Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

演劇・劇音楽

今週末ですがまたまたまたお知らせでっす。

今年もやってまいりました、この季節。山形市児童劇団の第44回公演です。
 
2019年2月24日(日)/山形市民会館大ホール
午前10:00〜/午後1:30〜(二回公演)

私は今年は「青い鳥のものがたり」の音楽を担当させていただきました。原作は、ベルギー人のノーベル文学賞受賞作家モーリス・メーテルリンクが20世紀初めに書いた「青い鳥」。おとぎ話の世界かと思いきや、作品の主題は「死と生命の意味」という実に深いお話なのです。今回は平成29年山形市児童劇団上演脚本募集において入選された作品「青い鳥のものがたり」として上演いたします。脚本としてコミカルにアレンジされていて、楽しい舞台になりそうです。子どもたちの様々な魅力的な表情をぜひご覧くださいね!

音楽としては、今回は歌がないので分量としては例年より少なめです。ですが、 DTMでオーケストラをやりたくなってしまうという何年かに一度の発作(笑)が起きてしまい、数秒の音楽にアホみたいに時間をかけて作りました。書く気になれば全て実際のオーケストラスコアに起こせるくらいの音の数になりました…もっと少なくてもコト足りるのに…バカだ…だってワルツ楽しいし…それに今年の夏はめちゃ暑かったから部屋にこもる日が多かったんだもの…ぶつぶつ…断っておきますがこれは趣味の領域です…音源にお金をもっと掛けたかったな…特に弦を…爆

そのほか「さくら貝のうた」(4、5、6年生)「劇遊び リトル⭐︎ウィッチーズ(3年生)」の、合計3本の劇が上演されます。今年はほかの舞台をまだ見ていません。大道具小道具がだいたい揃い、今週から照明も入って夜間練習も始まります。さて、どうなることやら。楽しみです。
 
児童劇団 第44回公演

涼むには夜の寸劇発表会。

山形県民の皆様、酷い雷雨でしたが大丈夫だったでしょうか。今現在大変なところもありますね。どうか被害が最小で済みますように。

IMG_2161ところで、山形市児童劇団の合宿に2日目から参加して参りました。

2日目夜には野外ステージで「寸劇発表会」が行われました。各班に分かれた子どもたちが出演だけでなく脚本演出を手がける発表会です。今年もタイムキーパーの役目を仰せつかりましたので、午後の一番暑い時間帯の日差しが照りつけるリハーサルから、日傘と保冷剤やタオルなど準備万端に整え、舞台正面の客席で観ることが出来ました。

各班のリハーサルを終えるとそれぞれO先生からコメントをいただき、 それを参考にして本番まで短時間で脚本や芝居を練り直します。それぞれ見違えるように芝居が面白くなって行くのがよくわかりました。子どもたち素晴らしいです。心も体も頭も充分に使うことができましたね

合宿3日目の稽古のあと山から下り、例によってカフェにこもり楽譜書き。睡魔にやられそうだったのですが、キンキンに冷っったいコーヒー(山形県民は「つっったい」と読む)で目が覚め、 目標のところまで進むことが出来ました。学校が夏休みのうちに進めなくてはならないことが大きく3つ。暑さに体力を奪われがちだから、食事作りにも手を抜きたくないし。

次のことは考えません。とりあえず今目の前のことをきちんとやりぬくことを考えます。がんばれわたし〜〜!


 

涼むには山の上へ…涼めるんだろうか?

IMG_21607月末に芝居をひとつ、ミュージカルをひとつ観たのに「涼むにはホールへ」っていうブログを書かないうちに8月になっちゃった。編曲と作曲の締切を二つ無事にクリアしたので次のイベントへ参りますよー。

でも直近の締め切りがまだあるんだな。書類書きも楽譜書きも終わんない。全然終わんないけど劇団合宿二日目に合流しまーす。関係者の皆様よろしくお願いしまーす。あ、水筒忘れてる。用意しないと。

しゅう〜りょう〜

山形市児童劇団第43回公演が無事に終わりました。
本番でよりいっそう輝いた子どもたちの姿を大勢のお客様にご覧いただくことができたと思います。子どもたち、お疲れ様でした。子どもたちをサポートし続けたご家庭のみなさまもお疲れ様でした。
脚本制作、演出、助演出、歌唱指導、ダンス指導、 それから作曲・演奏のほかのお二人もお疲れ様でした。舞台、音響照明、大道具小道具、それから市民会館スタッフのみなさまもお疲れ様でした。

印象に残ったことのひとつは、打ち上げで照明担当の Yさんと話したこと。舞台転換のたった1小節、たった1拍の意味とタイミングを的確に読んで照明を付けてくださった方です。非常にマニアックなことをしかもジングル(=つなぎの音楽)にくっつけても、それをきちんと汲み取ってくださるスタッフのいる嬉しさ、心強さ!劇中劇「ももたろう」の、小鬼たちが戦う場面も視覚的にもとっても楽しかったですね。ここでひとこと。『オタクは世界を深化させる』。ふふふ。(と勝手に思ってるだけ笑)

もうひとつ印象に残ったことは、これからのことを数人と話したこと。 やりたいことは決まってる。始動しよう。どこから始めようか。何をしようか。 まだまだ形は見えてないので公表はしません。数年かかると思うけど、年取ってアタマが硬くなって体が動かなくなる前にやりたい笑

本番の写真を全く撮ってないので、今日の記事にはあいにく載せることができません。なので、リハーサル中の音響卓の写真を一枚載せておきます。劇中の一曲の多少気になった部分があったので抑えてもらいました。(画面右上のちっちゃい画面、下向きに三角形ができてますがココです。)…ってなことをやってもらってました、Hさんほんとにありがと〜〜
 
IMG_1888

明日は山形市児童劇団第43回公演です。

お知らせです。今頃ですが。

================================

山形市児童劇団 第43回公演【入場無料】

《山形市民会館主催事業》

【 と き 】平成30年2月25日(日)
【 ところ 】大ホール
【 1回目 】開場 9:30 開演10:00
【 2回目 】開場13:00 開演13:30
【入場料】無料
【 演 目 】よみがえれ!SL「天の川」 (作 白鳥樹一郎  演出 佐藤満徳)
     なにぬね忍者で大騒ぎ! (構成・演出 大沼篤)
     だめだめ砦の三人組 (作 須藤翔平  演出 須藤正博)
【 出 演 】山形市児童劇団

【問合せ】山形市民会館 023-642-3121 

============================

このため今週は2日ほど夜間練習があり、本日ゲネプロを終えました。

写真は、山形市民会館の音響席から舞台を見た風景です。もう一本の芝居も含め、今回も大道具さんたちの力作が揃いました。
私が音楽を担当しているのは「だめだめ砦の三人組」の芝居。音響を担当してくださるのはHさんです。私は仕事部屋ではいつもヘッドフォンで音を確かめながら音源を作っていますが、ホールに音を出すと印象が全く変わります。Hさんが声、歌の伴奏、歌以外の音楽、効果音などなど細かくバランスを整えてくださいましたよ。うーむ、この音響卓に変わってからわたし見てない気がする。劇団の本番そのものが2年ぶりだし汗

子どもたちがキラキラ輝く瞬間をぜひご覧ください。子どもたちの元気をもらいに来てくださいね!

IMG_1886IMG_1887IMG_1885jigeki43-thumb-250x353-1133


 


    
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: