Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

お知らせ

お知らせです!ティータイムコンサート編

毎年恒例ですが、今年はなぜか夏にやります。
『高橋直子と愉快な仲間たちの「ティータイム コンサート」』
7月28日(日)文翔館議場ホール/13:30開場、14:00開演。 

(あらかじめお断りしておきますが、私は主催者ではないのですけど、毎回出演させていただいておりますので宣伝いたしますね。)
今年も楽しい本番になるよう出演者一同、準備を重ねております。日曜午後のひととき、どうぞお誘い合わせのうえご来場ください。
 

190619_2141_001

夜のコンサートは無理だけど、昼間のお茶の時間くらいなら行けるわ、という方々を主に対象としたこのコンサート、おかげさまで今回で16回目です。今回は、ついにヴァイオリン/駒込綾さんと、朗読/平野礼子さんのご登場です。ぱちぱちぱち。

因みに、駒込綾=こまごめりょう、平野礼子=ひらのあやこ、と読みます。 
ひらのあやこには、過去のティータイムコンサートで「働くオンナの事情」と「VS・バーサス」シリーズ3作で演出をお願いしましたが、純粋に朗読って初めてじゃないかしら。 俳優に舞台監督に演出にと多方面に忙しいひらのとまた一緒に舞台を作れてとても嬉しいです。
りょうちゃんは最も頼れるヴァイオリニストのお一人。弦楽器のことで訊きたいことや相談したいことがあると、まずはりょうちゃんを頼ります。佐々木悦さんの作品集「どっぺんがえし」の挿入曲も、りょうちゃんのヴァイオリンで収録させていただいたのでした。 

IMG_2899

チラシの私の作品のところに堂々と載っちゃってますが「こいのぼり の まじない」ではなくて「こいのぼり の おまじない」です。チラシをご覧になったYさんからご指摘いただきました…すみませんごめんなさい。私も気づきませんでした…

さて、まだまだ作曲中です。いい加減に仕上げないと。お話につける音楽はテンポが肝要です。CDに収録された、ひらのあやこの朗読を何度も何度も聴いては音楽をつけています。 …うふふ、何度聴いてもひらのの朗読は楽しくて笑顔になれます。良い作品にしたいなぁ…心からの願いです。



またまたお知らせでっす

再びコンサートのお知らせです。先日お知らせした「東北の作曲家 in 仙台 2019」において演奏してくださる、バセットホルントリオ「あんぽんたん」の皆様がコンサートを開かれます。不肖わたくし木島がピアノでお手伝いさせていただきます。本当か。大丈夫か。

51225951_1995688827218755_5414819566767308800_n

いままでのことからすれば直子ねーさんには本気で心配されそうなわたくしのピアノですが、まずは手をこれ以上痛めないように気をつけて、ゆるゆると練習に取り掛かっております。何と言っても猛牛こと明氏の伴奏をしなくてはならないので体力つけて根性鍛えておかなきゃ笑

会場になる山形市・嵯蔵は60人はいるかな?っていうくらいの会場ですので、たぶんお客様と演奏者の距離がとっっっっても近くなるんじゃないでしょうか。

ちなみに、演奏者の並びは上手側から「あん」「ぽん」「たん」さんです。つまり梶原、陽子、明各氏です。それとチラシに怪しげなイラストがありますが、「たん」さんこと明くんが牛、「ぽん」さんこと陽子さんが亀、「あん」さんこと梶原さんがハリセン、わたくし木島がウニでございます。可愛くないけど目がいっちゃうと申したら、たんさんが悲しんでいましたが。

この数日前の「東北の作曲家」で「かぷかぷかぷりす」をやるんですが、時間の関係で繰り返しをカットしてしまうので、こちらの演奏会が完全版初演ということになります。そこはほら、ちょっとこだわりたいところで。バセットホルンとアルトクラリネットの違いのような問題を含め、一般の方々には「で?」「だから?」と言われることの多い、非常にマニアックな業界なのでなおさらです。


ちょっと話は飛びますが。我が家の息子の話です。
彼は時々インターネットで、飛行機の離陸をいろんな機種で何パターンも何パターンも何度も何度も観ていることがあります。説明を求めると、母には理解しがたい事柄を(なるべく噛み砕いてはくれるのですが)滔々と述べ立てるのを聞き、めちゃくちゃマニアックに育ててしまったなぁ〜…と、嬉しいというか悲しいというか誇らしいというか恥ずかしいというか何か複雑な気持ちになり、そんなこんなしているうちに、母はついにある機体のエンジン音を聴き分けられるようになってしまったことがありました。
「オタクが世界を進化させる!」と誇らしげにのたまう彼を眺めては、よくもまぁ、どうしてこう似てしまうんだろう、などと内心ため息をついたりしておりました……………

いいんです、オタクで。

オタクこそ世界を救うんです。

オタク同士の会話は「あれが好き」「これが好き」「ここが新しい」「こんなものを見つけた」などと、で溢れているのです。これが平和でなくて何であろうか。マニアック万歳。オタク万歳。

なんだかヘンな演奏会の告知になっちゃったけど、聴きにいらしてくださいねー!




 

お知らせでっす

3月に「東北の作曲家」のコンサートが今年も行われますが、2年ぶりに出品することにしました。あんぽんたんの皆様による「かぷかぷかぷりす」初お披露目です!

20190319東北の作曲家

「東北の作曲家  in 仙台」
2019年3月19日(火)19:00開演(入場無料)
 
【曲目】
 
●高橋侑子  La  forêt au printemps <初演>
 ピアノ:澤田 和歌子
 
●佐々木良純
Spiritual Awakening(精神的目覚め) <初演>
 尺八: 高橋 雲龍
 ピアノ:佐々木 良純
 
●柴田 誠太郎  新新・続けて3章 <初演>
 E♭管クラリネット&B♭管クラリネット:野本 淳之亮
 ソプラノサックス&アルトサックス:井内 貴仁
 
●松野秀映  銀の辻風 <初演>(ヤングコンポーザーコンサートin東北委嘱作品)
 クラリネット:副島 謙二
 ピアノ:阿部 玲子
 
●門脇治   色彩が叫んでいた <初演>
 クラリネット:叶 光徳
 
●小山和彦  ピアノのための幻想曲 <初演>
 ピアノ:福原 佳三
 
●遠藤安彦   Cl. Pf. とSop. のための5章 <再演>
 クラリネット:副島 謙二
 ピアノ:阿部 玲子
 ソプラノ:熊谷 美奈子
 
●木島由美子  バセットホルン三重奏のための「かぷかぷかぷりす」 <初演>
 バセットホルン:Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)

========================

昨年度ヤングコンポーザーコンサート選出者12人の中から更にお一人だけ選出された方が松野秀映さんです。今回の「東北の作曲家」ではヤングコンポーザーコンサートからの委嘱作品が発表されます。その他このコンサートの実行委員のうち4人(高橋、門脇、小山、木島)がエントリーしました。

新しく生み出される音楽にどうぞご期待ください!

ええと。私の作品について念のために断っておきますが、バセットホルンのユニット名も曲名も正式名称です。詳細はこちらの記事へgo!

バセットホルンという、ほとんど見かけないけど魅力的な音のする楽器が三本も山形にあるんです(ほんとはもっとある…ことを私は知っているふふふ)。このニクい楽器に深い愛情を注ぎ、誠意と熱意を持って演奏してくださるお三方です。今回はハリセンは無しです。たぶん。
どんな楽器か、どんなメンバーか、どんな音楽か、どうか目撃しにいらしてくださいね!いや、目撃じゃなかった。耳撃ですね笑
 

今頃ですがお知らせです

Twitterでは少し前にお知らせ申し上げたのですが、その後のバタバタに手と気持ちを取られ、ブログのお知らせはすっかり遅くなってしまいました。

来たる11月4日(日)、鶴岡・東田川文化祈念館にて、小林路子さんのピアノリサイタルが開催されます。ピアノソロのほか、山形交響楽団のメンバーによるピアノ四重奏やピアノ五重奏、拙作「さくら」が再演されます。

↓今年4月の初演の際の合わせのブログ記事はこちら。
ピンク色の曲を🌸

↓その本番。
みんな大好きだよ

今回は路子ちゃんの出身・鶴岡での演奏です。山形ではとてもアットホームな、笑顔にあふれたコンサートでしたが、今回もわくわくです。とことん弾きこんでぴかぴかに磨き上げる路子ちゃんのピアノと、充実した深い弦楽器の響きをお楽しみいただけます。

鶴岡方面の方々、(直前で申し訳ございませんが)お時間がございましたらぜひどうぞ。ご連絡いただければチケット承りまーす!

181017_2243_001
181017_2243_002




お知らせでーーす

180412_2127_001『髙橋直子と愉快な仲間たちの
 第15回ティータイムコンサート』
(画像をクリックして頂くと拡大します)

2018年4月22日(日)14:00〜
山形市文翔館議場ホール
入場料 ¥2,000

出演:
大沼麻子 木島由美子 須藤円 
髙橋直子 中島春乃 平野礼子 

プログラム:
歌に会いに出かけよう 花の街 糸(中島みゆき)あざみの歌
寺嶋陸也作曲 茨木のり子歌曲集『道しるべ』より
女声合唱のためのヒットメドレー『 COLORS(カラーズ)』
木島由美子作曲『働くオンナの事情』

==================================

今年も開催されます、ティータイムコンサート。直子姉さんが毎年のように企画・運営・演奏され、なんと15回目となりました。今回も、歌手のみなさまそれぞれのソロやアンサンブルをお楽しみいただけるプログラムとなりました。平野礼子(あやこ)の朗読も入ります。しっとりと落ち着いた、深い詩の世界もお楽しみいただけると思います。

記念すべき15回目のコンサート。これまでのプログラムの中のリクエストとして、拙作『働くオンナの事情』を演奏することになりました。演奏者のみなさまにリクエストいただいたのは光栄の極みです。極まったのはいいんですが、ただ極まるのは芸がないので、今回用に SopranoとMezzo-sopranoの2声のアンサンブルに仕立てました。平野礼子の爆笑演出と、高橋直子姉さんと大沼麻子さんの歌手のお二人の冴えたアイディアの相乗効果で、とても楽しい演奏になっ………ているはずです。私はいつも現場にいておなかを抱えて涙を流して笑っているのですが、いつもピアノを弾いているので真正面から観たり聴いたりすることができず、本当のところがわかりません。残念すぎます。
しかし、実生活においても仕事や子育てや家事を抱えて非常にお忙しい麻子さんの、リアリティあふれる心の叫びをお聴きいただけると思います。

世の中の働く女性のみなさん、様々な障害にぶち当たってもココロ折れそうになっても仲間がいます。元気とユーモアとふてぶてしさといい加減さで乗り切りましょうね!!!
 
IMG_1945


 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: