Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

季節

やらねば、の時期になってしまったのだけど💦

2つめの作曲中です。
物語に音楽を付けていくので、結構な長さになる予定。一場面一場面、ひとつひとつ音を紡いでいくのは楽しくて幸せな時間です。いつまでもこうしていたい。

こうしていたいけど、身体が固まっちゃうのはイヤです。1日のうちでどこかはウォーキングかプールか、時間を取りたいと思っています。なんといっても、長く強く集中するには体力が必要ですから。 

今日は郵便局に用事があったので、クルマで出かけたついでではなく、とある場所から郵便局まで歩くことにしました。片道2kmちょっと。 今日は肌寒い感じですが、風の香りで様々な植物の呼吸の気配を感じます。

梅雨というだけあって、途中の道端には梅の実が見られました。完熟にはまだまだの青さです。

IMG_2891

青くて硬いといえば、こちらは桃。梅より葉の形が長くて細くて薄いです。

IMG_2892
 
この実が大きくなって熟すころは……か〜〜っと暑くなるころですねぇ…暑さ真っ盛りに甘く甘く実る桃が楽しみです。暑いのはきらいですが❗️

複雑なテクニックを駆使して難しそうにやるよりも、シンプルな音で余裕を持って十分に鳴らしてもらう方が好き。でもそればかりっていうのもつまんない。<音のパレット>にモチーフや和音などたくさん広げて、<音の物語>を描いていく楽しさ。 

…などと妄想ばかり繰り広げてないでさっさとやらねば。本当はあまり時間がナイ。直子ねえさん、りょうちゃん、あやこ、ちょっと待ってて。宣伝もしなくちゃ。 
 

かおり

五月も下旬になると、近くの川沿いのこの木が一斉に花をつけます。

IMG_2849

ニセアカシア。ラテン語(Robinia pseudoacacia)を直訳したから「ニセ」がつくんだそうですがなんか気の毒ですね。こんなにゴージャスな花なのに。和名はハリエンジュ(針槐)。

一週間ほど前はまだ「良い香り♡」だったのですがここ数日はだいぶ香りが強くなってきました。
特に、風が吹いたりすると、付近一帯がニセアカシアの甘ったるくて少し苦味がまじったような匂いで充満します。はっきり言ってクサイ。 

でも、この香りがすると山形盆地ではさくらんぼの収穫に向けての作業が佳境を迎える時期なのです。そして、この香りがすると娘の誕生日がやってくるのですよ。
香りはいろんな想い出を連れてきますね。


 

桜・さくら・SAKURA

ご無沙汰しておりました。

10連休はいかがお過ごしでしたか?どこへ行っても人も車も混雑していて、某映画のワンシーンのように「見ろ!ひとがゴミのようだ!」と叫びたくなることが幾たびもありました。でも北国はちょうど桜の季節のこともあり、4月中旬から数えると合計9回のお花見をすることになりました。今日のブログは写真多めでご紹介しましょう。

まず、4月中旬の主人と私の実家付近の桜から。一目千本桜と中村城址。
大河原の桜

相馬の桜

なぜか山形市の桜を撮り忘れました。私は山形市民じゃないのか…?

先日、作曲講座の見学でお邪魔した北上市でも満開の桜に出会えました。
北上市の桜


そして平成31年も終わりの大型連休。前半はお天気もぐずついていたのですが、あまり長い休みのない我が家のことですので、「子育て完了打ち上げ!」と称して長旅に出かけました。ある目的を持って出かけたのですが、偶然にも各所で満開の桜に出会い、大混雑に巻き込まれたことが数度😓本当に花見に出かけたわけじゃないんですよ(じゃなんでアップするんだろう?)。写真のタイトルを見ていただければお分かりいただけるかと。(じゃなんでその写真をアップしないんだろう?)

青森県八戸市・根城の桜。
枝垂れ桜が多いところでした。
根城の桜


青森むつ市・「来さまい大畑桜ロード」
初めて知りましたが、7.8キロ1400本もの満開の桜が出迎えてくれました。
来さまい大畑桜ロード


北海道に渡りました。松前城の桜。八重桜が多かったですよ。
松前城の桜

五稜郭の桜。
星型の城郭の突端から見渡すと…。
五稜郭の桜

五稜郭を見下ろせるタワーには登りませんでした。
ご想像の通りの人混みでして。


本州に戻って
弘前城の天守閣から見下ろす桜。
ソメイヨシノは散ってしまい、枝垂れ桜が盛りでした。
岩木山も雲の中。泣。
弘前城の桜


秋田・久保田城も巡りましたが、桜は終わってましたね〜。 

八戸根城・南部氏が、秀吉ほか連合軍の小田原攻めのときに参上しなかったので城を潰された話とか、津軽氏は南部氏の分家であるとか、松前藩とアイヌの交易の様子とか、箱館戦争の際に鉄壁と言われた五稜郭がどうして落城したのかとか、実際にその地に行ってみないとわからないことが盛りだくさんの、歴史オタにはたまらない旅でした。

ところで、改元の際に継承された三種の神器のうちの「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」は、元の名を「天叢雲(あめのむらくも)」といい、雲を呼び雨を降らせる剣なのだそうです。歴史オタの間では「本当に雨が降った〜!!」と大変に盛り上がっておりました。旅の間のお天気はよくなかったけど、そういう事情だったので仕方ないです(単純)(じゃあなんでその期間に出かけたのか?笑)。


そのあと、息子が帰省してきてから行った七兵衛そばのある
山形県大石田町・次年子の桜。
次年子の桜
 
とってもいいお天気。
空を行く飛行機ばかり眺めていました。
待ち時間が長くて。

連休中はとても日本らしいところを満喫できたように思います。こうやってみると、山形の桜をちゃんと撮ってないのが本当に悔やまれます。自分の住むところを大事にしましょう、うん。 

 

春を買いに

久しぶりにお花を買いました。
大好きなラナンキュラスはもうおしまいの頃なので、アルストロメリアを。一種類でも豪華な感じでしかも長持ちする、おトクな(笑)お花です。
 
IMG_2654

お花やさんが少なくなったような気がしますが。どうなんでしょう。わたしもごく最近までお花どころではなかったので、買い求めて室内に飾るのも数年前よりもぐっと回数が減っています。どうも寂しいですね…。

お店の外に出たら、着陸態勢に入った飛行機が頭上を飛んで行きました。

IMG_2653

ああ、旅行に行きたいな。我が家の子どもたちは元気かな。特に社会人になりたての方はちゃんと生きてるかな。

 
 

雪見ツアー!

先日、1日だけ完全に自由になる日がありましたので、癒されに行こうという相談になりました。つまり、美味しいものと温泉ですよ。で、次年子(じねんご)そばと、大蔵村・肘折温泉ツアーを敢行しました。

雪国というのにも強弱がありましてですね。山形はmf(メゾフォルテ)くらいですが、次年子はfff(フォルテシシモ)、肘折温泉は時々全国ニュースになるくらいのfffff(フォルテシシシシモ) の雪国です。この寒いのに何が悲しくてこの豪雪地帯に行くのかというと、寒いからこそのおそばと温泉なのですよ。

IMG_2485

国道13号線を北上、新庄市付近から左折して西に向かうと、十数分でこの景色です。たくさんの除雪車が稼働していました。お疲れ様です。ありがとうございます。(自動車学校の教習車も何台も見かけました)(この雪道で教習したら怖いものないよね汗汗汗)

IMG_2488

次年子(じねんご)の七兵衛門そば。
他県ナンバーの車をたくさん見かけました。

IMG_2487

午前10:48で番号札1番を取れました。…この数字の偏りかた、ほんとは二桁にしたかったのではないでしょうか…などと密かに思ったり…

IMG_2526

おそばは大根汁とお出汁につけて食べます。大根の漬物や昆布、きくらげの煮物が出ましたが、メニューは「もりそば」のみ。ただし、1200円食べ放題。 

IMG_2527
 
 断らない限り、この分量のお椀がどんどん運ばれてきます。
私は1杯半、ダンナは2杯半。 

IMG_2508

さて、肘折温泉へ。どんな雪降りでも郵便は届くし宅配は届くのです。今年は少ない少ないと言いつつこの積雪量。雪国のひとは真面目だなぁと常々思っているのですが、真面目でないと生活できないのですよね。降るそばから片付けないと外を歩けないどころか、家から出られなくなりますね。

IMG_2510

肘折温泉カルデラ温泉館。肘折温泉街のもう少し奥にあります。

IMG_2512

雪が降れば降るほど温泉の入浴料が安くなっていきます。24時間降雪量が60センチ以上だと入浴料400円引き! もともとの入浴料が450円なのに!

ものすごーく寒い中でしたが、とってもとっても温まる温泉でした。身体の芯からほぐれる感じ。いつまでも身体がぽかぽかして気持ちよかったです。
ああ、でもこの極楽を体験するにはこの雪道を行かないとならないんです。

IMG_2517

帰り道もこんな感じ。山形までだいたい1時間半でした。 

まぁ、普段の生活は相変わらずいろいろいろいろありますが、こんな日がたまにあれば元気が出ます。

ちなみに、次年子(じねんご)という地名は、この地域のあまりの雪の多さのため、冬の間に生まれた子どもは役場にすぐ届け出ることができず、次の春になってから届けたためと聞いています。遠い遠い時代から、みんなで身を寄せ合って生きてきた雪国なのですね。
 


 

 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: