Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

読書

推進力。

西日本の大きな地震、大雨で多くのかたが被災されましたこと、お見舞い申し上げます。亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、一日でも早い被災地の復興をお祈りいたします。断水、停電、この暑さ。感染症などの二次災害が起きませんように。

被害のない側は自粛などせずに今まで通りの生活をして(微々たるものですが)経済を回すことと、できる限りの募金を心がけます。被災地では支援物資よりもまずお金ですから。

ところで、日々できることをできるだけ頑張る(つまり出来ないことは頑張らない)というスタンスで、20年間この作曲の勉強を続けて参りました。作曲に目覚める前…例えば30年前はどんなだったかというと、学生のときに師匠:藤原義久氏がお書きになった本「アードリアーンの音楽:ヨーロッパ芸術音楽の終焉」1979年版を読んだのですが、知識が足りずに理解できなかった箇所が多々あり、感想どころではなかったのです。しかし2018年に改題と増補改訂されたものが新しく出版されましたので、買い求めて先日ようやく読了しました。全てのことが私の中に落ちてきて、勉強を重ねる楽しさを実感しました。私の中に様々積み上がってきたからこそ分かる大事なことの数々です。

Amazonの紹介にはこのように書いてあります。
=======================
IMG_2108ドビュッシー、シェーンベルク、バルトーク、ストラヴィンスキーの音楽を〈作曲行為〉と〈音組織〉の観点から考察!
ルネッサンス以来のヨーロッパが歴史上かつてない変動にみまわれた時期、〈現代〉が始まる直前の〈近代〉として区分される時代およびそれ以降の音楽文化の変容を、トーマス・マンの小説『ファウストゥス博士』の主人公、作曲家アードリアーンを象徴として、激しく変貌していった音楽芸術の特色を語る。 
=======================

しかし、本当に大事なのはこの後ですよね!?その根源的なことについて師匠にメールで質問したら…「喝!!!」と思い切り叱られました。それを考えて、それを創るのがきみたちだと。

嬉。

(いや、変態じゃありませんてば)この年齢になってもなおかつ叱って喝を入れてくださるかたがあることが嬉しかったのと、その先は…内緒です。私の胸におさめてまた前を向いて歩きます。ありがとうございました。

IMG_2067日々の仕事は仕事部屋で楽譜を書いたり調べ物をしたりしていますが、そんなわけで最近は読書の時間が長かったので、時々プールで身体をしっかり動かしたあとカフェへ。優雅な時間などと思し召すなかれ。私の中身は嵐です。私の目指す方向を強く意識できたので、次の曲の準備に入るからです。『瑠璃』の向こうへ。走りだしますよ。いろいろ日々雑事は多いけれども振り切ります(いや本当に振り切っちゃ生きていけないけど💦)


 

1月の私の中身の一部。笑

この頃とくに本ばかり読んでいたので、読書メーターを始めてみました。読んだ本の内容を書き留めておけるということで、備忘録です。同じ本を読んだ人の感想を読むこともできて、なかなか面白いですよ。読書好きの方、お勧めです。

1月の読書メーター

読んだ本の数:6
読んだページ数:1515
ナイス数:9

真田太平記 12 大阪入城真田太平記 12 大阪入城感想
高遠城陥落から始まり、江戸期の真田信之までの真田家の長い長い物語。「草の者」を知らなかったので新鮮でした。優秀な諜報網=忍者のことだったんですね。
読了日:01月08日 著者:池波正太郎


知ろうとすること。 (新潮文庫)知ろうとすること。 (新潮文庫)感想
事実を知ることの大切さ、面白さ。科学を手にすることによって未来を計算出来ると言うくだりはほんとに泣きそう。冷静に、倦まず弛まず継続する理系のロマン。拍手。 今更ながら原発のこと、放射線のことを知りたくて読み始めたけど、思わぬところに感動がありました。
読了日:01月11日 著者:早野 龍五,糸井 重里

蒲団蒲団感想
男の身勝手さ、女が生きるのの窮屈さ。現代とは時代が違うし価値観もまるで違うことは重々承知しながらも、このことが強く胸に残った。  時雄は新しい時代の女性のあり方を説きながら、真逆のことを突きつけてくる。女は男に従属ばかりしていては新しい時代の女性と言えない、自立せねばならない。温順なだけの妻はつまらない。しかし本音では「男に逆らうなどもってのほか」。 パワハラ、セクハラと簡単に片付けることができないし「古い時代のこと」とも切り捨てられない、現代にも続く(特に)日本の社会の窮屈さである。
読了日:01月14日 著者:田山花袋

一兵卒一兵卒感想
病み衰えた兵士の悲哀、恐怖、病との戦いを、内側から表現した短編。ジリジリと焦げ付くような苦しみの表現にこちらも悶えてしまう。
読了日:01月17日 著者:田山 花袋


最後の将軍―徳川慶喜最後の将軍―徳川慶喜感想
慶喜側から見た、江戸末期の社会と人心の動きがダイナミックに描かれている。慶喜その人の細かな描写もあり、周囲の人々も含めた複雑な心の動きが非常に楽しかった。何度も読み返したい本である。
読了日:01月24日 著者:司馬 遼太郎

華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)感想
都市銀行という今まで全く知らなかった世界の、野望や陰謀や政界に絡む巨大な権力の話。閨閥の件も含め、不気味な世界である。時代を感じる描写と、会話文に「。」が無く、「、」ばかりで読みにくい。
読了日:01月28日 著者:山崎 豊子


買っちまった

移動時間が長いと読書量が増えます。しかし電車を使うときだけです。実家へ行く用事がある時や、荷物が多い時はクルマを運転するので読書ができません。そこで、何を思いついたかというと。

ラジオを聴くのです。nhkらじるらじる・聞き逃しサービスなら、好きな番組を選べてしかも運転しながら楽しめます。(NHKから広告料などいただいておりませんので悪しからずご了承くださいませ笑)様々な番組のなか、最近のお気に入りは「朗読」の時間。

秋〜冬の時期は、夏目漱石の「坊ちゃん」を朗読で聴くことができ、大変にワクワクしました。永井荷風の作品のどうしようもないドロドロも、田山花袋の作品の身悶えするような内面の表現も、ここで音として楽しみました。

が!!

明治〜大正の文豪の作品は、情感に富み、深みがあって大変によろしいのですが、如何せん漢語が多いので、音として聞くととっさに意味がわからないのですよ(作家にもよりますが)。例えば「ちゅうかん」と言われても、「中間」「中韓」「昼間」「中巻」…まぁ、いろいろですよ。そこで、帰宅してからたまらず本を手にとって漢字を確かめては安堵しておりまして…つまりは2度ずつ読書してる格好になっているのです。

ここ数日聞いているのは、年末年始に放送された司馬遼太郎作「最後の将軍ー徳川慶喜ー」。これがまた漢語たっぷりで、本当になんのことなのかわからない部分もたっぷり。明治〜大正〜昭和初期の文豪の作品ならたいがい家にあるので文章を確かめられるのですが、司馬遼太郎は持ってないのです…ついに…買ってしまいました…買うと本が増えるからずっと自分に禁じていたのに…図書館へ借りに行くヒマもないし(言い訳)

ちょっと前にTwitterに上がっていた画像に「本を集めすぎると危険です」というのがありました。その内容とは。

=========================

・家を破壊します
・見つからず、二冊購入します
・好きな本を、売るか捨てるか苦しむことになります
・売った、捨てた翌日、また書います

=========================

ああ〜💧💧やめてやめて〜〜図星じゃんか〜〜💧💧



IMG_1836IMG_1835
  



 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: