The toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

指導

動物たちは無事に冬眠しただろうか。

あらま。12月に入ってから
ブログを更新してませんでしたね。
ちょこっと近況報告しましょうか。

imageいろいろな予定が重なって、
9日間のうち7日間の仙台通いでした。
写真は朝6時台の某駅舎です。
寒くて足元から凍ってきそうでしたが
この時期ならではの風景を、ホームで
しばらく朝の雪景色を楽しみました。

「どうして泊まらないのですか」
とある方に聞かれましたが
毎日やることが違ってて
ということは毎日荷物も違ってて
そのための用意もいろいろあって
自宅からじゃ無いと支障があるのです。

この9日間のため、夏から秋の間じゅう
コツコツと用意をしてきたのですから
最後まで手を抜きたく無いし(^^)

おかげ様で、無事一通り終えました。
学生の皆さんお疲れさま。
大勢の先生方に褒めて頂きましたよ。
生徒の皆さんもお疲れさま。
手応えはどうでしたか?

全て終えた昨日は一日中ぼんやり。
次の仕事の楽譜を広げたけど
ケアレスミスばかりするので
昼寝をしたりしました💧

しっかり食べること。
しっかり眠ること。
なるべく身体を動かすこと。

しっかり眠るのがやりづらい時には
ヘトヘトになってギブアップするまで
何かを超ハードにやること。

一つの結果は日々の積み重ねの成果。
大切なことは日常にこそあるのです。


山形大学音楽科「 Sound of  Bones」、
劇団山形「あしたのニュース」、
聴きに&観に行きました。
それぞれ元気をもらってきました。
ありがとうございましたっ。

次は劇音楽とミュージカル。
関係者の皆様よろしくお願いします!


山の上で。

2017-08-06-23-10-53山形市児童劇団の合宿2日目から参加して
さきほど帰宅しました。
少年自然の家は例年よりも涼しく、
体調を崩す子も少なかったようです。

各班に分かれての2月の本公演のための劇の練習や、
子ども達自ら脚本から作る寸劇発表会の練習と本番、
プラネタリウムや追跡ハイキングなどのイベントなど、
もりだくさんの2泊3日。

50人ほどの子ども達をサポートし続けた、運営の市民会館スタッフの皆様、
お世話頂いた後援会の皆様、ビシバシみっちり指導の先生方、
暑い中大変お疲れさまでした!

私が参加した班では、3日間の稽古でだいぶ声が出て来たなぁ〜という印象。
演出や歌唱指導の先生方のあの手この手の方法で子ども達がどんどん変化します。

私の担当はごく少なく、新曲の劇中歌を2曲、稽古ピアノを弾くというもの。
当初に想定していたよりも子ども達の声のボリュームとハリが出て来たので
歌唱指導の瞳先生と相談して、in Fで書いた歌をFisに、in Gで書いた歌をAsに、
それぞれ半音ずつ上げて歌ってもらうことに。
良いじゃないですか、子どもたち〜〜
稽古ピアノの瞬間移調は慣れてるけど、ただ1箇所のドッペルに手こずり、脂汗。
「引き出しの奥」にしまい込んだ「根性」を久しぶりに出して、無事に解決✨

image2日目夜の寸劇発表会ではタイムキーパーの仕事を仰せつかり
リハーサル中は午後のかんかん照りの野外客席で、
本番はやはり野外のため虫に悩まされながら、
各班の抱腹絶倒ツッコミ処満載の寸劇の時間を測りました。
(ちなみにタイムオーバーは芝居が途中でも強制終了です)

暑すぎるのを除けば、子ども達の考えていることを
間近で見られて面白いんですよ。
(裏方などで見られない先生方ごめんなさいね)

ところで、案の定虫に刺されまして。
しかも放って置くと腫れるタイプの刺されかたです。いやな予感…。
市民会館スタッフMちゃんがアンパンマンの痒み止めパッチを二枚もくれました。
これ、感動的な効きめですよ!!
一枚目がとっても良く効いたから、シャワーを浴び終わった今、二枚目を貼ります。
早く治りますように〜。Mちゃんありがとう。やっぱりすりすりしちゃう
 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ