Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

コンサート

ひとと会うこと

みなさまお変わりありませんか。
…と、またこの言葉で始めてしまいます。こんなご時世ですからね。

 なるべく人混みは避けて、なるべく不要な外出をせず、室内の換気をよくして手洗いうがいをすること。 しっかり栄養を摂って充分な睡眠を。はいはい。そうですね。そうなんです。そうなんですが。

 先週、私の仕事部屋で作曲レッスンを受けていたSくんが遊びにきてくれました。音大3年生になるんですね、早いなぁ。大学のこと、先生のこと、レッスンのこと、書いている曲のこと、演奏会のこと、私の曲のこと、いろいろ話してあっという間に時間が経ってしまいました。周りの学生がみんなパソコンで楽譜を書いていて、最初からパソコンの人もいて凄いなぁと思ったんだそう…でもそれは違うと思うよ。パソコンの画面だけで見渡せる範囲なんて限られているもの。手で書けて、手でイメージした音が掴めて、手で響きが作れるようになって初めてパソコンだと私は思う。私は今は「主婦の乾燥機付き全自動洗濯機的存在」としてパソコンを使っているけど、たっぷり時間と(主に経済的なw)余裕があれば手書きしたいもん。
 Sくんから東京みやげをもらいました。東京ばな奈〜♡「しかも、チョコはみ出してる」笑笑

IMG_3487

 土曜昼、10代のお二人の演奏会に出かけました。ごく小規模の、予約したお客のみの演奏会です。
 膨大な時間とエネルギーを音楽に注ぐ年若い演奏者の、伸び盛りの音楽に心からの拍手を。それと、子どもたちのチャンスを奪わず、音楽と向き合う彼女らをしっかり受け止めサポートすることを決意をした保護者の方々に心からの敬意を表します。 そうです、芸術も才能もいつでも伸びていくものではないし、いつでもそこにあるものでもありません。守り育てる姿勢が本当に素晴らしいと思いました。

 土曜夜は山形交響楽団第283回定期演奏会・無観客ライヴ配信を。細かい音や低音をしっかり聴きたくて仕事部屋のオーディオに繋いであるパソコンの前に座りました。スマートフォンやタブレットだとだいぶ印象が違うかもしれませんね。でも(学生の頃から何度も何度も経験したことですが)素晴らしい演奏はマイクを通そうが録音しようがどんな環境だろうが関係なく伝わるものがありますね。ホンモノ、ってやつです。
 それでも生演奏はなにものにも代えがたいですよ、直接エネルギーを受け取れますから。神尾真由子さんのヴァイオリン協奏曲のときに2.3万人が視聴というのを見かけたのですが、今回の配信で山形まで足を運んでくださる方が増えるといいですね。 

 先の見えない不安な毎日。ですが、人はひとりでは生きられないんだなぁ…としみじみ思います。会いたいひとと会い、行きたいところに行き、聴きたい演奏を聴くこの数日でした。音楽は聴いてもらってこそ価値が出ます。音楽家は音を出してこそ。作曲家は音を書いてこそ。目の前のやるべきことをやらんとなー。月曜からは行かなくてはならないところに行き、やらなくてはならないことをやらないとなりません。終わったら少しボーッとしないと曲の続きが書けないかも。

 昼間の演奏会の帰り道、「ででっぽっぽ〜」と鳴くキジバトを見かけました。人間界のウィルス騒ぎなど彼らには関係ないんでしょうか…?でも鳥インフルエンザなんかがあるし、彼らは彼らで大変なのよね?意識などしてないと思うけど笑 こうして彼に<会う>ことも貴重な感じがしました。
とても。

IMG_3489



 

お知らせです。山形/大阪/奈良

本番三つのお知らせです。が、地元の方にはあまりに遠いのでお知らせしたものかどうか…というものも含みます。お知らせというよりご報告に近いです。ご了承ください。

🍎山形市児童劇団第45回公演
 2020年2月23日(日)山形市民会館大ホール
 午前10時開演(9時半開場)/午後1時半開演(1時開場)入場無料

<演目>
・綱引き村(原作:蒔田敏雄 補作・演出:佐藤満徳)
   2018年 児童劇団脚本募集入選作品

・ぼくらのワンダーランド(構成・演出:須藤翔平)

・桜吹雪の夜に(作・演出:白鳥樹一郎)

今年度は「綱引き村」の音楽を担当しました。年に一度の村の行事、カッパとの綱引きにまつわるお話。カッパと村の子どもたちの元気な歌とダンス、注目してくださいね!
a9e517e75b56c0d5ada9ad6cb9812452-724x1024


🍎関西フィルハーモニー管弦楽団第309回定期演奏会
楽園えの憧れ…英国が生んだ気高き交響曲&デュメイとの渾然一体
2020年4月29日(水・祝)14時開演(13時開場)大阪・ザ・シンフォニーホール
指揮:藤岡幸夫
ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ 

<プログラム>
木島由美子:Pleuvoir〜あめふり〜
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
エルガー:交響曲第1番 変イ長調 作品55

以前よりお知らせしておりましたが、今回チラシ画像データをいただきましたので掲載いたしますね。今回は改訂版の初演です。響きをだいぶ整理しましたが、果たして。
IMG_3350


🍎「はちこの皇子物語」奈良公演
2020年11月22日(日)

こちらはまだまだ先のことなので詳細はこれからのようですが、先日読売新聞に掲載された記事を友人ゆかさんが送ってくださいましたのでブログに載せさせていただきますねー。ゆかさんありがとうございました♪ 
山形県・出羽三山の開祖:蜂子皇子の物語をミュージカルにしたこの舞台が「里帰り公演」として、奈良県明日香村で上演されることが決まったのです。昨年、鶴岡にてスタッフの方々にお会いしたときにこの話を聞いていたのですが、本当に実現させてしまったのですね!みなさんの熱意と行動力が素晴らしくて、ただただびっくりするのと同時に、心からの尊敬の念を捧げます。これからいろんなハードルが待ち構えていることだと思いますが、公演が成功しますように強く強く祈っています。
(ええと、この市民ミュージカルと私が何の関係があるのかというと、作曲者が私なのです。)

IMG_3372


私の中から出て行った音楽が、楽譜や音源として遠くへ出かけていって多くのひとに音楽を届けることを思うと、曲を書いててよかったなぁとしみじみ思ったりします。演奏するのもいいんですが、書いたものは残りますね。(うまくいかないこともしくじったことも含めて残りますが。汗)
 

山形交響楽団 第281定期演奏会!

山形交響楽団 第281定期演奏会
2019年12月14日/15日

山形テルサホール

指揮・ホルン:ラデク・バボラーク
ピアノ:菊池洋子

<プログラム>
ヴァンハル/交響曲 ニ短調 Bryan D1

モーツァルト/ホルン協奏曲 第2番 変ホ長調 K.417
オンジェイ・ブロウセック/ラ・プティット・ジョワ(小さな喜び)
 (山響委嘱新作・世界初演)
ドヴォルザーク/交響曲 第8番 ト長調 作品88
ーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の楽しみはバボラークさんのホルン協奏曲ももちろんですが、彼が作るボヘミア、チェコの音楽に注目です。ホルンの神様の、美しく揺るぎない音色と音楽を堪能しました。

IMG_20191215_220224

委嘱新作のブロウセック氏の作品は聴きやすいキュートな印象。機能和声を持った、T-S-D-Tなどがちゃんと分かる音楽です。長七の和音や短七の和音が多用され、9thも重ねられてフランスの香りを漂わせています。根音の隣に7thを配置するんですねぇ…ちょっとJazz Orchestraの書き方みたい。なめらかに第二転回形や第三転回形に推移する響き、流れ、とってもチャーミング。美しいピアノも入って思わずニコニコしちゃいました。ピアノのペダルの効果のように、残響音として音を残すのをClarinetが担当している場面があったのが印象的でした。Clarinetは減衰音が得意だもんね。綺麗に裏側から支えている感じ。
 プログラムノートにあったように、確かにプーランク、ミヨーらのウィットに富んだ音楽の印象に近いかも。Fagottを吹いていたころ、プーランクが楽しくてしかたなかったのを思い出しました。ジョルジュ・
オーリックがよくわからないな…と思って調べたら…なんとあの「ローマの休日」の音楽を書いた作曲家?! え、ちゃんと聴かなくちゃ。

ドヴォルザーク8番。自分の音楽に溺れる指揮者を時々見かけますが、バボさんはそのかけらもありません。抑制と解放のコントロールの効いた、上品かつボヘミアの歌心あふれるドヴォルザークです。
ふと、去年シベリウスを振ったオッコ・カムさんを思い出しました。オーケストラが大船に乗ったように自由に歌い、必要な指示は的確に出してくる…ヤンネくんが「キャプテン」と呼んだオッコさんです。あのときも品性を失わない、かつ熱いシベリウスでした。

弦がよく鳴る!!2楽章など、思わず泣けてくるくらいでした。管楽器も打楽器もきちんと鳴らした上に、この人数の少ない弦の深い音色が客席まできちんと届きます。うっとりとボヘミアの音楽を堪能しました。第4楽章120小節からの通称コガネムシの場面がキライなんですが、バボさん指揮の音楽は何の抵抗もなく入ってきます。ただ、最後のCodaのあまりの速さに、360小節Trombone16分音符がどうなってしまうのかハラハラしましたが、超絶技巧をぎっちり聴かせていただきました。素晴らしい!

IMG_3249

Piu animatoなのに…FagottとTrumpetならまだしもTromboneにスラー付きの16分音符とか…アントニン、金管をちゃんと研究してよね汗 人に言えないけど汗汗

私が時間的にも体力的にも限界に近いので、今回の演奏会レポートはメモ書き程度にします、って言いたかったのに…いっぱい書いちゃった…でも演奏会の記憶はとどめておきたいからこれで良いことにしよう。演奏家のみなさま、おつかれさまでした。楽しい演奏会をありがとうございました!!

 



秋には音楽や芝居など。

芸術の秋です。皆様いかがお過ごしでしょうか。気持ちよく晴れた日、外を散歩すればこんな風景に出会えます。窓辺での読書もはかどりますし、なんとなくブラームスやバッハなど聴きたくなります。

IMG_3197

IMG_3195

IMG_3185

先週日曜は鶴岡に合唱を聴きにまいりました。
『コロ・フェスタ2019 in 鶴岡』です。
cf2019_tsuruoka_omt
cf2019_tsuruoka_ur

本物の芸術を目指した演奏の数々を聴くことができました。曲の内容の濃さと、確かな技術に裏打ちされた説得力のある深い表現に圧倒されました。柿崎先生のお言葉をお借りすれば、コンクールの演奏とは違う、つまり「勝つための演奏」などでなく、音楽そのものを追い求めた演奏が並びました。時間を掛けて練り上げた響きは本当に魅力的です。声を使ってここまで出来るのか…刺激的な演奏会でした。合唱、おもしろいなぁ…柿崎先生、大役お疲れ様でした。ご案内ありがとうございました。

鶴岡までの移動は、iさん・KさんとともにOさんのクルマに乗せていただきました。長距離を運転しなくて済んだのがとってもとっても助かりましたし、賑やかな道中が楽しかったです。みなさまありがとうございました!


今日15日夕方に観たのはこちら。
劇団山形第83回公演『俺の酒が呑めない』です。

20191027205738_00001-724x1024

お酒を飲みたくなりましたねぇ、呑めないけど笑。万感の思いでお酒を飲むラストシーンが大変印象的でした。ひらの、演出も舞台監督も俳優もおつかれさまー。劇中の酒造会社の名前がちゃんと刺繍で入っている作業着に、役者魂を見た今夜でした。

来年は創作劇とのこと。
今から楽しみです。

 

(いまごろだけど)10月〜

もう11月になってしまいましたが、先月のことをまとめてみますね。東京、名古屋、仙台、米沢。あんまり自宅にいない10月後半でございました。

10月中旬は、まず東京にて
魔法使いアキットくんのマジックライブを観てきました。
『魔法使いの頭の中〜透明標本コレクション〜』
FullSizeRender
「恐怖」をテーマのひとつにしたストーリーに、さまざまなマジックを織り込んで舞台を構成します。ぼんやりした雰囲気のなか、物事が何度も繰り返すから、それへの期待感に似た気持ちが恐怖を倍増させます。背景に鳴っている音が突然中断されると集中力も増します。怖いお話を扱ってみたいなぁと思っていたところにこの舞台。たくさんたくさんヒントをもらいました。ありがとうございました!


続く二日間は名古屋にて、
女声合唱団「コールカンナ」に拙作を歌っていただきました。
IMG_3179
3年に一度定期演奏会を行う、アカペラの合唱団です。柴田さん編曲のマツケンサンバを含むポップスのステージももちろん大変楽しかったのですが、最終ステージのじっくり練り上げられた響きの作品がとても心に響きました。 ひとの声の温みで音楽をつくる…合唱ってなんてステキなんでしょう。拙作は数度目の再演でしたが、独自の演出もあって楽しかったですね〜。厚みのある歌声がとてもステキでした。そうなんです、ポイントはスマートフォンを機内モードにすることなんです。コールカンナのみなさま、お世話になりました。ありがとうございました!!


翌日は、前から行きたかった徳川美術館へ。
IMG_3150
歴女を目指すわたくしとしては垂涎の美術館です。

IMG_3151
撮影可能なのはこの具足レプリカのみ。
刀剣や調度品などお宝の数々をじっくり見て回りました。

徳川幕府は能を武家の式楽(公式の場での音楽)と定めたため、大名の御殿や前庭には必ず能舞台が設けられ、慶事や公式の行事の際には能が演じられたそうで。凝りに凝った織りの衣装や、見ていると吸い込まれてしまいそうな錯覚に陥る能面。時を忘れて見入りました。時を忘れすぎてバスに乗り遅れたんですが!能を観たくなりましたねぇ…音も聴きたいところです。 


さて、移動も多かったので、新幹線も飛行機もバスも電車もいろいろ乗りました。その中で面白かったのが名古屋・中部国際空港の国際便カウンターのこのひとたち。
IMG_3155
名古屋城の忍者たちみたいなんですが、ハロウィンの仮装をしてますね笑 
ずいぶんとポップになったもんだこと笑  


それと、 Q400プロペラ機を撮って気づいたことがありまして。
IMG_3157 
(フェンスが邪魔でわかりにくいんですが)
目で見るとプロペラがふたつ回っているのが見えづらいんですが、写真に撮るとちゃんと写るんですね。さすがデジタルですね。それにしてもよくこんな小さなプロペラで飛べるもんだ…

IMG_3170
名古屋の帰りは日没後でしたが、上空から見下ろすと海岸線がくっきりわかるほど光が列をなしているのが分かります。人間の活動は地形さえも浮かび上がらせてしまうんですねー。


相変わらずヘタな写真でごめんなさい。お読みくださった方、最後までお付き合いいただきありがとうございました。一年中で一番デスクワークが重なる10月ですが、先日無事に乗り越えました。いくつか心配事はありますが、プールにもマッサージにも行けたので体調がいいです。どんどん行きましょう〜♪ 


 


プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: