昨日、仙台・山野楽器3階にて16時から「ヤングコンポーザーコンサート in 東北 2018」関連のフロアコンサートが行われました。
「ヤングコンポーザーコンサート in 東北 2018」への応募者のうちの希望者7名による、自作自演のコンサートです。出演者の皆さんの様子はこちらをクリックするとご覧いただけます。
→ フロアコンサートを行いました 

講評実行委員のひとりとして参加しまして、最後には講評を。なぜこの企画を始めたのか、どうして大勢のかたに聴いていただきたいのか、8月の本番ではどんなことがあるのかなどなどお話させていただきました。偉そうですみません。(私の分の写真もいただきましたのでちょこっと載せます)

出演者の皆様、おつかれさまでした。これからもどんどん曲を作って発表して、ご自身のファンを増やしていってください。
お忙しいところお時間を割いてご来場くださった保護者の方々、日頃のご支援やご声援誠にありがとうございます。聴いてくださった方々、ほんとうにほんとうにありがとうございます。

「既存の曲をいかに芸術的に演奏するか」のコンサートでなく「誰も知らない曲」 「作ったひとの中身そのものの音楽」のコンサートは本当に数が少ない
(知らない曲じゃお客が呼べないし)です。でもそれだけでは(平たく平たく言えば)発展して行くことができませんし、第一決まった曲ばかりではツマラナイと思いませんか。
しかし演奏していただく側にも聴いていただく側にも「こういうコンサート」もある、ということに慣れていただかなくてはなりません。それには「こういうコンサート」の数を増やして行くしかありません。

ということで、私も地道にまだまだ曲書きます。音楽なんて星の数ほどもあるし、名曲なんて既に山ほどあるのに、この上まだ自分の曲を世に出すなどと狂気の沙汰としか思えないのですが 、でも自分が「生きてる」証の曲は自分で生み出すしか無いので、やっぱり地道に書いて行きます。