Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

ないしょ

余談

コンサートの感想について。
演奏そのものはどうだったの?と質問を受けることが時々ありますので、私の考えを書いておきます。今ごろ書いても誰も読んでないと思うけど、こっそりと笑

今、目の前にいるひとの演奏について、いろいろと公の場…しかもデータが残るWebで書くのが嫌いなんです。思うところがあったら直接ご本人にお伝えしておしまいです。ご本人とやりとり出来れば質問もできますし、そうするといくつかの提示に納得することもあったりするので、そんな貴重なチャンスを逃しません。だから遠くから意見を述べたりしません。

それに、他の演奏家やオーケストラと比較できるほど演奏会を聴いておりませんし、生演奏はCDなど録音されたものとは全く違うものですから、その場でどうのこうの言うのはおこがましい、出過ぎたことだと思っています。何人かの演奏家、いくつかのオーケストラの音を間近で聴いて、それぞれの特徴や色彩を体感したことはありますけど。譜面を読んでから演奏会を聴くと、今目の前で鳴っている音が演奏家によってどれだけ磨かれたものであるか実感しますけど。

私は音楽を作る(作りたい)立場でいたいので、作られた音楽の中身についていつもアンテナを張り巡らせていたいと思っています。100年以上前の音楽をいまさら勉強しても21世紀には古すぎる…などと言う意見もかつて頂戴しましたが、人間は何千年と変わらない普遍的な部分はあるもので、時の流れの中で淘汰されてきたものの価値を見直すことに意義を感じます。

その上で自分が何を感じて何を生み出すのか、ここから先はWebには書きません。長い長い考え事のあとに五線紙に書き出すことが出来ればいい…(希望)のです。

今日もいい天気ですね〜。庭でスズメたちが遊んでいます。いいなぁ、いっしょに遊びたいなぁ。…と思ったらどうやらカノジョ争奪戦のようです。あら。いっしょに遊ばなくていいです。がんばって闘ってください、スズメボーイズ。

 

残念で。

なんだか…ひどくギスギスした世の中ですね。インターネットを見ていての感想ですが。ネットだと匿名性が高いから、なおさらこんなことが多くなるのでしょうか…?

🍀最近クリエイターのおひとりに起きたことですが、その方の作品を「嫌い」というだけで多くのひとに攻撃され、作品発表を控えざるを得なくなってしまいました。表現したものに対して感想を言うのでなく攻撃するってどうなんでしょう…善いとか悪いとかの問題ではなく、好きか嫌いかの問題だと思うのに。多くのひとを惹きつける何かがあったから注目された方だと思うのに。

🍀クリエイターに限らず、ミスや失言があれば、ああだこうだと攻撃されますね。ネットだとデータが消せませんから本当にいつまでも執拗に攻撃されます。芸能人や政治家ならなおのこと。それがよくよく考えてみれば小さなことであっても、いろいろな見方があっていいと思うことでも、「自分が正義」だと思う方々に攻撃されてしまうようです。真実か偽物なのかもハッキリしないニュースもたくさんあります。その中で誰が正義なのかなんてわかるわけがないんですよね…。(もちろん、セクハラ問題のように様々な角度から議論して問題点を明らかにしていくことはとても大切なことだと思います)(議論と攻撃は違いますね)

🍀そうした中で思ったことは…有名になんかならなくていい。作品なんか発表しなくていいよ。ちょっとしたミスも、様々な角度からの見方も許されない社会なら、表になんか出なくていいし、出たくない。なんて思ってしまいます。いや、アマチュアならそれで良いんですが、プロとして活動していくつもりならここで挫けるわけには行きませんけどね。

🍀作品を発表して世に問うとき、ひとによって様々な受け取り方があり考え方があるのだと、よくよく意識していこうと思います。だって。クリエイターは自分が一番だと思っているイキモノだから。でも私たちの「一番!」は善悪や正義ではなくて、好き嫌いの問題なのです。自分の「一番好き!」を集めて表現しているのです(ごく大雑把なモノ言いですが汗)。だから、嫌っても構いませんからどうか立ち上がれないほど叩きのめさないで欲しいのです。自分の問題は自分が一番よくわかっているものです…。

IMG_1987それにしても。

自分と全く関係ないひとを寄ってたかって袋叩きにする方々へ、一言だけ感想を言わせていただきますよ。


みなさんヒマなんですね。


おしまい。


 

やすみました

連休でしたね。
久しぶりの連休で緊張が溶けてどろどろになり、人間の形をしていなかったように思います笑 
あまり激しいことはしたくなかったので、少しずつ刺繍などしました。月刊で届くキット、4ヶ月分も溜め込んでしまったので。あまりうまく行かなかったけど涙 ぼーーっと考え事(多くは妄想)するのに最適です。

IMG_1994IMG_1993IMG_1995IMG_1996






城跡巡りの続きも。去年夏に大阪城と姫路城と和歌山城を巡ったので、今年はごく近場、多賀城趾を。創建は723年と言いますから、710年に平城京が作られたすぐ後、奈良時代ですね。10世紀半ばまで存続していたそうで、その間に4度ほど造営されているのですが、その中に「震災復興」とあったので「?」と思ったら…。なんとあの貞観地震の震災復興だったんですね。1000年に一度の大地震と言われた東日本大震災の、まさに1000年前の地震の復興のことだったんです。
古い古い城壁跡や政庁跡。はるかに見渡せる太平洋。土塁や階段、建物の柱の跡がたくさんあり、建物が現存していなくても想像力が異様なほど掻き立てられます。歩いて見て廻ったのは規模の半分ほどだったのに2時間以上掛かり、その巨大さを実感しました。疲れました…。

うーん、博物館も観たから多賀城であまりに時間が掛かってしまって青葉城は諦めちゃった。伊達さんちは次の機会に〜 上杉さんちの博物館にも行きたいんだけど〜 最上さんちも佐竹さんちも行きたいな〜

IMG_1984IMG_1985IMG_1986





趣味は?と聞かれたら。

仕事がひと段落ついたので、久しぶりに手芸などしました。

本当は縫い物も編み物も大好きなんです。家庭科の先生だった祖母に仕込まれました。学生時代は夏のスカートは手縫いのものを何枚か着ていましたし、家族のジンベイも手縫いです。それにひと冬にセーター3枚は編めるんですよ、ほんとはね。 

作曲の勉強を始めたのは、下の子が3歳になったころ。ほそぼそと劇団の音楽を担当させていただいておりましたが、突然ミュージカルの仕事が舞い込んで来て「このままのレベルでは書けない」と思ったのがきっかけです。この時のミュージカルでは、言葉にならないほど大変しんどい思いを何度もしましたが、 作曲へのしっかりした自信と大事な友人たちという大きな財産を得ました。ここから始まった作曲の勉強と、子育てを含む家事の両立。優先順位をつけていくと手芸の時間は激減どころか壊滅しましたよ。1日は24時間しかありませんから。

IMG_1892とは言っても時々は楽しみたいな。と思ってキットを買ったりしていました。デザインして材料を選んで…という楽しい時間と気力はたぶん無いので、あらかじめセットになってるものを買うのです。宅配便でキットが届いてから作るまで、いつも数週間〜数ヶ月ほどかかりますけど。

今回作ったのは細いワイヤーで作るチャーム。制作時間30分…ちょうどいいや♫ あんまりうまくできなかったけど、いちおうはト音記号に見えるでしょうか笑


は。

親知らずを抜きました。
しばらく前にじんわり痛み始めていたのですが、なかなか歯医者さんに行く決心がつかなくて。あの、頭蓋骨💀に響き渡る音⚡️⚡️がとても嫌いです。とてもとても嫌いです。でも、これから本番もあることだし。いよいよ決心して歯医者さんへ。

下顎の親知らずの時は口腔外科にお世話になって、とても時間がかかって面倒だったんですよ。今回のは幸運なことにとてもシンプルな生え方だったので、いつもの歯医者さんで。

予想した通り「みしみしっ」という音が頭蓋骨に響き渡って不快極まりなかったのですが、腕利きの歯医者さんのおかげで、あっという間に終わりました。本当に「あっ」という間に。

というわけで、ここ数日は歯を抜いた箇所がポッコリ穴が開いています。腫れも痛みもあまりないのですが、穴が開いているのでやっぱり固いものを食べるのを避けています。米粒を噛むのもちょっとね。入りこむんだもん。

IMG_1874で、どうしたかというと…自分でベーカリーでパンを焼いて真ん中部分の白くて柔らかいところを食べています。パンは自分で焼くと甘さや焼き加減を調節できるので、なんだかんだと弱ってる時には最高です
(私には)。

娘の高校時代はしょっちゅうパンを焼いて食べていたのですが、白くて柔らかい部分は娘の好物だったことを思い出しました。娘が、パンをスライスすると出るミミ部分を避けて白い部分だけ食べていたこともあったっけ。母はミミ部分がもともと大好きだから全く構わなかったのですけど、(つまり二人でわがままを言い合って「棲み分け」をしてたの笑)自由に白い部分を食べられる今、少しだけ寂しい気持ちもしました。

し…しかし…焼きたていい香りのする、このふわふわを独り占め。
うーん幸せ。

プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: