The toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

ないしょ

お寒うございまっす

IMG_1814

昨日の仙山線・面白山高原駅にて。
寒いので今日はこれでおしまい。

あ。初めてスマホで記事を書いてみました〜


 

不覚にも

image風邪をひきました。
鼻風邪…今日の授業はぐずぐずでした。
秋に体調を崩したのもありますし
今年はなんだか調子よくないな。

学校まで片道70数キロ運転しますので
風邪薬を飲まないようにしています。
そのため、のどを殺菌するスプレーを
しょっちゅう使うようにしていますが、
今朝はバッグにこれを入れ忘れました。
朝にはただ喉がイガイガだけだったのが
どんどん酷くなるのがわかります。
ずいぶんコレに頼ってたのねー
今日はあったかいもの食べて休みます。

年内の授業は今日ですべておしまい。
明日の本番と残業をちょっとやったら
本格的にスコアを広げます。

「年末年始はどこかにお出かけ?」と
聞かれたけどそんなモノは全くナシ。
(母親と娘と嫁はしなくちゃなんない汗)
年賀状さえ無理な気配。
皆様には失礼してしまうと思います。
今から謝ります。ごめんなさい。

舞台めざしてがんばります。

それにしても…
母親するのは好きですが、
たまには母親されたいな。
美味しいものつくってくれて
よしよししてくれないかな笑 

突然ですが、今様。

仏は常にいませども
現ならぬぞあはれなる
人の音せぬ暁に
ほのかに夢に見えたまふ

遊びをせんとや生れけむ
戯れせんとや生れけむ
遊ぶ子供の声きけば
我が身さえこそ動がるれ

    (梁塵秘抄より)

================

今より生きるのがずっと大変だった時代、
人々の想いを身近に感じられる
歌の二編です。


================

(口語訳の一つとして…)

常にいるという仏に会いたいが
現世では会えず深く悲しい。
夜を徹した祈りが届き、明け方の
夢の中でほのかにお会いできた。

このように遊女として戯れるため
私は生まれてきたのだろうか?
無心な子どもの声を聞くと
我が身の境遇や来し方が顧みられ
悔恨とともに身が震える。

================

解釈はいろいろあるのですが
私はこれが腑に落ちますね。
平安末期、千年も前の歌ですが、
ひたひたと迫り来る「何か」があります。

音楽を書くのに必要なのは
理論や技術を通り越した向こうにある、
こんな心にしみてくる「何か」なのです。

一日中書き物をしていて
意識が朦朧としてきたところで
ふっと思い浮かんだこの歌の口語訳を
まとめるうちに涙ぐんでしまいました。
トシかな。

gahag-0001551551-1





声。

もう11月も半ばですね。

頻繁にブログを更新しなくなって
もうすぐ1年です。

なぜかというと、通常の仕事の他に
勉強しなくてはならなかったから。
なぜかというと、
教えなくてはならなくなったから。

人に教えるなんて…こんな大事なこと
どうして引き受けたのだろうか。と、
何百回も後悔したけど(すみません)、
自分の勉強になることは確かなのです。
私は元来怠け者なのでこれがいい機会。
…と思ってこの一年過ごしてきました。

自分が鍛えられていくのは楽しいです。
ピアノや他の楽器、楽譜書きなどの
練習や勉強と全く同じ。
部屋から出ての人との関わり合いも
なかなかいろいろあれまぁ!な日々。
気づけば一年前よりもだいぶ
充実した日々なのです

本棚が一段丸ごと新しい本と入れ替わり、
もう一段CDや DVDが増えました。
まだまだ途中なのでまだまだ増えます。

この一年で一番困ったのが「話すこと」。
これまでの生活はほぼ引きこもりでした。
日常はあまり話したりしませんでした。

もちろん、楽譜書きに集中するためには
かなりの体力を使いますから、
日頃少しずつ身体は鍛えていたので、
移動や立ちっぱなしは全く平気ですが
全然鍛えていなかったのが「声」。

話していると、まず声が掠れてきます。
だんだんカミカミになります。
生徒にからかわれたりします(笑)。
特に午後の最後の時間とか(笑笑)

話すのって体力使いますねー!

授業と共に生徒の日常の面倒を見る
各学校の先生方、
綺麗な日本語で何時間も話し続ける
アナウンサーの方々、
(特に高校野球の実況中継とか!!)
リサイタルを歌い通す歌手の方、
何時間も立って歌い通す合唱団、
心から尊敬申し上げます。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ところで、このブログを
パソコンよりもスマートフォンで
お読みの方が多いようですので、
改行を増やしてみました。
文章はとても書きにくいのですが
全体が画面に収まっていると(自分で)
読みやすいように思ったので。




 

終わったのだ

やっと終わりました。

何がどう終わったか
詳しく書かないけど
10月からのバタバタの目処が
やっとやっとつきました。
あとは明日仙台で仕事しておしまい。

頭上や目の前に掛かり続けていた
どんよりした雲のかたまりが
さぁーーっと晴れた感じです。

ところで、アーノンクール指揮の
某オペラの DVDをみました。
p74

すごいよね。400年前にすでに
こんな曲が完成していたんだもの、
いまさら何を付け足すというんだろう?
これから作曲しようなんていう方が
傲慢で大バカなような気がしてきます。

でも、昔は昔、今は今。
今この時を残したいと思うのは
間違ってはいないと思う。
写真のように目で見る画像ではなく、
揺れ動く気持ち…のようなものを
楽譜に瞬間密封してしまうのだー

寒いからおでん🍢にしました。
ぐったりしようっと。
今夜はゆっくりお風呂に入って寝よう。
(つまり
ゆっくりお風呂に入ってなかったし
寝た気がしなかったということで💧)




 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ