The toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

演劇・劇音楽

しゅう〜りょう〜

山形市児童劇団第43回公演が無事に終わりました。
本番でよりいっそう輝いた子どもたちの姿を大勢のお客様にご覧いただくことができたと思います。子どもたち、お疲れ様でした。子どもたちをサポートし続けたご家庭のみなさまもお疲れ様でした。
脚本制作、演出、助演出、歌唱指導、ダンス指導、 それから作曲・演奏のほかのお二人もお疲れ様でした。舞台、音響照明、大道具小道具、それから市民会館スタッフのみなさまもお疲れ様でした。

印象に残ったことのひとつは、打ち上げで照明担当の Yさんと話したこと。舞台転換のたった1小節、たった1拍の意味とタイミングを的確に読んで照明を付けてくださった方です。非常にマニアックなことをしかもジングル(=つなぎの音楽)にくっつけても、それをきちんと汲み取ってくださるスタッフのいる嬉しさ、心強さ!劇中劇「ももたろう」の、小鬼たちが戦う場面も視覚的にもとっても楽しかったですね。ここでひとこと。『オタクは世界を深化させる』。ふふふ。(と勝手に思ってるだけ笑)

もうひとつ印象に残ったことは、これからのことを数人と話したこと。 やりたいことは決まってる。始動しよう。どこから始めようか。何をしようか。 まだまだ形は見えてないので公表はしません。数年かかると思うけど、年取ってアタマが硬くなって体が動かなくなる前にやりたい笑

本番の写真を全く撮ってないので、今日の記事にはあいにく載せることができません。なので、リハーサル中の音響卓の写真を一枚載せておきます。劇中の一曲の多少気になった部分があったので抑えてもらいました。(画面右上のちっちゃい画面、下向きに三角形ができてますがココです。)…ってなことをやってもらってました、Hさんほんとにありがと〜〜
 
IMG_1888

明日は山形市児童劇団第43回公演です。

お知らせです。今頃ですが。

================================

山形市児童劇団 第43回公演【入場無料】

《山形市民会館主催事業》

【 と き 】平成30年2月25日(日)
【 ところ 】大ホール
【 1回目 】開場 9:30 開演10:00
【 2回目 】開場13:00 開演13:30
【入場料】無料
【 演 目 】よみがえれ!SL「天の川」 (作 白鳥樹一郎  演出 佐藤満徳)
     なにぬね忍者で大騒ぎ! (構成・演出 大沼篤)
     だめだめ砦の三人組 (作 須藤翔平  演出 須藤正博)
【 出 演 】山形市児童劇団

【問合せ】山形市民会館 023-642-3121 

============================

このため今週は2日ほど夜間練習があり、本日ゲネプロを終えました。

写真は、山形市民会館の音響席から舞台を見た風景です。もう一本の芝居も含め、今回も大道具さんたちの力作が揃いました。
私が音楽を担当しているのは「だめだめ砦の三人組」の芝居。音響を担当してくださるのはHさんです。私は仕事部屋ではいつもヘッドフォンで音を確かめながら音源を作っていますが、ホールに音を出すと印象が全く変わります。Hさんが声、歌の伴奏、歌以外の音楽、効果音などなど細かくバランスを整えてくださいましたよ。うーむ、この音響卓に変わってからわたし見てない気がする。劇団の本番そのものが2年ぶりだし汗

子どもたちがキラキラ輝く瞬間をぜひご覧ください。子どもたちの元気をもらいに来てくださいね!

IMG_1886IMG_1887IMG_1885jigeki43-thumb-250x353-1133


 


    

蜂子皇子物語・番外編

タクト鶴岡での公演では、各部門に就いたスタッフにも大変お世話になったんですよ。大規模な舞台を動かすには大勢のスタッフの協力が欠かせませんが、今回は特に特に音響さんにお世話になりました。

今だから言いますが、金曜のリハ中「ある効果音の音源がない」ことが発覚したのです。しかも二箇所も。翌日はもう演技と歌と生演奏とのリハーサルが行われるというのに。
しかし!!まず近くにいらした音声担当のMさんにこの件をお伝えしたら、早急に効果音担当の音響さんにつないでくださいました。Nさんは他の場所でも本番があったにもかかわらず迅速に的確な音源を作成してくださいました。Aさんにそれを使う箇所をお伝えしたところ、完璧なタイミングと音量できちんとリハーサルに間に合わせてくださったんです。もう脂汗かいて音響担当の皆様に平謝りです。本当にありがとうございました。素晴らしかったです!!

本番のオーケストラピットの中で私が使ったのは、諸事情によりKeyboard(電子ピアノ)でしたから、音量や吹奏楽とのバランスはすべて音響さん任せだったのです。そして事故が起こったのは 一回目の公演の「純恋歌」でした。急にKeyboardの音が小さくなり、何をどう操作しても直らず大変に焦りました。(それで舞台上の事故は後から知りました)(あの瞬間は神様が何かいたずらをしたくなっちゃったのでしょうか)
一回目の公演後に音響さんsがオケピットまで来てくださり、カリカリしていた私に嫌な顔一つせず、Keyboardの具合や配線を確認してくださいました。後から考えるとやはり脂汗です 様々に対処してくださってやっと音量が安定しましたので、そのまま二回目の公演へGO! 無事にラストの「愛する故郷」まで演奏することができました。

音響さんのお仕事は音楽家と同じ。音が出てしまったら引っ込めることができません。しかも彼らは演者・演奏者の音をそのまま伝える責任を負うのです。しかも決して表に出て目立つようなことはありません。信頼できる音響さんとの仕事は、なにものにも替えがたい充足感を生みますね。
一昨年の羽黒公演に続き、今回も大変お世話になりました。ご迷惑をおかけしてすみません。ありがとうございました。

IMG_1883おまけの写真は脂汗をかいた後の金曜夜のホテルにて。いただいた弁当と、いただいたシフォンケーキと、コンビニで買った梅酒を飲み飲み、MacBookを広げて次の仕事をしておりました。

次はシベリウスの編曲です。季節はまさに真冬、シベリウスにぴったりなんだけど、なかなか私の中身がシベリウスにならず、どちらかというとワーグナーとかそんな感じなので、オーケストラ譜丸写しの部分だけ進めて後はレジェンド葛西さんをぼーっと眺めておりました。

葛西さん。元気をいただきました。ありがとうございます。



 

ちょこっと音楽3

ちょっと日にちが開いてしまいましたが…引き続き音源を公開して行きます。

2016年2月公開・山形市児童劇団定期公演「ペッパータンの旗」より
脚本:白鳥樹一郎/演出:佐藤満徳 


はい、タイトルロール「ペッパータン」の7人が登場する場面です。
おもちゃみたいな音を目指しました。

ペッパータン登場!(0:22) 



 このペッパータン7人が歌うテーマソング。
自分で「おつまみみたいな名前だけれど」って言ってますね(^^)

大人になりたい(2:05) 



ペッパータンが去ったあと、主人公けんたの独り言の場面につなぎます。
舞台は夕焼けのオレンジ色に染まっています。

ペッパータン退場〜つなぎ(1:08) 



もしも聴いて下さった方がおいででしたら心から御礼申し上げます!
真面目にシリアスな曲も書きますが、こんなこともやってます(^^)
劇団は大学卒業後から関わってますから、だいぶ長いですねー

ところで2017年2月公開の音源を私持ってないんですよ。本番にいなかったし。
どなたか持ってませんか??


 

ちょこっと音楽2

さてさて、公開済みの音源を引き続き少しずつアップして行きますね。
舞台が終わってしまってもう使わないかと思うともったいないように思うので、
多くの方々に聴いて頂ければと思い、ここにアップして行きます。
すてきな心あたたまる脚本と、元気な子どもたちによるお芝居の、
たくさんの方々の手が掛かった大事な作品ばかりです。


2016年2月公開・山形市児童劇団定期公演「ペッパータンの旗」より
脚本:白鳥樹一郎/演出:佐藤満徳


ストーリーは…
子どもたちの願いを叶えてくれる妖精のような存在、ペッパータン。
↓妖精というより藤子不二雄先生の漫画に出て来るヒーローのような感じ(^^)
wDSCF9409





ペッパータンは1号から7号までいますが、この子たちと、
小学生のパフォーマンスチーム「雪童(ゆきわらべ)」の交流を描いた作品です。
この写真は舞台背景が出来ていませんので、本番の写真ではありませんねー
舞台制作は(有)山形綜合舞台サービス、衣装担当は山鹿緑先生です。

まずは幕開け、オープニングです。
↓このリンクをクリックののち、オレンジ色の▶︎を押すとスタートします♪

オープニング(0:59)

ストーリーが少し進んだあとに出て来るメインテーマ「一歩ずつ進もう」を
ボサノバ風にアレンジしておりますが、DTMはなんだかぎこちないですね💧

ではそのメインテーマ。ラストシーンで使われた音源です。
作詞はこの脚本を書かれた白鳥樹一郎先生です。

一歩ずつ進もう(2:30)

舞台用なので、歌がLeft、音源がRightに入っています。少し音量が低いです。
間奏が長いのですが、ここでペッパータン1号がセリフをしゃべっています。
後奏はセリフのあと緞帳が降りるタイミング=14秒を少し超えるくらい。

子どもたち、ダンスしながらだとなかなか声が出にくいし歌いにくいのですが、 
本番はがんばって歌いましたね!
歌唱指導は鈴木瞳先生。ダンス指導は東海林文乃先生。
いつもいつもお世話になっております!

5cf1a433こんなことしてましたねー。

まだ作ってる段階はラクなんですよ、
現場に出してみて気付くことが今でも山のようにあります。
子どもの実際の声域とか芝居の繋ぎとか「間」とか。
でも劇音楽は楽しくて楽しくて。

関係者の皆様、いつもありがとうございます。
今年もがんばります!

音源公開は引き続きちょこちょこやっていこうと思います。
次はいつになるかな…??


 
プロフィール

kijimayumiko

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ