Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

家族

タイムカプセルなのだ

さて、とある曲の推敲にかかっています。

子どもたちがまだ小さくて、私が作曲の勉強を始めてすぐのころ、初めてプロオーケストラに演奏していただいた演奏時間20分ほどの作品です。 

今眺めると「なんじゃこりゃ」「なんじゃこりゃ」「なんじゃこりゃ」しか出て来ません笑笑笑 やりたいことをやりたい放題詰め込んで、整理もせず削ぎ落としもせず、雑然と並んでいてカオスですよ。師匠に何度も「音楽を浪費するんじゃない!」と叱られたことを思い出します爆笑

でも手書きで必死に書いたんですねぇ、何ヶ月も掛けて。このスコアを書いている隣では娘がゆっくりゆっくり朝ごはんを食べていたり、 学校から帰って来た息子がランドセルを放り出して床に寝転がったりしていたっけ…いちいち風景を思い出して、まるでタイムカプセルのようです。

幼稚園ごろまでの娘はご飯を食べるのがとても遅い子でしたので、どう頑張っても娘より速く食べ終えてしまう母は、もともと隣で手仕事をしていることが多かったのです。 手紙を書いたり手芸をしたり。でも娘を連れて大学の先生の研究室に作曲レッスンに通うようになってからは、娘の隣で課題を解いたりしていることも多くなりました。

息子が(このあと娘も通った)通った小学校は、家から3キロ近く歩かないとなりませんが、近所の友だちと賑やかに6年間通いました。それでも下校時間が長いといろんなことが起こるのですよ。ある日、息子が玄関先でうずくまっているのでどうしたのかと思いきや、「お母さん!話しかけないで!もれちゃう!!」というのもありましたし、あまりに疲れて玄関先で眠り込んでしまったときもありました。冬は雪で遊びながら帰って来ますので、ほっぺは真っ赤、服はびしょびしょ、急いで長靴を乾かさないと!という毎日でした。

…なんてことをね。このスコアを見ていると思い出すのですよ。このおもちゃ箱みたいにいろんなことが詰まりすぎてカオスなスコアをね。まるであの日々のような。

「Pleuvoir〜あめふり〜」。子どもたちと眺めた雨の風景…例えば、とあるお店のガラス窓をつたう雨粒の中には、付近の道路を行き交うクルマやトラックが小さく逆さまに映っているのを、飽きもせず眺めた記憶…など…を音楽に描きました。子どもたちが目にする新鮮な世界への生き生きとした驚きが、無意識的に感情を押し殺して生きてきた母=私を解き放ってくれました…かね。照れますねどうも。

少しずつ音を整理して、もっとシンプルな響きを目指します。このとき描きたかった世界にしては音が多過ぎるから。でもこれはこれで初演版として大事に取っておこう。私が成長してきた跡だなぁ。

今現在の、空を飛ぶような気持ちのイメージの写真を載せておきます。先日眺めた、東京→大阪の途中の富士山です。ここ数日暑いので涼んでいただきましょう笑

IMG_2817
 

4月〜

さて4月上旬は、とっても聴きたかった関谷さんと井上さんの演奏会どちらも行けない(号泣)くらいにいろいろありました。 


🌸まずは4月4日(金)の実家の用事。母のお医者さんの受診のためです。母を車椅子と車と移動させるのがだいぶ上手になってきました。百戦錬磨の力持ちのヘルパーさんの真似をしていたら即座に腕や腰を痛めましたから、いろいろ試行錯誤してみてやっと何とか自分なりに出来るようになってきました。慣れてきましたのでトイレもレストランもOKです。嬉しい。母と🍓いちごミニパフェを分けっこして食べたのですが、写真を撮るのを忘れました。残念。(なぜ分けっこかというと、冷たくないいちごとゼリーの部分は母が、冷たいアイスクリーム部分は私が食べたのですよ)


🌸4月6日(土)は午後2時から山形市七日町・中央公民館ホールにて『県立山形弐十壱高校 定時制』の公演でした。
当初は編曲担当だけだったんですが、私にとっては音を出すのは大問題で。余計なことと思いつつリハーサル、ゲネプロとホールに張り付きました。 
本番では大勢のお客様にげらげら笑ってもらって本当によかったですね!若者から大御所の方々まで、幅広い年齢層のお客様に楽しんでいただけたようです。 弐十壱鶴堂の皆様、旗揚げ公演のご成功おめでとうございました㊗️
それと、山形大学のN先生が本当に観に来てくださってびっくりしました。仙台の本番もお聴きいただけたのでしたね。ありがとうございました。とっても嬉しいです✨


🌸次の4月7日は某団体のオーディションと会議。物事の性質上これについて詳しく書けませんが、とにかく午後までかかって済ませました。関係者の皆様お疲れ様でした。今年度、またよろしくお願いいたします。
何にも写真がないのは寂しいので、こちらの写真でも笑。お昼のお弁当は山形市松原の米工房たかはしのものです。お米屋さんのお弁当は美味しかったですよ〜♪

IMG_2650


🌸続く今日4月8日(月)、たった今のメールのやり取りで一つプレッシャーから解放されました。今週は学校も始まりますし、次のことと次の次のことにアタマを悩ませています。 混乱しないよう指差し確認👉です。
心落ち着けたい夜には読書を。いにしえに心を馳せてタイムスリップです。4月は珍しく13世紀を選んでみました。はて。どんなことになるやら、楽しみ楽しみ。

FullSizeRender


 

きゅう〜けい〜

手書きでたくさんメッセージを書かなくてはならない時期に突入しました。なぜかは詳しく書きませんが、とにかく毎日手書きです。パソコンで打ってもいいんですが、子どもたち・若者たちへのメッセージは手で書きたいという独断と偏見による作業です。別に他のひとに押し付けるつもりはございません。私の勝手なこだわりなだけです。で、勝手に肩が凝る、と。

勝手に肩が凝るのはもう仕方がないので、ストレッチやウォーキングなどしつつ少しずつやっています。

ウォーキングといえば…近くの●トールコーヒー☕️まで歩いたら10,000歩以上ありました。我が家は、どの方角を向いてもお店がたくさんある地域から同じくらい離れているので、歩くとすればどこに行くにもこれくらいになります。もっと歳を取ったらどうしよう。あ、バスに乗ればいいのか。でもバスは午後8時で終わっちゃう田舎ですから、コンサートを聴きに行ったら帰って来られませんね。タクシーだとべらぼうにお高い💰です。今からひどく心配です。 

なんの話だっけ?あ、手書き仕事でしたね。 なかなか集中できずにいるときには、机の上の“住人”たちと遊びます。福島市の従姉妹が営む雑貨屋さんで手に入れたものたちです(植木鉢のひとをのぞく)。

IMG_2631

右側で横たわっているパンダや黒猫やカエルは、背面がマグネットになっていて傾けることができ、腹筋してくれるんです。レッスンに来た小学生が遊んでいきます。何をして遊ぶかはヒミツです。はい、どうでも良いですね。さっさと仕事しなさい、わたし。


ところで、昨日は娘の大学の卒業式でした。

就職も決まり運転免許も取って引っ越しも完了です。物騒な世の中なので女の子ひとり東京に出してやるのは非常に心配ですが、満員電車通勤を避けられただけ良かったと思うことにします。
 
袴とともに、30年前に私が大学の卒業式で着たオレンジ色の振袖を着せました。まるで母のコピーでしたよ、娘的にはフクザツでしょうけど笑

a06b2fb5-s


 
 
 

おともは猫さん

先日、父の快気祝いを配るため実家の近所を巡りました。

父へのお見舞いを届けに実家や病院に来てくださったのはおじちゃん達が多かったので、何人かのかたには既にご挨拶申し上げていたのですが、おばちゃん達にお会いしたのは…数十年ぶり??
「あらぁ〜ゆみこちゃん、しばらくだったこと〜」 と、声を掛けてくださる各家のおばちゃんやおばあちゃんたちとそれぞれ長話をしました。

小さいころ、近所のお姉ちゃんや友だちと遊んでいると、声をかけてくれるのはその家のお母さんやおばあちゃんでした(もちろんお父さんたちも声をかけてくれました…ほとんどが農家でしたから)。家に上がってお水を飲ませてもらったりトイレを借りたり時々おやつをもらったり。雨の降る日は家のなかでかくれんぼしたっけ(今思えばすごく迷惑な話で💦)。そんなでしたから、数十年分の話は積もりに積もっていて、各家の子たちの消息を聞くだけで朝の時間が終わっちゃいました。

思い起こせば、私にバイエル上巻を教えてくれたのは実家の近所のMちゃんという4つ歳上のお姉ちゃんでした。この家での婚礼の様子や、近所の春のお神楽や夏の盆踊りなど、遠い記憶の深いところにある音を紡ぎ出したのが 、拙作Piccolo Sonata「瑠璃」です。心象風景としてだいぶファンタジーのフィルターをかけましたが笑

実家周辺は実に田舎らしい田舎なので(笑)、それぞれの家がとても大きくて犬や猫がたくさんいます。その中の猫の一匹が、私についてきました。が、決して目を合わせようとしません。 撫でようとすると逃げてしまいます。でもしばらくするとまたついてきます。寂しいのかな。

心の奥底の父とのごちゃごちゃを片付けるべく自分とも闘う日々ですが、 なんとなくこの猫さんに親しみを感じて愛しくなってしまいました。元気でね。また来るからね。

b9a907e6-s

 
ちなみに、実家周辺には数十年前は牛も馬も豚もいました(震災前までは牛がいましたね)。その中でピアノやエレクトーンのある家が何軒かあったのは、今思えばだいぶシュールですね〜。

 

なんとか2月を乗り切れそうな。

2月もそろそろおしまいですね。

実家の母親に引き続き父親の面倒も見なくてはならなかったこの冬、2月初旬でいちおうのケリが着いたのですが(一部まだやってますが)、今度は娘の引っ越しと卒業というイベントがやってきました。諸事情により、今月いっぱいで部屋を空け渡さなくてはなりません。

4年前、息子が仙台から引っ越すときにちょうど娘が仙台の大学に入学するというタイミングでしたので、その時は息子の家電や自転車などは娘(つまり妹)に渡せば済んだのですが、今度はそうは行きません。後輩にあげる、売る、廃棄する、山形の家で使うなどなど、いちいち全部の行き先を決めなくてはなりません。今回は大きなクルマをレンタルせず、夫婦二人のクルマで山形〜仙台を往復することにしました。すでに2台×2往復。本や書類も多いけど娘は服や雑貨が多い!母親としてはあの後どうなったかな…などと心配しています。明日で完全退去のはず。卒業式まであとひと月、なんとか生き延びるのだ、娘よ。

先日、引っ越しその2のとき、近所のカフェで家族でひとやすみしました。ここに来ることももうないかな…でもそんなことも無いかもしれない。

IMG_2537

8年前に息子が仙台の大学に入学した時は、家族や私にとってまだまだ遠い存在だった”仙台”という街が、8年後には「いつもの街」「仕事する街」に変化しています。子どもたち二人とも東京に行きますから、これからまたいろいろと変化していくんでしょう。


ところで、先だっての日曜日は山形市民会館第ホールにて山形市児童劇団第44回公演が行われました。

IMG_2533

今年度は夏の合宿以降はほとんど稽古に出られなかったのが残念です。どの班の演目でもきらきら輝く子どもたちが舞台いっぱいに演技していました。合宿のころからすれば随分成長しましたね。大きな舞台の経験が未来への大事な栄養になることでしょう。「文化」が持つ、大事な役割を果たせたかと思います。
保護者の方々、市民会館スタッフや児童劇研究会指導者のみなさま、おつかれさまでした。何度もクドクド申し上げますが…こんなに踊れる子たちなのだから、もっと踊りを書きたかったなーー。みなさん、満徳先生ごめんなさい。稽古行けずにごめんなさい。

さて、次のお芝居の音を作っています。編曲ですから「産みの苦しみ」のようなものが無いので気が楽ですが、反対に自分が書いた曲の編曲じゃないので、中にはなかなか”色”が付けられないものもあって楽じゃないです。楽だけど楽じゃないです。矛盾してますが本当です。ぐだぐだ言ってないでさっさとやります。 お知らせは後日。ちょっと待っててくださいね。

追記:
「あのころはよかった」的な話や懐メロが苦手です。過去の自慢話ばかりというのもキライです。過去の入賞歴を書き連ねるプロフィールも(必要に駆られて書いたりしますが)本当はあまり好きじゃありません。今現在とこれからの話をしましょう。ぜひ。




 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: