
 
柴田 誠太郎 / すてきな前奏曲 ~独奏ピアノのために~ <初演>
  ピアノ:柴田 誠太郎
        線の行方 <初演>
  ヴァイオリン:大森 響  ピアノ:柴田 誠太郎
 
高橋 侑子 / antinomy <初演>
  ヴァイオリン:小山 あずさ  ピアノ:澤田 和歌子

==================================

今週月曜は年に一度の「東北の作曲家」のコンサート。今年度は諸事情により出品しませんでしたが、皆様の個性溢れすぎる作品の演奏を楽しませていただきました。それぞれ作曲家の心象風景を眺められてとっても面白かったですよ!それぞれ感想を書くと長すぎるので省きます(ケチ)。

1曲めの我妻くんの作品は、今年度の『ヤングコンポーザーコンサート 2017』選出作品(8月20日本番)からさらに選ばれ、今回の出品となった曲です。彼は山形に住む現在高校三年生。中学生まで私のところにレッスンに来ていた生徒さんです。立派になったねぇ。という感想よりも、 8月の西本さんの演奏と今回の小山さんの演奏、どちらも素晴らしくてじっくり聴き入りました。演奏家が違うと印象がだいぶ変わりますね。「絵の具」の素材がまるで違う、同じ風景を描いた絵を見ているような。

この『ヤングコンポーザーコンサート』は、「作曲するひとがどんどん育ってほしい」「若い作曲家に演奏のチャンスを」と、小山和彦代表が東北の作曲家の仲間に呼びかけて始めた企画なのです。 今のところ非常にマイナーな(しかも引かれがちな)分野ですが、なんとか「自分のアタマで考えて表現する」人間がひとりでも多く育って欲しいと願っています。

20180319東北の作曲家IMG_1915 
 

振り返れば。

一昨日のことになってしまいましたが、覚え書きです。

「マジカルパーティー with  MUSICIANS」無事に終わりました。
プレイヤーの皆様お疲れ様でした。
スタッフの皆様もお疲れ様でした。

私はアレンジャーという、本番ではいなくてもいい役割にも関わらず
チームの皆様の熱い想いを間近に見て感じた五日間でした。

2017-11-16-20-30-012017-11-18-17-15-592017-11-19-19-12-28










左から、仙台公演、米沢公演、山形公演です。

アキットくんのパフォーマンスは初めての方も多くいらしたようですが
楽しくて贅沢なひと時を楽しんでいただけたようですね。

特筆すべきはお客様の集中力です。
後半の演目に、演奏時間10分ほどのヴァイオリンソロが入りますが
大人ももちろん、小さな子も集中して聴き入るのが良くわかりました。
『with MUSICIANS』の公演はどこでもそうですね。
どうしてなのでしょう?アキットくんの魔法でしょうか?

最後のパントマイムは
(今だから告白しますけど)編曲時からうるうるしていましたが
お客様の中にもやはり涙する方が大勢いらっしゃいましたね。
お三方の確かな技術と表現力の素晴らしさ。
しみじみと伝わるものの深さと大きさに心を揺さぶられます。
「また見たい」「また来てくれないかな」の声も頂きました。

さて、エネルギーをたくさん頂きました。
また次に向かって走り出します!

週末はね、

今週末は仙台に連日通ったりしてだいぶバタバタしたのですが、
久しぶりに会った友だちと話し込んだり、ずっとやりたかったことが出来て
かなり有意義な時間を過ごせてとっても楽しかったのですよ。 

2017-09-09-22-35-53土曜夜は師匠が山形にいらしたので、Yちゃんと共に晩ご飯。
Yちゃんとは本当に本当に久しぶりに会ったのです。
ハナシが積もり過ぎてヒマラヤ山脈のようになってしまって
話しても話してもまだまだ終わらず、師匠と別れてからも
ジュースを飲み飲み深夜まで話し込みました。
そうね、子ども達が小さい頃には考えられなかったな。

土曜夜のまとめ。
「普通に生きるのは結構タイヘン。
 けっっっっっっこう、タイヘン。」 

師匠は何の用事で山形にいらしたのかというと、翌日のコンサートのため。
女声合唱団「コールファンタジー」の演奏会第二部で先生の曲が演奏されました。
『女声合唱とヴァイオリン・ピアノのための「カレンダー」(2017年山形初演版)』
12ヶ月分の歌詞がありますが、奥行きと緩急のついた音楽で
立体的に全体を表現した、印象深い作品です。(…としか言えない…語彙なさすぎ)
ヴァイオリンの使い方が先生らしくて、うっとり聴き入りました。

ついでに言うと、私の曲の初演でもあったんですふふふふ
一番最初の最初、幕前での歌…ふつうは歌わないよね、っていう歌詞。

2017-09-10-10-13-45そしてですね、先週、この曲の演奏を聴きに
コールファンタジーbelleの練習にお邪魔した時
着替えや場面転換に人手が足りなさそうだったので
ついつい「裏方やりますよ」って言ってしまったの。

例えば劇団での裏方は劇が分かってないと難しいから
(つまり練習に頻繁に出ないと難しいから)
毎年毎年はやれないので羨ましかったんですよ💧
こんなことを言うと劇団関係者に爆笑されそうですが💧

2017-09-10-10-16-35いつもいつもお世話になっている合唱団ですから
裏方=クロコをやらせて頂けることになったので
ワクワクしてしまって。
このようなものも貸して頂いて→
ピアノや椅子や譜面台運びをしました。
皆さんの足を引っ張らないようにと願いながら。
あっ。効果音や緞帳下ろしのきっかけもやりましたよ笑
念願が叶って嬉しかったデス。
K岡さん、K井さん、合唱団の皆様ありがとうございました。

いや、冗談でも何でもなくて、本当にクロコ好きなんですよ。
いつも立場的に出来ないというか…ひらのにはキビシク止められるし…。
表に出てなんだかんだするのも良いんですが、お手伝いもものすごく好きなのでした。
初演後の舞台でのご挨拶もクロコ姿で出てしまいましたが、
お客様にはイマイチ作曲者だということが伝わらなかったかもしれませんね笑

なんてブログに書いちゃって良いのかしら。
良いことにします。だからカテゴリは「ないしょ」。ふふ。






 
プロフィール

kijimayumiko

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ