Toy box of the music

作曲家 木島由美子の音楽と舞台裏。

友人

新年ですね

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

securedownload-2


違うな。
あけてしまっておめでとうございました。

もう12日ですよ。中旬です。

何をしていたかというと、実家の父が具合を悪くしたので実家往復をしたりしていて、つまり高校以来の久しぶりの久しぶりに「太平洋側の住人」になっていたのです。
 
太平洋側に長くいると何が起こるかというと…空気が乾燥して喉が痛くなります。風邪をもらいやすくなるのがよくわかります。中途半端に寒いせいなのかあちこち中途半端にしか暖房しないから身体も冷えます。すでにしっかり雪国仕様になってしまった身体にはちょっと辛い1月中旬です。

実家の父は比較的元気です。参っちゃってますが。生活のこまごましたことは娘の私がやるしかないでしょう。

というわけで、主治医の先生、親族、父の友人のみなさん、実家のご近所のみなさん、私の友人のみなさんの心強い支援や暖かいお言葉に励まされたり癒されたりしつつ日々を過ごしています。移動回数も多いし移動距離も長いので、ゆるゆる呑気に行こうと思います。

このブログもしばらく静かになっておりましたが、この生活の中で思うことを少しずつ綴っていこうと思います。なんというか…人生に深みをもたらす出来事ばかりで。うまく書けるかどうか。

とりあえず山形に戻って参りました。今夜は思う存分眠ります。


こんなところを走る電車に乗って仕事に通いました。
上り方面を見ても、下り方面を見ても、まっっっっすぐなレール!

securedownloadsecuredownload-1





 

バセットホルントリオでございますよ

土曜日、某所にてバセットホルントリオの合わせがありました。トリオの名前は「 Trio di Umpontane(トリオ・ディ・アンポンタン)」と言い、ふざけているようにも見えますが、濃ゆいメンバーによる、立派な演奏経歴を持つ団体なのです。→(うにの五線ノートから…:日本クラリネットフェスティバルin山形
このときのブログのなかで9年前の私が「あたしが書くっ!」などと言っていますが、このあと、本当に書いてしまったのが拙作「かぷかぷかぷりす」なのです。このお三方がありがたいことにしっかり練習してくださって、今回の合わせ練習にお呼ばれとなり、拙作を初めて聴かせていただきました。

IMG_2327

左から「あん」さん、「たん」さん、「ぽん」さん。三人揃って「あんぽんたん」。ちゃんと名前の意味はあるのですが省きます(ケチ)。バセットホルンはアルトクラリネットとはまず音色が違います。平たく言えば「ふつうのクラリネットの、音域が下の方まで出る楽器」という感じです。リードも「ふつうのクラリネット」と同じです。

拙作「かぷかぷかぷりす」は、なんだかんだ言いながら小規模なシンフォニーくらいの内容に仕立てました。1楽章はソナタ形式、緩徐楽章とスケルツォ楽章を入れて、最終楽章はマーチにしてあります。形式はきっちり整えておきながら、音がネジが外れて壊れているんですよ。今更ながら自分のしわざにびっくりです。 何やってんだおい、と自分ツッコミを入れつつ楽しく聴かせていただきました。ヘンな仕掛けをいくつかしましたが…ちゃんと音になるんですねぇ。ありがとう。

練習の前後には今後の演奏会の企画を。「企画」の「企」は訓読みをすると「たくらむ」と読みますね。ふふふ。ソロも含めて楽しそうな。ピアノを練習しないとなりません。ご迷惑にならないよう頑張ります。
IMG_2324


IMG_2325あの…このお三方は基本的にとても真面目な方々だとしっかり理解しているのですけど、あくまでも「基本的」なので…。

どんなふうに基本的にかというと…メンバーのお一人あんさんからいただいたのがこのハリセン。しっかり山形新聞で作ってあります。合わせにハリセン?何をしろと?爆笑。
 

ヤギさんじゃないので食べずに読みました、お手紙。

秋が深まってきましたね。散歩するのも楽しい季節です。

FullSizeRender

このひろーいひろーーーーい公園、落葉樹がたくさん=落ち葉がたくさん=ひたすら大きな袋に落ち葉を詰める方々=果てしないなぁ…ご苦労さまです…などと思いました。公園の入り口付近では、掃除機の逆…つまり吸い込むのでなく、吹き飛ばす装置でもって道路の落ち葉を片付けている人を見かけました。あんな機械があるんですねぇ。あ。ブロワーっていうんですね、バキュームの反対。手でひたすら片付けることしか知らなかった。

途中にはみごとな紅葉が。 FullSizeRender

春生まれの緑の葉が迎えた
壮大な終焉。

すごいなぁ。

さて、先日友人からお手紙が届きました。このLINEやメールばかりの日々に突然届いた、可愛い便箋に手書きされたお手紙です。びっくりするやら嬉しいやら。

ちょうどヤングコンポーザーコンサートの定例会議のため仙台に行ったのですが、そのときに時間をかけてお返事を書くための便箋を選びました。

友人のことを思いながら便箋を選ぶ…なんて素敵な時間なんでしょうか。考えてみると、読書や手紙など、手間と時間を掛けることが私にとって一番贅沢なことのように思います。言い換えれば手間を時間を掛ける心の余裕があるのが贅沢というか。もう少し考えると、人に会うことも、料理することも、全てそうなんですよね。メールや電話やコンビニに頼ることなく省略しないで生きる、とでも言えばいいでしょうか。

IMG_2312


省略しないで生きるのが贅沢なのであれば、普段それらを省略して何しているかというと…生業ナリワイですよ。そりゃみなさんと同じ、特別なことでなく。ただ、やることが多過ぎて省略しないと物事が廻らないんです。いやいや、違うな、そんなカッコいい話ではないよ。集中してしまうといろんなことが吹っ飛んでしまって結果的に省略してしまうというのが本当(恥💧)。それでも仲良くしてくれる友人のみなさんありがとです。これからもよろしくです。



 



 

夏休みは田舎あるあるフルコースですよ

当ブログ「涼むには〜」シリーズはおしまいかしら。今日は涼しいですね♡やっと私の正常な動作環境になって参りました。なんて嬉しいの♡(だから息子に欧州に住めば?と言われるのよね、今年は欧州も暑いようだけど)

ところで、お盆は3日ほど休みました。お墓詣りに行き、両方の両親の顔を見て来ました。みなさんそれぞれ元気で何よりです。

写真は、お墓のあるお寺の白い百日紅(さるすべり)の巨木です。毎年お盆の時期に満開になるのです。なんと美しいこと。でも桜みたいにわいわいお花見するには暑すぎるのよね〜!
 
IMG_2171

お盆休み三日目の昨日は、宮城県某市での仕事を終えた友人を捕まえ、心ゆくまでおしゃべりしました。(心ゆくまで…??足りないような…??)しかし、某市周辺は人口減少著しい地区…といえば実感が薄いのですが要するにド田舎です。友人が電車で帰るので駅までクルマで送ろうと思ったのですが…最寄りの駅は電車の本数が極端に少なく、(比較的)大きな駅に行こうとしたら、クルマのナビに田んぼのど真ん中を案内されて不安になり、その駅近くにはカフェがなく、仕方なく駅のベンチでおしゃべりしていたら蚊が寄って来たので逃げ出し、駅のnewdaysでドリップコーヒーを買い求めたらマシンが動くまでしばらくかかり、しゃべり足りないので入場券を買って駅の中に入り、駅のエレベーターを使おうとしたら中がオーブンのように暑くて(使ってないから真昼の空気のままと思われ)…すごい。こんなに田舎あるあるフルコースは滅多に経験できるものではありません(都会ぶってみるw)。でも電車が動き出す直前までしゃべり続け、ばいばいと手を振ることができました。
 
…と思ったらもうひとつありました。帰り際、外灯のない真っ暗なくねくね山道を通ってしまったのですよ、だってナビちゃんがココ行きなさいって言うんだもん。ガードレールの向こうは真っ暗な崖です。ひ〜〜!!!って言いながら運転して来ました。

あああ。楽しかった。爆笑。 
Kさんありがと。
 

今年も6月がやってきましたね

初物のさくらんぼ。
ぴかぴかのまっかっか✨
食べるのがもったいないような美しさ。
iさん、ありがとうございまーーす! 
FullSizeRender


 
プロフィール

kijimayumiko

ホームページはこちら↓

UNI'S WORLDへようこそ
http://kijimayumiko.com

Twitter プロフィール
Twitterはこちら。ブログにするまでもない、しょーもないことをゆるゆるつぶやきます。
メッセージ

私への連絡はこちらのメッセージをお使いください。ブログには非公開で送信されます。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: